searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

クラシック音楽のCDレビュー集

THEME
help
クラシック音楽のCDレビュー集
テーマ名
クラシック音楽のCDレビュー集
テーマの詳細
クラシック音楽のCDを聴いた感想を書いていきます。
テーマ投稿数
8,484件
参加メンバー
92人
管理人
明治工学管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「クラシック音楽のCDレビュー集」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「クラシック音楽のCDレビュー集 クラシックブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

クラシック音楽のCDレビュー集の記事

1件〜50件

  • J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(8)/アンドレス・セゴビア
    2020/07/03 00:22
    J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(8)/アンドレス・セゴビア

    セゴビアは、長い録音歴の中で、意外にもバッハのリュート作品はあまり取り上げていなかった事に驚きました。無伴奏ヴァイオリン及びチェロからはより多くの作品を取り上げていて、孤高にそびえる「シャコンヌ」はじめ自身の編曲や、デュアートによる「無伴奏チェロ組曲 第3番」などが目についてしまいます。セゴビア色の濃いバッハは、その音楽の豊潤さに於いて魅了し続け、中でも「シャコンヌ」のどっしりとした説得力は、未だ超...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • IRに募る不信感♪オルフ/時の終わりのコメディア
    2020/07/02 05:02
    IRに募る不信感♪オルフ/時の終わりのコメディア

    私は放置プレイされたくないって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • ルーディン指揮ムジカ・ヴィーヴァの「田園」
    2020/07/02 03:22
    ルーディン指揮ムジカ・ヴィーヴァの「田園」

     あるCD販売サイトで、好意的なコメントが多かったので、手に入れてみたアルバムです。 収録曲は、ベートーヴェンの交響曲第1番と第6番で、指揮者、オーケストラと…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(7)/クリストファー・パークニング(1968/78/93)
    2020/07/02 00:16
    J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(7)/クリストファー・パークニング(1968/78/93)

    バッハの厳格な構成や、器楽曲に見かける抽象性を、ただひたすら美しく演奏する事に全てを注いだようなパークニングのバッハは、全ての人に向かって微笑むような独特なものだと思っています。セゴビアがバッハの中に厳しさも求めたのとは反対に、あくまで美しさを最大限に表現するというようなアプローチは、驚く事に聴くための楽しさ(耳が喜ぶ)というものを思い出させてくれる、他では得難い貴重な演奏となっています。時には学術...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • BTHVN op.30: ヴァイオリンソナタ 6/7/8番:シャルル・リシャール=アムランがいい ♪
    2020/07/01 10:07
    BTHVN op.30: ヴァイオリンソナタ 6/7/8番:シャルル・リシャール=アムランがいい ♪

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.30、ヴァイオリンソナタの第6番・7番・8番である。3曲それぞれにいい感じではあるのだが、特別お気に入りという訳でもない。ただ、それぞれの緩徐楽章のヴァイオリンの響きはわりと好きだ ♪ 今回の収穫は、シャルル・リシャール=アムラン(Charles Richard-Hamelin)がその出身校であるマギル(McGill)大学の助教授アンドリュー・ワン(Andrew Wan)というヴァイオリニストと演奏しているCDを見つけたこと。なかなかいいのだ ♪

    ぴあ

    ぴあのピアノ♪

  • MUUSANの歯科通院雑記・札幌編(03)♪チャイコ/ロメオとジュリエット
    2020/07/01 05:19
    MUUSANの歯科通院雑記・札幌編(03)♪チャイコ/ロメオとジュリエット

    私は豚饅を前歯で噛み砕いたらしいって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • MUUSANの歯科通院雑記・札幌編(02)♪バストンという人の器楽曲
    2020/07/01 05:15
    MUUSANの歯科通院雑記・札幌編(02)♪バストンという人の器楽曲

    左下奥歯の歯ぐきは十勝岳のように危険って話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(6)/ジュリアン・ブリーム(1965)
    2020/07/01 00:13
    J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(6)/ジュリアン・ブリーム(1965)

    ブリームのかなりクセのある個性が50年代後半から70年代にかけての魅力であったと感じています。その強烈さが

    よしな

    よしなの音楽帖

  • J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(5)/ジョン・ウィリアムス(1974&75)
    2020/06/30 00:22
    J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(5)/ジョン・ウィリアムス(1974&75)

    ギターが変わる度に、その演奏スタイルが段々と馴染みやすいものに変わって行ったと感じているジョンがイグナシオ・フレタで演奏したバッハの一連の演奏はギターらしさが全体を支配する、言い換えればバッハのリュート作品がギターのスタイルに置き換えられた全集としてこの盤の存在価値が輝くものであると思っています。イエペスがクールなアプローチで終始徹底するのに対し、ジョンは端正な中にも、ここぞという時はギターの語法...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • 二度目の「いしかり」の印象も変わらず♪メシアン/忘れられた捧げ物
    2020/06/29 04:56
    二度目の「いしかり」の印象も変わらず♪メシアン/忘れられた捧げ物

    吉野家で注文するときにひどく緊張したって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(4)/ナルシソ・イエペス[Lute・G](1973)
    2020/06/29 00:29
    J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(4)/ナルシソ・イエペス[Lute・G](1973)

    ギターの大家でもバロック・リュートの調弦で1からマスターする事は、とても至難の業であるのだと思います。きっとギターでの運指や蘊蓄が邪魔になる事も多くあると思うのです。1973年にイエペスはリュートとギターでバッハのリュート作品全集を完成させた事に驚きます。私は師より譲り受けたアルヒーフの2枚組のリュート演奏によるレコードを持ちますが、BWV.999、1000、1006aがCDでは省かれてしまっています。ドンボワのレコード...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • パスキエ兄弟のフローラン=シュミット ピアノ四重奏曲「偶然」
    2020/06/28 20:41
    パスキエ兄弟のフローラン=シュミット ピアノ四重奏曲「偶然」

     フローラン=シュミットが、70歳前後の時に作曲したピアノ四重奏曲です。 あまり、重要な作品とされてないんですが、偶然(Hasarde)というタイトルがついて…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • MUUSANの歯科通院雑記・札幌編(01)♪ドビュッシー/映像第2集
    2020/06/28 05:52
    MUUSANの歯科通院雑記・札幌編(01)♪ドビュッシー/映像第2集

    いよいよ札幌の歯科医院にすべてを託すときが来たって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(3)/コンラート・ユングヘーネル(1988&89)
    2020/06/28 01:00
    J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(3)/コンラート・ユングヘーネル(1988&89)

    カントゥス・ケルンを率いた数々の素晴らしい演奏を残すユングヘーネルのリュート演奏は、ソロ奏者としての彼の姿を初めて見る事が出来た盤でもあります。歪な真珠を指すバロックという様式を、ある一側面からのみ俯瞰した場合、ユングヘーネルの独特の間を良しとするか、あくまで彼の個人的なものとして捉えるかは聴き手の判断に委ねられるものなのでしょう。※各アルバムに張り付けてあるバラ飾りは

    よしな

    よしなの音楽帖

  • バルビローリのシューベルト「ザ・グレート」
    2020/06/27 20:47
    バルビローリのシューベルト「ザ・グレート」

     バルビローリ指揮ハレ管弦楽団の、シューベルト、交響曲第8(9)盤ハ長調「ザ・グレート」です。 比較的新しい録音で、1966年7月に、ロンドン・キングズウェイ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 蒸し暑いです… ~ メンデルスゾーン「弦楽五重奏曲第1番」 
    2020/06/27 10:27
    蒸し暑いです… ~ メンデルスゾーン「弦楽五重奏曲第1番」 

    Guten Morgen!!今朝も、目が覚めたような気がしますよきっと目が覚めているような… 息もしているような…そのことに感謝です28度です(10:23)曇っています智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ。とかくに人の世は住

    rudolf2006

    葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでち

  • 譜面の指示に従い休みます♪ヤナーチェク/シンフォニエッタ
    2020/06/27 06:44
    譜面の指示に従い休みます♪ヤナーチェク/シンフォニエッタ

    今日は書くのはおやすみですって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(2)/グスタフ・レオンハルト(1979/84)
    2020/06/27 00:10
    J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(2)/グスタフ・レオンハルト(1979/84)

    チェンバロで弾かれるレオンハルトの演奏はこれらの作品が余裕を持って鳴らされた時に見せるクセのない端正さと、チェンバロの鉄弦の豪華さが相まってギターやリュートで聴くものと一風変わったものとなります。両手10本の音を独立して出せるチェンバロの演奏は、各声部がより明瞭となり、装飾音符は自然に響き、安定した推進力を持つもので、この演奏から各声部の構造、それに対する処理などを紐解いてみるのも面白いと感じます。...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • 共通した挽き肉のフレーバーの素は何?♪リャードフ/挽歌
    2020/06/26 04:56
    共通した挽き肉のフレーバーの素は何?♪リャードフ/挽歌

    塩焼きよりも照り焼きが好きだって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(1)/オイゲン・M・ドンボワ(1971.72)
    2020/06/26 00:16
    J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(1)/オイゲン・M・ドンボワ(1971.72)

    ドンボワの直向きで真摯な演奏は、リュートから発せられる音そのものに想いが確かに感じ取れるもので、リュートがこんなに素晴らしい楽器である事を教えてくれたのもこのドンボワの演奏です。BWV995-1000及び1006a・バッハ自身により[リュートのための]と記されたBWV.995・99・バッハ自身により[リュートあるいはチェンバロのための]と記されたBWV.998 (次男江マヌエル・バッハの遺産の中に発見)・筆者譜のひとつに[ラウテンヴェル...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • 白魚のようになった私の指♪WAM/p協24
    2020/06/25 05:23
    白魚のようになった私の指♪WAM/p協24

    目薬じゃなくコロリが必要な目の話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • 楽譜ソフト[Sibelius]でMIDIファイルを楽譜として取り込んでみる
    2020/06/25 00:31
    楽譜ソフト[Sibelius]でMIDIファイルを楽譜として取り込んでみる

    作曲の傍ら、もう聴くことの出来ない師のホームページで鳴っていたMIDIファイルをもとに、許可を得てこの夏からアレンジしていこうと思っています。Sibeliusを使うと、耳コピーしなくても音符として譜面になるので便利です。師より託されたギターも私の手に合わせ弦を細いのに変えたりしたのが響くようになり、素晴らしい音を奏でてくれるようになって来たので録音の準備も開始しました。ここに掲載したものはMIDIファイルから読み...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • ホセ  ギター・ソナタ
    2020/06/24 18:59
    ホセ  ギター・ソナタ

     久しぶりに、ギター曲を。 あいかわらず、毎年各地のコンクールから、続々と名手がデビューしているクラシック・ギターですが、その中でも、技巧的な作品を好むのが、…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 昨日は「慰霊の日」~ モツアルト「クラリネット協奏曲」 
    2020/06/24 11:12
    昨日は「慰霊の日」~ モツアルト「クラリネット協奏曲」 

    Guten Morgen!!今朝も、目が覚めたような気がしますよきっと目が覚めているような… 息もしているような…そのことに感謝です28度です(9:36)晴れてきています暑くなってきています智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ

    rudolf2006

    葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでち

  • BTHVN op.29: 弦楽五重奏曲 ハ長調「隠れた名作」♪
    2020/06/24 09:38
    BTHVN op.29: 弦楽五重奏曲 ハ長調「隠れた名作」♪

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.29、弦楽五重奏曲 ハ長調(1801: 31歳)。「嵐」"storm" という標題が付けられることもある。ベートーヴェン唯一のオリジナル弦楽五重奏曲。 弦楽四重奏にヴィオラを一つ追加しただけなのに、とても重厚な響きがするのが不思議だ。第1楽章冒頭から名曲の予感を感じさせる「本物」の(authentic な)印象。全体の構成もきっちりしていて、「隠れた名作」と言っていいだろう ♪

    ぴあ

    ぴあのピアノ♪

  • 「花咲くMUUSAN邸ぃ~」2020.6.21~23♪キュイ/オリエンタル
    2020/06/24 05:09
    「花咲くMUUSAN邸ぃ~」2020.6.21~23♪キュイ/オリエンタル

    どうでもよい話題でごめんねって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • あなたは二股派?それとも一途派?♪吉松/オリオン・マシーン
    2020/06/24 05:09
    あなたは二股派?それとも一途派?♪吉松/オリオン・マシーン

    三浦綾子記念文学館に行ったあと、いまはなき店でランチしたって話にリンクする話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • バッハ以前の聖トーマス教会のカントールの作品集
    2020/06/24 00:10
    バッハ以前の聖トーマス教会のカントールの作品集

    ライプツィヒに大バッハの眠るトーマス教会があります。このCDにはそのトーマス教会でJ.S.バッハ以前に響いたであろう歴代のトーマス・カントル達によるバロックの宗教音楽の姿に触れる事が出来ます。ここにはバロック後期にドイツでバッハやヘンデル、テレマン達が咲き誇るまでの一端が窺えるような堂々とした、また粛々とした味わい深い世界があります。トーマス教会(Thomaskirche、ドイツ語では語頭に「聖」を付けないのが正式...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • 暑くなりそうです… ~ ブルックナー「交響曲第4番」  
    2020/06/23 10:04
    暑くなりそうです… ~ ブルックナー「交響曲第4番」  

    Guten Morgen!!今朝も、目が覚めたような気がしますよきっと目が覚めているような… 息もしているような…そのことに感謝です23度です(6:44)晴れてきています智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ。とかくに人の世は住

    rudolf2006

    葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでち

  • 「オーヴェルニュの歌」より「バイレロ」 私にとってこの演奏でなければならない理由(7)
    2020/06/23 00:16
    「オーヴェルニュの歌」より「バイレロ」 私にとってこの演奏でなければならない理由(7)

    初夏になると無性に聴きたくなる曲に「夏の思い出」と「バイレロ」(*)があります。(*)以前記したカントループ編「オーヴェルニュの歌」全曲では3種類の盤で記事にしています。まだ幼稚園にも入園していない頃にお気に入りだったらしい映画「となりのトトロ」それからも好きで時々見続けているのですが、その1シーンに田舎へ引っ越して来た時に家の手前に流れる水の澄んだ小川がお日様の光をキラキラと反射する場面がありました。そ...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • BTHVN op.28: ピアノソナタ No.15「田園」やはりバレンボイム?
    2020/06/22 11:11
    BTHVN op.28: ピアノソナタ No.15「田園」やはりバレンボイム?

    「ベートーヴェンの全作品を聴く」プロジェクト《All BTHVN 🎧》、今日は Op.28、ピアノソナタの第15番 ニ長調「田園」である。 新しいピアニストの演奏も聴きたいと思って、イタリアの44歳のダヴィデ・カバッシ(Davide Cabassi)というピアニストの演奏を聴いてみた。なかなかいい感じなのだが、バレンボイムと聴き比べてみると、やはり私の好みとしてはバレンボイムになってしまうようだ…(^^;)。

    ぴあ

    ぴあのピアノ♪

  • 小麦と小麦がセコマでコラボ♪ブリテン/キャロルの祭典
    2020/06/22 05:07
    小麦と小麦がセコマでコラボ♪ブリテン/キャロルの祭典

    ナルトは食べられないって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • C.フランク : ヴァイオリン・ソナタ イ短調の別の顔
    2020/06/22 00:50
    C.フランク : ヴァイオリン・ソナタ イ短調の別の顔

    作曲者本人により他の楽器へと編曲された作品は沢山あります。例えばバッハやモーツァルトなどはそういった多くの作品が存在し、それらは実用音楽であったにせよ個人的な機会音楽であったにせよ意図してなされ、その価値を減じるものではありません。そういった本人によるものではなく、他人により編曲され、オリジナルが驚くことに別の性格も持ち、なおその存在を大きく輝かせるものの一つがここにあります。César Franck (1822-9...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • 俊英と老巨匠の一期一会の「皇帝」
    2020/06/21 19:42
    俊英と老巨匠の一期一会の「皇帝」

     リリース当時から、名盤とされている小澤征爾指揮ボストン交響楽団と、ルドルフ・ゼルキンのベートーヴェン、ピアノ協奏曲第5番「皇帝」。 ゼルキンと言えば、ボヘミ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 晴れたり曇ったり… ~ シュベルト「4つの即興曲」 
    2020/06/21 08:28
    晴れたり曇ったり… ~ シュベルト「4つの即興曲」 

    Guten Morgen!!今朝も、目が覚めたような気がしますよきっと目が覚めているような… 息もしているような…そのことに感謝です21度です(7:17)晴れてきています¥智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ。とかくに人の世は

    rudolf2006

    葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでち

  • 「花咲くMUUSAN邸ぃ~」2020.6.第3週♪フォーレ/レクイエム
    2020/06/21 06:48
    「花咲くMUUSAN邸ぃ~」2020.6.第3週♪フォーレ/レクイエム

    もともとないハッピーは戻りようがないかもって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • 歌と踊りⅥ / 内なる想いⅤ「 悲しい鳥」 私にとってこの演奏でなければならない理由(6)
    2020/06/21 00:20
    歌と踊りⅥ / 内なる想いⅤ「 悲しい鳥」 私にとってこの演奏でなければならない理由(6)

    オルガンのための曲も含めれば全15曲よりなる「歌と踊り」、そこにはギタリスト、M.リョベートの編曲で知られるカタロニア民謡も聴く事が出来る曲集ですが、その中にルービンシュタインに献呈され、ミケランジェリもお気に入りの第6番が存在します。この6番はモンポウ自身のオリジナル旋律によるものです。私はモンポウ作品の演奏をアリシア・デ・ラローチャで長く親しみ、その演奏が好きですが、今回の第6番は作曲者自身の演奏に...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • ルクーの遺作 ピアノ四重奏曲ロ短調
    2020/06/20 19:37
    ルクーの遺作 ピアノ四重奏曲ロ短調

     ギヨーム・ルクーは、腸チフスに感染して、24年の生涯を終えるわけですが、晩年に、ヴァイオリン・ソナタを演奏したヴァイオリ二ストの、ウジェーヌ・イザイから、委…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 江別駅南地区クロニクル(05)♪レスピーギ/風変わりな店
    2020/06/20 05:19
    江別駅南地区クロニクル(05)♪レスピーギ/風変わりな店

    いまだったら即刻契約打ち切りになるに違いないお店の話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • C.サン=サーンス : 交響曲 第3番 ハ短調 op.78「オルガン付き」(5)/シャルル・デュトワ(1982)
    2020/06/20 00:07
    C.サン=サーンス : 交響曲 第3番 ハ短調 op.78「オルガン付き」(5)/シャルル・デュトワ(1982)

    第3番の響きが持つポテンシャルはデュトワの頃より(20bitや24bitのダイナミック・レンジを得て)ようやく録音としての制約を緩和され記録出来るようになって来たのかなと感じています。しかし、CDで再生となると結局16bitにダウンサイジングされるので出来る事なら音源の規格そのものを、そうレコードがCDに変わった時のように一時でもデジタルでの音盤を一つのHi-Res規格にしてしまいそれしかお店に並ばないようにし、一般的な再生...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • あれから3か月。はい、生えてます!♪WAM/Sym41
    2020/06/19 05:32
    あれから3か月。はい、生えてます!♪WAM/Sym41

    でも正常ではないと自分でも思っているって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • C.サン=サーンス : 交響曲 第3番 ハ短調 op.78「オルガン付き」(4)/ダニエル・バレンボイム(1975)
    2020/06/19 00:17
    C.サン=サーンス : 交響曲 第3番 ハ短調 op.78「オルガン付き」(4)/ダニエル・バレンボイム(1975)

    フランスのパステル・カラーから一歩離れ、フランスのオーケストラ以外の響きによる「オルガン付き」に期待して買った盤です。私には珍しく、お店にあった唯一のCDを買った経緯を持ち、理由はオーケストラがシカゴ響で、何よりバレンボイムのフルトヴェングラーを信奉するというスケールの大きな一大伽藍を期待してのものでした。カラヤンも候補にしたのですが、オルガンが別録りという事よりも、その時バレンボイム盤以外棚に並ん...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • イボが大きくなると何になる?♪リゲティ/エチュード第2集
    2020/06/18 05:42
    イボが大きくなると何になる?♪リゲティ/エチュード第2集

    私ののどのイボは勢いづいているって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • カルテリエリ フルート協奏曲ト長調
    2020/06/18 00:15
    カルテリエリ フルート協奏曲ト長調

     ベートーヴェンのライバルその1 アントニオ・カシミール・カルテリエリ(1772-1807)。 ボヘミア出身の作曲家、指揮者、声楽トレーナー。 ベートーヴェン…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • C.サン=サーンス : 交響曲 第3番 ハ短調 op.78「オルガン付き」(3)/ジャン・マルティノン(1970)
    2020/06/18 00:07
    C.サン=サーンス : 交響曲 第3番 ハ短調 op.78「オルガン付き」(3)/ジャン・マルティノン(1970)

    第3番のフランス色の香るパステル・トーンは私の持つ盤ではアンセルが水彩画、デュトワがパステル画のように感じています。女流アランのオルガンはこの演奏を特徴付ける優しい音の繋がりが美しく、マルティノンはパステル調でもオーケストラのみの場合は輪郭をハッキリと描き、アランが優しい音の繋がりで開始すると、それに負けない優しくしなやかな響きで一緒になって歌い、オルガンと共に天上の響きとなるのだと感じます。オル...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • 関西と北海道のお好み違い♪ヘンデル/オンブラ・マイ・フ
    2020/06/17 05:03
    関西と北海道のお好み違い♪ヘンデル/オンブラ・マイ・フ

    きんぴらごぼうはハンバーグの下に隠れていたって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

  • C.サン=サーンス : 交響曲 第3番 ハ短調 op.78「オルガン付き」(2)/エルネスト・アンセルメ(1962)
    2020/06/17 00:13
    C.サン=サーンス : 交響曲 第3番 ハ短調 op.78「オルガン付き」(2)/エルネスト・アンセルメ(1962)

    朝靄の中から姿を現すような立ち上がりから、アンセルメはフランス作品に驚くような素晴らしさを見せ、それは誰にも真似のできない色彩が香ります。この雰囲気ある第3番はアンセルメ/スイス・ロマンド管/スゴンたちによって最高のものになったのだと今もって信じ続ける私の中の最高の名演です。彼の演奏が最高に素晴らしいと思う他のものにフォーレ「ペレアスとメリザンド」も挙げておきたいと思います。※各アルバムに張り付けてあ...

    よしな

    よしなの音楽帖

  • 不食で起こる副作用とは、不思議現象とは・・・!?
    2020/06/16 21:28
    不食で起こる副作用とは、不思議現象とは・・・!?

    不食日記(2020年6月2日) 【朝】アイスコーヒー、葛あんこまんじゅう 【昼】なし 【夜】なし 昨日は魂?が抜け出そうとして頭が痛かったのですが、もう魂?は抜け出してるのかも 知れません。今日は頭痛が治まってます。 今日は午前中にセブンイレブンのアイスコーヒーを買いました。 近くに100円ショップがあります。 ドアが開いてたのでぶら~と店内に入ってみました。 そうしたらお店に入った途端、私の好きな葛‘’あんこまんじゅう‘’等が陳列してありました。 甘いものが好きな私は、その‘’葛あんこまんじゅう‘’を見た途端買ってしまいました。 アイスコーヒーと‘’葛あんこまんじゅう‘’とても美味しかったで…

    kagami

    不食でflowに生きる

  • ■
    2020/06/16 21:28

    こんにちはKagamiです。 不食日記(2020年6月3日) 【朝】アイスコーヒー、抹茶練乳氷アイス 【昼】なし 【夜】なし 今日は食事をしておりません。 昨日私を意識すると斜め上におりました。 今日は昨日より進化してるようです。 深い孤独に落ち込んでおりました。 孤独といっても寂しさを感じる孤独ではありません。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 深い落ち込みの孤独の中でエーテル体の私が一体になってるみたいです。 一体というよりも私の体をエーテル体が纏う形になってます。 おやつ以外は食べない日が続いております。 この前まで私の好きな食べ物を見たら、思わず買って食べ…

    kagami

    不食でflowに生きる

  • 今日おやつを食べて、遅い時間になって体がアストラル体を纏ってるのが視えてきました。
    2020/06/16 21:28
    今日おやつを食べて、遅い時間になって体がアストラル体を纏ってるのが視えてきました。

    不食5年のKagamiです。 不食日記(2030年6月4日) 【朝】アメリカンドッグ、チョコミントアイスクリーム、アイスコーヒー 【昼】なし 【夜】なし 今日は要件が済んでセブンイレブンに寄りました。 何故か急に私の好きなアメリカンドッグに、初めて見るチョコミントアイスクリーム を買いアイスコーヒーといただきました。 いつも衝動的に買ってしまいます。 美味しかったのですが写真を撮り忘れました。 そして夜の時間になって、肉体以外にアストラル体が体を纏ってるのが視えてきました。 私は食事してると視えません。 今日はこれで終了させていただきます。 // リンク この本を読んで、不食を実践するようにな…

    kagami

    不食でflowに生きる

カテゴリー一覧
商用
読者になる