クラシックコンサート・演奏会感想 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/11/23 02:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
ゴンチさん
  • 情報提供春祭《ローエングリン》チケ取り、再び 株と本と音楽とゴンチさんのプロフィール
  • 今日は春祭《ローエングリン》の東京文化先行発売日。 公式サイトの先行発売では、4/5(木)公演は取れたけど、4/8(日)公演は取れず。 フォークト人気を甘く考えてました。 そこで、本日、再びチケ取り。 今度は無事、取れました。 これで今年の《神々の黄昏》に続き、来年の《ローエングリン》も2公演聴けます。 二期会《ローエングリン》もAキャス(2/21)とBキャス(2/25)共に行くので、来年は《ローエングリン》4回!

2位
ゴンチさん
  • 情報提供新日本フィルの11/29サントリー定期 株と本と音楽とゴンチさんのプロフィール
  • 新日本フィルのサントリー定期。 以前は会員でしたけど、今は専ら単券で聴いてます。 10/14(土)に続き、11/29(水)もチケットを取りました。 指揮はデニス・ラッセル・デイヴィスで、とってもレアなプログラム。 フランス6人組:バレエ音楽《エッフェル塔の花嫁花婿》プーランク:オルガン協奏曲 ト短調プロコフィエフ:交響曲第6番 変ホ短調 《エッフェル塔》は6人組のデュレ以外のメンバーが担当したシュールな作品で、実

3位
中野 恒平さん
4位 Enoの音楽日記さん
  • 情報提供インキネン/日本フィル Enoの音楽日記Enoの音楽日記さんのプロフィール
  •  インキネン/日本フィルの1曲目はラウタヴァーラRautavaara(1928-2016)の遺作(といってよいのかどうか‥、亡くなる前年の作品)「In the Beginning」。日本フィル他3団体の共同委嘱。 7分程度の短い曲だが、湧き上がる雲海のような音型は、ラウタヴァーラ晩年の様式が刻印され、また中間部の美しい弦の旋律は、シベリウスの伝統が今も生きていることを感じさせる。 2014年のサントリー芸術財団サマーフェスティヴァルで特集
5位 ゴンチさん
  • 情報提供カリスマ指揮者への道 株と本と音楽とゴンチさんのプロフィール
  • 本日深夜は、これです。NHKドキュメンタリー@nhk_docudocu 【20日深夜】若き #指揮者 の登竜門とされる国際コンクールで、最終選考に残った5人に密着。 日本人の両親を持つ、シズオ・Z・クワハラ、最年少のウズベキスタン人アジーズ…。彼らはどのように音楽を表現しようとするのか。[BS1] https://t.co/Qj7P0k4wtx2017年11月20日 13:00 にほんブログ村
6位 しろくまさん
  • 情報提供カンブルラン「アッシジの聖フランチェスコ」 コンサート紀行しろくまさんのプロフィール
  • 11月19日(日)メシアン 歌劇「アッシジの聖フランチェスコ」本番です。午後2時からの開演で、サントリーホール内はざわめいています。メシアン/歌劇「アッシジの聖フランチェスコ」(演奏会形式/全曲日本初演)指揮/シルヴァン・カンブルラン天使/エメーケ・バラート(ソプラノ)聖フランチェスコ/ヴァンサン・ル・テクシエ(バリトン)重い皮膚病を患う人/ペーター・ブロンダー(テノール)兄弟レオーネ/フィリップ・アデス
7位 しろくまさん
  • 情報提供インキネン・ブルックナー5番 コンサート紀行しろくまさんのプロフィール
  • 11月17日(金)日本フィル・第695回東京定期演奏会は、ラウタヴァーラ/In the Beginning (日本フィル共同委嘱作品/アジア初演) ブルックナー/交響曲第5番 指揮/ピエタリ・インキネン コンサートマスター/扇谷泰朋 フォアシュピーラー/齋藤政和 ソロ・チェロ/菊地知也ラウタヴァーラはフィンランドの作曲家、2015年に作曲されたIn the Beginningは7分ほどの短い曲で、聖書の「創世記」に描かれた世界の創造を思わ
8位 人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそさん
9位 ♬KOYAMA NATSUKI♬さん
  • 情報提供。.:*.゜☆演奏旅行in東京Ⅱ(●´∀`●).゜☆.。.:*.゜ ♡愛する小鳥よ♡♬KOYAMA NATSUKI♬さんのプロフィール
  • エクセルシールで朝ご飯食べた後は東京ソラマチの『メアリと魔女の花』カフェでのんびり,まったり寛ぎましたメアリのカフェもすごく可愛かったし,美味しかったですご馳走様でしたまた行きたいなぁあと・・・エクセルシオールも美味しかったです 東京ソラマチでは『幽遊白書』と『100%』も、やっていました行きたかった&食べたかったなぁいつか行きたい&食べたい d(・∀<)東京公演本番へと続くーのでR*。*。”
10位 メリーウイロウさん
  • 情報提供日本フィル・第695回東京定期演奏会 クラシカル・ウォッチメリーウイロウさんのプロフィール
  • 11月の日本フィルは、首席指揮者に就任して2シーズン目を迎えるインキネンが東京と横浜の定期を振ります。横浜では同オケの首席奏者をソリストに起用するプログラムでオケのレヴェルを更に高めようという企画が並びますが、東京はインキネンが拘るドイツ音楽でオーケストラのサウンドを深く掘り下げていくというコンセプト。今回はブルックナーの第5交響曲が披露されました。ラウタヴァーラ/In the Beginnig (日本フィル共同委
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 メリーウイロウさん
  • 情報提供読売日響・第572回定期演奏会 クラシカル・ウォッチメリーウイロウさんのプロフィール
  • 11月19日、日曜日の午後、久し振りに赤坂サントリーホールで読響の定期演奏会を聴いてきました。10月の定期はお休みだった読響、サントリーホールの改修中は池袋の東京芸術劇場で定期を開催していましたから、サントリーに戻ったのは今年1月末日以来の事でしょう。前回のサントリー定期がメシアンの彼方の閃光でしたから、読響の音は2回続けてサントリーホールに鳴り響いたことになります。今回のメシアンは、メシアン/歌
12位 Enoの音楽日記さん
  • 情報提供カンブルラン/読響 Enoの音楽日記Enoの音楽日記さんのプロフィール
  •  メシアンのオペラ「アッシジの聖フランチェスコ」は、かつてわたしが「一度観てみたい」と思っていた念願のオペラだった。2011年7月にその念願が叶った。ミュンヘンのバイエルン州立歌劇場で上演されたので観にいった。指揮はケント・ナガノ。  だが、これは、かなりえぐい上演だった。演出その他一切を担当したヘルマン・ニッチュは、現代美術(というか、パフォーマンス)の世界では著名な人のようだが、そのニッチュが舞台上
13位 人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそさん
14位 中野 恒平さん
  • 情報提供東響が誇る木管楽器陣(第655回定期演奏会感想) ぽむの音楽箱中野 恒平さんのプロフィール
  • 今日の東京交響楽団の定期演奏会は、木管楽器に魅力的な奏者の多いこのオケの長所が活かされた演奏だったと思います。 特に印象的だったのが、後半に演奏されたドヴォルザークの「新世界より」の第1楽章と第3楽章です。時には鋭く、そして時には激しくうねり、またある時は雄弁に歌う。これらはこのオケの前音楽監督である指揮者ユベール・スダーンの要求によるものと思われますが、積極的な表情付けをしていたのが大変印象的でし
15位 人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそさん
16位 セイちゃんさん
17位 ウッスーさん
  • 情報提供バレエ公演(3月、5月)、チケとり ウッスーのなんでもクラシック頓珍館。ウッスーさんのプロフィール
  • 今日(11/20)は都民芸術フェスティバル、日本バレエ協会「ライモンダ」のチケット発売日 日本バレエ協会、めちゃ適当 HPに掲載の開催日が、10日(土)、12日(日)になってるじゃん ? 販売は、協会、チケぴ、文化会館など、全て電話のみ ? ということで、協会に電話したらすぐつながりました(笑) 3月11日(日)のマチネ、米沢唯ちゃんを取りました 希望の3L1列通路際を難なくゲット B席 6,000円 まだ、ポスターが出来てないとのこと
18位 セイちゃんさん
19位 BakuKlaさん
20位 ウッスーさん
  • 情報提供ガッティ/コンセルトヘボウ管:ハイドン、マーラー ウッスーのなんでもクラシック頓珍館。ウッスーさんのプロフィール
  • 11月19日 ミューザ川崎 シンフォニーホール ダニエレ・ガッティ(指揮)タチアナ・ヴァシリエヴァ(チェロ)*マリア・ビストレム(ソプラノ)**ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団ハイドン/チェロ協奏曲第1番 ハ長調*マーラー/交響曲第4番 ト長調**ヴァシリエヴァのハイドン第一第二楽章は、いい音だなあ、などと呑気に聴いていた第三楽章、ソリストもオーケストラもめちゃうま上手いだけでなく両者の関係が親密音楽が生きて
21位 Enoの音楽日記さん
  • 情報提供ソヒエフ/N響 Enoの音楽日記Enoの音楽日記さんのプロフィール
  •  トゥガン・ソヒエフがN響を振るのは今回で5度目だそうだ。わたしも何度か聴き、その都度感心した。1977年生まれなので、まだ40歳の若さだが、落ち着いた物腰なので、とてもそんな若さには見えない。大物の風貌をすでに備えている。 今回はBプロとCプロを振るが、そのうちCプロを聴いた。曲目はプロコフィエフのオラトリオ「イワン雷帝」(スタセヴィチ編)。この曲は2006年9月にデプリースト指揮の都響で初めて聴いて、感銘を受
22位 ウッスーさん
  • 情報提供天国の空気 ウッスーのなんでもクラシック頓珍館。ウッスーさんのプロフィール
  • 昨夜のコンサート素晴らしい音楽と演奏に、天上の世界へと誘われましたそっと目を閉じれば感じる、天国の空気・・・ ?にんにく臭い (;´д`)隣のおじさんが息をするたび、つーんと匂う勘弁してえ〜 ***今週の予定21日(火) アイズリQ@サルビア22日(水) ソヒエフ/N響@サントリー23日(木・祝) ラトル/ベルリンフィル@ミューザ24日(金) ゲッツェル/紀尾井 → 行けなくなりました25日(土) 栗田/東京シティ → 行けなくなり
23位 mariinsky1812さん
  • 情報提供2017 ライブコンサート XXXIV Classical Music Trippermariinsky1812さんのプロフィール
  • 11月15日チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラウラディーミル・フェドセーエフ・チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35・Enc ヴュータン ヤンキー・ドゥードゥル・ラフマニノフ 交響曲第2番 ホ短調 op.27・Enc スヴィリードフ 吹雪・チャイコフスキー 「くるみ割り人形」よりスペインの踊り・ウラディーミル・フェドセーエフ指揮/...
24位 しろくまさん
  • 情報提供クァルテット・エクセルシオ 定期演奏会 コンサート紀行しろくまさんのプロフィール
  • 11月12日(日)銀杏の葉っぱが黄色く色づいている東京文化会館小ホールでクァルテット・エクセルシオの定期演奏会が開かれました。ハイドン/弦楽四重奏曲第41番ト長調作品33−5 ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第4番ハ短調作品18−4 〜休憩〜 シューベルト/弦楽四重奏曲第13番イ短調「ロザムンデ」ハイドン(1732-1809)の?How do you do(ご機嫌いかが)?と言われるようになった弦楽四重奏曲41番33−5は、ロシア
25位 ♬KOYAMA NATSUKI♬さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 mariinsky1812さん
更新時刻:17/11/23 02:30現在