オーケストラ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/10/24 03:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
井財野友人さん
  • 情報提供現在の音楽室にある年表 井財野は今井財野友人さんのプロフィール
  • 私が小学生の時、音楽室に貼ってある年表で、ショスタコビッチ等を覚えたことを以前の記事に書いた。 では、現在の小学校の音楽室には、どのような年表が貼ってあるか。 とある学校に行って、びっくり仰天。 ストラビンスキー《火の鳥》 プロコフィエフ《ピーターと狼》 山田耕筰、宮城道雄 このあたりは我々の時代から変わらない。 ガーシュイン《ラプソディー・イン・ブルー》 バーンスタイン《ウェストサイド物語》 この

2位
Fumiさん

3位
coroさん
  • 情報提供コーチング アマチュアヴァイオリン弾きの徒然なるままにcoroさんのプロフィール
  • 最近、仕事で面談することが多くなっています。部署や立場上、教育係の役割を担っていますので。 面談する上で、コーチング、というのを2冊ほど読んでみたりしているのですが、コーチングのスキルもそうなんですけど、同時に自分のことがいろいろ見えてきてました。 依存されまくって疲れ切っていたのです。どうしてそのような状況になっていたかというと、相手のために、と思って、親切にいろいろ資料を渡したり、調べてあげた
4位 岩下敦哉さん
5位 岩下敦哉さん
6位 中仙堂さん
  • 情報提供キリマンジェロ 時に感じては新中仙堂さんのプロフィール
  • どこに行こうとしているのかわからないのに、決して遠くまで行けるものではない。ゲーテ私たち人間は子供から大人になり学業が終了しますが世の中で言われる様に人間一生勉強だと先人の言葉にあります。大人にな...
7位 aoinorichanさん
  • 情報提供吹奏楽作曲家 (A-B) 森のぐらさんaoinorichanさんのプロフィール
  • Aagaard-Nilsen, Torstein (諾 1964 - ) ダーティーダンス/ユーフォニアム協奏曲Alarcón, Luis Serrano (西1972年 - )マルコ・ポーロ 〜シルクロード〜/吹奏楽のための小組曲 Alford, Kenneth J. (英1881 - 1945) 行進曲「ボギー大佐」/後甲板にて/消えた軍隊/海軍士官候補生Anderson, Leroy (米1908 - 1975) タイコンデロガ・マーチ/トランペット吹きの休日/クラリネット・キャンディAndriessen, Louis (蘭1939年6月6日 - ) オ
8位 中野 恒平さん
  • 情報提供時代を映す「交響三章」 ぽむの音楽箱中野 恒平さんのプロフィール
  • モダンと日本的情緒が入り混じった曲想が好まれるのか、芥川也寸志さんの交響三章「トゥリニタ・シンフォニカ」は、比較的録音に恵まれた作品で、私にとっても好きな曲のひとつです。 数種類の録音の中でも、作曲者自身が東京交響楽団を振った録音が圧倒的に素晴らしい演奏だと思っています。 この演奏から感じ取れるのは、他の演奏では味わえないものが多いです。例えば、第1楽章の独特な歯切れよさ。カッコいいのだけどどこか古
9位 岩下敦哉さん
  • 情報提供周囲に「時間を大切にする人」と思わせる。 エンジョイハックス(enjoyhacks)岩下敦哉さんのプロフィール
  • 周囲に「時間を大切にする人」と思わせる。周囲の人に「この人は時間を大切にする人なんだな」と常々思わせるようにすると「時間泥棒」に会いにくくなる。そして人の時間も大切にするようにしていると、自然と時間が増えたような感覚になる。
10位 Cimbalmos 斉藤浩さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 バスーン♪さん
  • 情報提供[IPOJ] 曽我先生の合奏(第3回目) バスーン♪の杜バスーン♪さんのプロフィール
  •  午後からのIPOJは、マエストロの曽我 大介先生の合奏第3回目。 今日は前半に、レスピーギの交響詩2曲。 まずは、交響詩「ローマの噴水」から。 [2]の1小節前の Solo の動きを直前のObと合わせる。 先週の木管分奏では野田先生から頭の16分音符の動きにもっと時間を使うような指摘をいただいたのだが、Obとのスピード感の相違があったようだ。 その他は音色の変化で時刻の変化を表すあたりのテクニックを各自要検討。 次に
12位 はんきちさん
  • 情報提供人は別れにどう処するのか・・・パルムドールの前々作 新・はんきちのつぶやきはんきちさんのプロフィール
  • 是枝監督がカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞する2年前の作品を観た。『海よりもまだ深く』(2016年)。僕らの日常のなかにある別れのさまざまを淡々に描いたもので、それは身近にあるような親と子、夫婦のそれぞれが内包しているもの。主人公を演じる阿部寛はかつては島尾敏雄文学賞を受賞したものの、その後の評価は芳しくなく、生活のために興信所で働いている。小説家という職業に未練を持ったままだ。そんな状態が続く彼
13位 中仙堂さん
14位 中仙堂さん
  • 情報提供三度唱えたら 時に感じては新中仙堂さんのプロフィール
  • 昨日の天気予報によりますと東京は今日は雨だったのですが“◯心と秋の空”(思い当たる方は失礼)昔 日本の総理大臣が確か佐藤氏だった?ころ(正確には覚えて居ませんが)総理が何かの話の中で『気象庁・気象庁…...
15位 はんきちさん
  • 情報提供読んで楽しんで酔える最高の日記エッセイ 新・はんきちのつぶやきはんきちさんのプロフィール
  • 昨日と今日でようやく読了。日記エッセイとしてこれまで読んだ本のなかで一番インパクトがあった。『昼夜日記』(坪内祐三、本の雑誌社)。知識を知識のまま引用したり羅列したりすることでなく、背景、因果関係、時系列などなど深く良く考察して、そして一刀両断に看破する。その語り口が爽快だ。柔道ではなくて剣道。それも真剣だ。それなら徹頭徹尾真面目かというと、夜は酒を飲んでいる。半端ではない飲み方で、おおこれは昭和
16位 ながおけいこ(P)さん
  • 情報提供ゆらぎの中 お茶会〜Quintett〜五重奏ながおけいこ(P)さんのプロフィール
  • 今まで着ていた鎧をおろして新しい、いやわたし本来の基準であることに取り組んでいる。今までできていたことを、そのやり方はやめて別のやり方でやってみている。ものすごく歩みが遅い。どうしたものだか、今はそのやり方しかできない。競うのはやめだ。そのスピードでしかできない。世界は信じられない、何が何でも自分でなんでも、と思ってきた所を助けてください、と頼ったりしている。当然、落ちこぼれている。目から学ぶタイ
更新時刻:18/10/24 03:30現在