TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

クラシックCD鑑賞 トップ

TOP help

続きを見る

  • 1位

    再びスピーカーを換えました

    再びスピーカーを換えました約1年前オーディオシステムを換えました。最近のシステムで一応満足して聞いていましたが、最近また音楽に集中出来ない時間が増えてきました。体調も聴力の衰えも関係するでしょうし、電源の具合の良し悪しもあるでしょう。中音部の聞こえが、もう少し引き締まって欲しいと思う時間が多くなりました。そこへ登場したのが、使用中のメーカーから新しく登場したスピーカーでした。オーディオ雑誌はともかく、音楽雑誌にも良い評価だったので聞いてみることにしました。今まではトールボーイ型のソナス・ファーベルソネットⅢを使っていましたが、今回は同じソナス・ファーベルですが、製品的に一クラス上で、ブックシェルフ型のオリンピカ・ノバⅠです。以前使っていたスピーカーアンサンブルもブックシェルフ型だったので、元に戻った感じでした。...再びスピーカーを換えました

    m-concerto

    再びスピーカーを換えました

    読者になる
  • 2位

    マスネ《サンドリヨン》

    ジュール・…

    オペラ対訳プロジェクト管理人

    マスネ《サンドリヨン》

    読者になる
  • 3位

    歌劇「魔笛」K.620 : 序曲 ー à la carte ー

    モーツァルトは今なお人気の衰えない歌劇を沢山作曲しているので、それら「序曲」の演奏だけでアルバムが成り立つ程です。これらはモダン楽器により指揮者の個性を楽しむ演奏から、ピリオドによる響きの違うものまで、選択肢を増やしながら、なお増え続けて行くクラシック音楽の華のような序曲たちだと思っています。※各アルバムに張り付けてあるバラ飾りは

    よしな

    歌劇「魔笛」K.620 : 序曲 ー à la carte ー

    読者になる
  • 4位

    ぶらり四季散歩Ⅶ・別小江神社(わけおえじんじゃ)2020/12

    カラフルな日傘、神社とは思われない独創性。さすがカラフル御朱印帳で人気を博している『別小江神社』(わけおえじんじゃ)。拝殿回りも尋常でない。これは名古屋にある御朱印部門3年連続第一位のご紹介記事です。小さいけど、すばらしい神社です。

    Toshi爺

    ぶらり四季散歩Ⅶ・別小江神社(わけおえじんじゃ)2020/12

    読者になる
  • 5位

    ガラスの仮面第31巻≪マヤの山ごもり≫

     美内すずえ 『ガラスの仮面』 第31巻 ≪紫の影(4)≫ 【真澄と速水英介】  黒沼監督と大沢事務所の衝突により、アカデミー芸術祭への参加資格を失った 『忘れられた荒野』 組。真澄のアドバイスで、全日本演劇協会賞を目指すことに。 真澄、廃屋同然の劇場を “紫のバラのひと“ 名義で改装。マヤから感謝の録音テープ。真澄、聖唐人から正体を明かすよう促されるが、拒絶されるのが怖いのだともらす。 真澄の養父・速水英介、...

    nacchann0904

    ガラスの仮面第31巻≪マヤの山ごもり≫

    読者になる
  • 6位

    ヒラリー・ハーンのシベリウス/ヴァイオリン協奏曲

    シベリウス/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47ヒラリー・ハーン(ヴァイオリン)エサ・ペッカ・サロネン指揮 スウェーデン放送交響楽団Recording: 2007.3 Swedish Radio Berwaldhallen, StockholmRecording Producer: Arend Prohmann (DG)Recording Engineer: Stephan FlockLength: 33:10 TOWER RECORDS  amazon  HMVシベリウスの協奏曲といえば、筆者はこれまでオイストラフ盤ただ一種を聴き続けてきた。“骨までしゃぶる”という...

    Rag_Nyans

    ヒラリー・ハーンのシベリウス/ヴァイオリン協奏曲

    読者になる
  • 7位

    ベートーヴェンのライバル 最終回 フンメル

     ライバルというより、親交を結んだ人です。 1778年と、たった8歳年下なのに、すでに、ロマン派に足を突っ込んでる人です。 まず、モーツァルトの、2年間住み込…

    タケさん

    ベートーヴェンのライバル 最終回 フンメル

    読者になる
  • 8位

    2020年11月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧

    2020年11月のページビュー(PV)数ベスト10記事は以下のとおりです:(※トップページ及びカテゴリを除く)ベスト3までと、先月書いた記事(があれば)にはリンクを張っています。 一位.「カトリック」か「カソリック」か?~誤用に潜む...

    てんしちゃん

    2020年11月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧

    読者になる
  • 9位

    弦楽五重奏曲 第2番 ト長調 op.111/J.ブラームス//アルバン・ベルク四重奏団(1998(L))

    ブラームスの室内楽作品は、一見地味なようでいて、感情が湧き上がるように発露される時の美しさは比類がないものを持ち、現実生活の辛さ、喜びや、寂しさ、温かさ等が妙に現実味を帯びて聴こえて来るように思います。そのため、年を重ねる程にその味わいがたまらなく好きになる作曲家でもあると思います。師にお教え頂いた、ありふれた日々の中に本当のロマンは存在している事をブラームスもまた気付かせてくれ、それを人生の晩年...

    よしな

    弦楽五重奏曲 第2番 ト長調 op.111/J.ブラームス//アルバン・ベルク四重奏団(1998(L))

    読者になる
  • 10位

    H・Berlioz:La Damnation de Faust Op. 24, H. 111(1846)|Thomas Moser,Susan Graham,José van Dam....Dir:Kent Nagano/.Lyon Opera Chorus and Orchestra

    Recoreded:1994/10 Opera de Lyonthe National Opera of Lyon's La damnation de FaustLabel:ERATO Catalogue Number: 0630-10692-2The two former directors, Louis Erlo andJean-Pierre Brossmann, alongside conductor Kent Nagano and choreographer Bill T. Jones. Photography © DR*****   *****<Recording Cast>Thomas Moser (Faust):年老いた学者。メフィストフェレスの力で若返るSusan Graham(Marguerit...

    ラ フランス

    H・Berlioz:La Damnation de Faust Op. 24, H. 111(1846)|Thomas Moser,Susan Graham,José van Dam....Dir:Kent Nagano/.Lyon Opera Chorus and Orchestra

    読者になる

続きを見る

  • ヨーゼフ・ハイドンの音楽

    ヨーゼフ・ハイドンの音楽

    ヨーゼフ・ハイドンの音楽に関することなら、何でも良いですよ。一緒に語り合いましょう〜♪

    テーマ投稿数 322件

    参加メンバー 19人

  • 大人のピアノ

    大人のピアノ

    子供の頃習っていた人も大人になってからピアノをはじめた人も、みんなでピアノを楽しみましょう♪

    テーマ投稿数 3,904件

    参加メンバー 183人

  • 再会の音楽〜楽器・音楽活動再開コミュ

    再会の音楽〜楽器・音楽活動再開コミュ

    ブランクを経て音楽活動を再開した人なら誰でもどんな話題でもOK! 友人知人や自分の生徒の音楽再開話など、 「音楽再開者」にかかわるネタがある人ももちろんOK! ついでに「音楽」と「再会」がキーワードにあれば、再開していなくても全然OK! 気軽にトラバってことでヨロシクです。

    テーマ投稿数 195件

    参加メンバー 17人

  • ブラームスの音楽

    ブラームスの音楽

    ブラームスの音楽について語りましょう。

    テーマ投稿数 338件

    参加メンバー 30人

  • ショパンが好き!

    ショパンが好き!

    ショパンが好きな人、ショパンについての記事を書いたらお気軽にトラバしてくださいね♪

    テーマ投稿数 172件

    参加メンバー 31人

  • ピョートル・チャイコフスキー

    ピョートル・チャイコフスキー

    ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーに関する事なら、何でもどうぞ

    テーマ投稿数 234件

    参加メンバー 31人

  • カノン (音楽)

    カノン (音楽)

    カノン(canon)は、複数の声部が同じ旋律を異なる時点からそれぞれ開始して演奏する様式の曲を指す。一般に輪唱と訳されるが、輪唱が全く同じ旋律を追唱するのに対し、カノンでは、異なる音で始まるものが含まれる。また、リズムが2倍になったり、上下または左右(時間の前後)が逆になったような特殊なものをも含む。有名なパッヘルベルのカノンは、3つの声部が全く同じ旋律を追唱し(ただし同時に終わるために最後がカットされる声部がある)それに伴奏が付けられたものである。ポリフォニーの一つの典型である。 ルネッサンス時代には合唱曲において頻繁にカノン様式が用いられ、多くのカノン技法はこの時代に生まれた。古くはフーガと称され、ジョスカン・デ・プレやパレストリーナらの「フーガによるミサ」はカノン様式による作品である。主題以外の旋律に自由が許されているフーガと、旋律を厳密に模倣するカノンは、今日明確に区別されている。バッハはカノンやフーガに多くの最高傑作とされる作品を残している。 18世紀以降には、ホモフォニーの音楽が主流になったため、このような技法が使われることは少なくなるが、曲の一部として取り入れられる場合も少なくない。モーツァルトの交響曲41番やベートーヴェンの交響曲第9番の終楽章の一部では、カノンが効果的に取り入れられた部分がある。また、フランクのヴァイオリンソナタの最終楽章はほぼ完全にカノンの体裁をとる。 20世紀にはいると、12音音楽などの発展の中で対位法が重視されるようになったため、また用いられることが多くなっている。 追複曲(ついふくきょく)という訳語があるが、ほとんど使われることはない。 さいきんは音楽ファンの親が、子供への命名で花音ちゃんと女の子の名前にすることも増えましたね。

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 9人

  • J.S.バッハの音楽

    J.S.バッハの音楽

    偉大なる大バッハの音楽について語り合いましょう。

    テーマ投稿数 604件

    参加メンバー 55人

  • 新国立劇場

    新国立劇場

    新国立劇場の公演などについて語り合いましょう。

    テーマ投稿数 49件

    参加メンバー 2人

  • 軍艦行進曲

    軍艦行進曲

    軍艦行進曲(ぐんかんこうしんきょく)は瀬戸口藤吉作曲の行進曲。一般に『軍艦マーチ』として広く知られる。明治30年(1897年)鳥山啓作詞の「此の城(のち、軍艦)」に曲を付けて軍歌とし、その後、1897年(明治30年)頃に、准士官の軍楽士だった瀬戸口藤吉が新たに作曲し、1900年(明治33年)に「軍艦行進曲」として誕生した。初演は、同年4月、戦艦富士乗組の軍楽隊によって行われた。アジア太平洋戦争中に盛んに演奏され、昭和16年12月8日の日米開戦時にも繰り返しラジオから流された。旧日本海軍及び現在の海上自衛隊の公式行進曲で、進水式などで演奏される。 戦後はパチンコ店などで使用されていたが、最近は街ではほとんど聴かれなくなった。しかし未だに人気は根強い。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

続きを見る

  • 弦楽五重奏曲 第2番 ト長調 op.111/J.ブラームス//アルバン・ベルク四重奏団(1998(L))

    ブラームスの室内楽作品は、一見地味なようでいて、感情が湧き上がるように発露される時の美しさは比類がないものを持ち、現実生活の辛さ、喜びや、寂しさ、温かさ等が妙に現実味を帯びて聴こえて来るように思います。そのため、年を重ねる程にその味わいがたまらなく好きになる作曲家でもあると思います。師にお教え頂いた、ありふれた日々の中に本当のロマンは存在している事をブラームスもまた気付かせてくれ、それを人生の晩年...

    よしな よしなの音楽帖
    読者になる
  • H・Berlioz:La Damnation de Faust Op. 24, H. 111(1846)|Thomas Moser,Susan Graham,José van Dam....Dir:Kent Nagano/.Lyon Opera Chorus and Orchestra

    Recoreded:1994/10 Opera de Lyonthe National Opera of Lyon's La damnation de FaustLabel:ERATO Catalogue Number: 0630-10692-2The two former directors, Louis Erlo andJean-Pierre Brossmann, alongside conductor Kent Nagano and choreographer Bill T. Jones. Photography © DR*****   *****<Recording Cast>Thomas Moser (Faust):年老いた学者。メフィストフェレスの力で若返るSusan Graham(Marguerit...

    ラ フランス 大丘 乃樹(Oooka Noki)
    読者になる
  • フルトヴェングラー シューベルト交響曲第9番”ザ・グレイト”

    こんにちわ、ともやんです。1942年の戦中におけるベルリンフィルの実況録音盤です。緩急自在、良くも悪くもフルトヴェングラーの実演における特徴が最大限に発揮された録音です。それだけにフルトヴェングラーのファンには堪らない録音ですが、そうでない

    ともやん企画 クラシック名盤 巨匠たちの響き
    読者になる
  • ベートーヴェンのライバル 最終回 フンメル

     ライバルというより、親交を結んだ人です。 1778年と、たった8歳年下なのに、すでに、ロマン派に足を突っ込んでる人です。 まず、モーツァルトの、2年間住み込…

    タケさん タケさんのブログ
    読者になる
  • ぶらり四季散歩Ⅶ・別小江神社(わけおえじんじゃ)2020/12

    カラフルな日傘、神社とは思われない独創性。さすがカラフル御朱印帳で人気を博している『別小江神社』(わけおえじんじゃ)。拝殿回りも尋常でない。これは名古屋にある御朱印部門3年連続第一位のご紹介記事です。小さいけど、すばらしい神社です。

    Toshi爺 ひらめきシニアライフ
    読者になる

続きを見る

続きを見る

「クラシックブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)