クラシックコンサート・演奏会感想 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/09/26 20:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
中野 恒平さん
  • 情報提供ロンドン交響楽団の来日公演(Aプロ感想) ぽむの音楽箱中野 恒平さんのプロフィール
  • サー・サイモン・ラトルがロンドン交響楽団の音楽監督となって初めての来日公演。プログラムBと迷いましたが、個人的に、一番意欲的な選曲だと思った今日の公演を聴きに行きました。 一曲目のバーンスタインの交響曲第2番「不安の時代」は、冒頭のクラリネットから意志の強さを感じさせる演奏。弱音でもこの強い意志が持続しており、強奏部は圧倒的な力でねじ伏せる。特に、感情の波が次から次へと押し寄せる第3楽章と、まるで深

2位
ゴンチさん
  • 情報提供ラトル ロンドン響公演の不安材料 株と本と音楽とゴンチさんのプロフィール
  • 待ちに待った日の到来です。 今日はサントリーで、ラトル ロンドン響(LSO)を聴けるんです。 ワクワクします。 ラトルの公演は、選曲がありきたりでないのが良い。 バーンスタイン《不安の時代》、ドヴォ《スラヴ舞曲集》、ヤナ《シンフォニエッタ》。 しかも、《不安の時代》のソリストは、クリスチャン・ツィメルマン! ラトルLSOは9/28みなとみらい、9/29サントリーも聴きます。 ただ、ラトルLSO公演に不安材料が急浮上! 昨

3位
ゴンチさん
  • 情報提供アルトリヒテル新日本のスメタナ《わが祖国》を聴く 株と本と音楽とゴンチさんのプロフィール
  • はしごすると、最初に聴いたコンサートの印象が薄れがち。 二つ目に聴いたコンサートが素晴らしいと、尚更。 だが、しかし。 アルトリヒテル新日本の《わが祖国》は、忘れられない名演になりました。 群響《神の国》を聴いた後も、決して色褪せることがありません。 日付が変わったので、感想は簡単に。 アルトリヒテルは渾身の指揮で、滅茶熱い! ある時は指揮台で踊り、ある時は指揮棒をガッと突き出します。 顔や肩まで動員し
4位 人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそさん
5位 ウッスーさん
  • 情報提供昨日の隣人 ウッスーのなんでもクラシック頓珍館。ウッスーさんのプロフィール
  • 昨日のみなとみらいでの読響定期隣席が空いていてらくちんと思ったら、1曲目(序曲)の後に来たその人が、めっちゃ酒臭いおまけに座席で胡座(みなとみらいの P席は隔てがない)コンチェルトの演奏が始まって暫くパンフを読んでいたが、そのうち爆睡曲が終わって15分の休憩中もずっと寝てた後半、ブルックナーの第1楽章、割りと静かなところでイビキとっさに肘で小突いて起こしてやった第1楽章終わった所で平謝り、、、いや、演奏
6位 人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそさん
7位 ウッスーさん
8位 Enoの音楽日記さん
  • 情報提供パーヴォ・ヤルヴィ/N響 Enoの音楽日記Enoの音楽日記さんのプロフィール
  •  パーヴォ・ヤルヴィ/N響のシベリウス・プロ。当初の発表では「フィンランディア」(男声合唱付き)と「クレルヴォ」の2曲だったが、その後「レンミンケイネンの歌」と「サンデルス」(いずれも管弦楽伴奏付き男声合唱曲)が追加になった。合唱はエストニア国立男声合唱団。 その「レンミンケイネンの歌」と「サンデルス」は大変おもしろかった。わたしなど、こんな機会でないと、まず聴かない曲だが、どちらも初期のシベリウス
9位 ゴンチさん
  • 情報提供ムーティ シカゴ響、チケ取り 株と本と音楽とゴンチさんのプロフィール
  • 今日はムーティ シカゴ響の先行発売日。 AプロとBプロのE席、F席、ヴェルレクのF席は瞬殺。 席割りが不明なのですが、5階バルコニー1列目にもE席とF席があるようです。 以下の3公演の5階バルコニー1列目を取りました。 1/30(水) ブラ1&ブラ2(F席)2/2(土) ヴェルレク(F席)2/3(日) リム=コル《シェエラザード》、チャイコ5(E席) ヴェルレクは合唱がオペラシンガーズなので迷いましたけど、取っ
10位 しろくまさん
  • 情報提供日本フィル横浜定期 小林研一郎 コンサート紀行しろくまさんのプロフィール
  • 9月22日(土)日本フィル第349回横浜定期2018/2019シーズンは、炎の?小林研一郎?さんです。チャイコフスキーのピアノコンチェルトを清水和音さんとで、新たな発見があります。チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23〜休憩〜ムソルグスキー(ラヴェル編曲)/組曲「展覧会の絵」指揮/小林研一郎ピアノ/清水和音コンサートマスター/木野雅之ソロ・チェロ/辻本玲チャイコフスキー(1840−1893)のピアノコンチェル
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 しんさん
12位 人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそさん
13位 ウッスーさん
  • 情報提供消えたメール ウッスーのなんでもクラシック頓珍館。ウッスーさんのプロフィール
  • 先日、ぴあで購入したチケット 随分たっているのに発券案内のメールが来ない マイページにアクセスすると、既に発券可能 んん? おや?、わたしのスマホはソフトバンクだった 今日は午後から、シベリウスのクレルヴォ N響のツィートで、パンフに対訳は載っているが あらすじは開演前に読むように、と うんうん、これは演奏中のぱらぱらめくり予防だな もっとも、そういう輩はツィートなど見ないのだろうけど・・・
14位 メリーウイロウさん
  • 情報提供日本フィル・第340回横浜定期演奏会 クラシカル・ウォッチメリーウイロウさんのプロフィール
  • 新シーズンの第一弾、日本フィルの横浜定期は次のプログラムでした。恥ずかしながら10月定期と勘違いしていて、出掛ける前に「えッ、ロシア・プロか!」と気が付いた粗忽者。みなとみらいに付いてからの頭切り替えです。チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23     〜休憩〜ムソルグスキー(ラヴェル編曲)/組曲「展覧会の絵」 指揮/小林研一郎 ピアノ/清水和音 コンサートマスター/木野雅之 ソロ・チェ
15位 中野 恒平さん
16位 余桃之罪、もしくは電光朝露さん
  • 情報提供9月23日(日)のつぶやき その2 余桃之罪、もしくは電光朝露余桃之罪、もしくは電光朝露さんのプロフィール
  • サイコロキャラメルは1927年から明治が製造してきたが、2016年に製造中止となり、函館の道南食品が引き継いでいた。今回の179市町村版も道南食品が製造者。>「北海道を、ふりだしに。」 生産終了の明治「サイコロキャラメル」が北海道… twitter.com/i/web/status/1…― tomoka watanabe (@scentofmatin) 2018年9月23日 - 20:52なんで酒が人類の友か?というと、あれ、不要な穀物を長期保存可能で換金性高いものに変える機能があ
17位 HIDAMARIさん
18位 HIDAMARIさん
19位 HIDAMARIさん
20位 Enoの音楽日記さん
  • 情報提供宮本常一「忘れられた日本人」 Enoの音楽日記Enoの音楽日記さんのプロフィール
  •  友人と3か月ごとに開いている読書会が今月ある。テーマは交替で選んでいるが、今月のテーマは友人が選ぶ番で、友人が選んだのは宮本常一の「忘れられた日本人」。宮本常一の著作を読むのは、わたしは初めてだった。 最初はゆったりとしたテンポについていけなかったと、正直に言わなければならない。とくに「名倉談義」(「忘れられた日本人」は全13話からなっており、「名倉談義」はその一つ)に含まれる老人4人の昔語りは、テ
21位 セイちゃんさん
  • 情報提供第12回 国際オーボエコンクール・東京 セイちゃんのライブ&コンサート♪ブログセイちゃんさんのプロフィール
  • 今週の土曜日から、第12回 国際オーボエコンクール・東京が開催されます。第1次予選、第2次予選と本選は入場無料ですが、整理券の事前予約が必要です。それと、審査員&入賞者のコンサートが有ります。こちらは有料コンサートです。荒木奏美さんは特別ゲストです。前回の国際オーボエコンサート第1位の荒木奏美さんが、BS-ジャパンの「エンター・ミュージック」に出演されてましたね。現在、東京交響楽団ので首席オーボエ奏者
22位 メリーウイロウさん
  • 情報提供サルビアホール 第100回クァルテット・シリーズ クラシカル・ウォッチメリーウイロウさんのプロフィール
  • 2018年秋のサルビアホール、21日にスタートしたウィハン・クァルテットのドヴォルザーク・プロジェクトは二日目。シーズン30を構成する4回、その2回目が一つの区切りとなる第100回の記念すべきクァルテット・シリーズとなりました。特に100回だからと言って特別なセレモニーなどはなく、いつものように淡々とコンサートは進みます。≪ドヴォルザーク・プロジェクト≫ドヴォルザーク/弦楽四重奏のための「糸杉」4
23位 人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそさん
24位 ウッスーさん
  • 情報提供パーヴォ・ヤルヴィ/N響:シベリウス 『クレルヴォ』 ウッスーのなんでもクラシック頓珍館。ウッスーさんのプロフィール
  • 9月22日(土)  NHKホール【第1892回 定期公演 Cプログラム】 パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ヨハンナ・ルサネン(ソプラノ)*ヴィッレ・ルサネン(バリトン)*エストニア国立男声合唱団NHK交響楽団 シベリウス/『レンミンケイネンの歌』シベリウス/『サンデルス』シベリウス/交響詩 『フィンランディア』(男声合唱付き)シベリウス/『クレルヴォ』 パーヴォ・ヤルヴィのシベリウスはいい 2番(昨年2月)、4つの伝説曲(今年5月
25位 しろくまさん
  • 情報提供サルビアホール ウィハンQ ドヴォルザーク コンサート紀行しろくまさんのプロフィール
  • 9月21日(金)第99回 サルビアホールのクァルテットシリーズは、今日21日から25日、26日、28日と4回ウィハン・クァルテットによるドヴォルザーク・プロジェクトを行います。≪ドヴォルザーク・プロジェクト≫ドヴォルザーク/弦楽四重奏のための「糸杉」1−3ドヴォルザーク/弦楽四重奏曲第9番ニ短調作品34〜休憩〜ドヴォルザーク/弦楽四重奏曲第10番変ホ長調作品51ウィハン・クァルテット1985年チェコのプラハ芸術アカデ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 なりりなさん
  • 情報提供クラシックへの誘い(北御堂相愛コンサート vol.196) 気ままな音楽雑感ノートなりりなさんのプロフィール
  • 今日は仕事で本町にいたため、北御堂のランチタイムコンサートに立ち寄ることができました。今回は相愛大学3回生の芝内もゆるさんのヴァイオリン、演奏助手の田口友子さんのピアノの演奏でした。芝内もゆるさんの演奏は、今年の相愛大学の特別奨学生による演奏会の第2夜を聴いていますが、その時はイザイの無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番でした。これはこのブログでも記事にしています。さて今回は幅広い選曲で楽しませていただ
27位 しろくまさん
更新時刻:18/09/26 20:30現在