TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

指揮者 トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    クレンペラーの名盤 ベートーヴェン交響曲第2&4番 (1957)

    実は、この録音に対して真正面から論評した文章を僕はまだ読んでいません。例えば、この録音の国内盤のライナーノーツを書いた宇野功芳氏は、ある程度突っ込んで書かれています。しかし、第1、2番、4番、8番に関してはサラッとしか書かれていません。そこで、僕は自分なりに聴いてみようと思いました。

    ともやん企画

    クラシック名盤 巨匠たちの響き

    読者になる
  • 2位

    ベートーヴェン "運命"史上 最高のライブ フルトヴェングラー復帰コンサート

    こんにちは、ともやんです。1947年5月25日、第二次大戦後、ナチスへの協力容疑で演奏活動を禁止されていた、ヴィリヘルム・フルトヴェングラー(1886-195…

    よしお

    クラシック よしおの日記

    読者になる
  • 3位

    ショルティ シカゴ響 ベートーヴェン交響曲全集より

    こんにちは、よしおです。ショルティが70年代に録音したベートーヴェン交響曲全集より第3番"英雄"を聴きました。その前に10年後に録音した80年代の録音も聴きま…

    よしお

    クラシック よしおの日記

    読者になる
  • 4位

    朝比奈隆 シューベルト「グレイト」まさに偉大な名演

    こんにちは、よしおです。1995年1月ですから、朝比奈さん84歳の時のライブからのCDです。この曲ほど、朝比奈さんが思いっきり演奏できる曲はないんじゃないか、…

    よしお

    クラシック よしおの日記

    読者になる
  • 5位

    フルトヴェングラーの名盤 ベートーヴェン第九 ストックホルムフィル

    1943年のフルトヴェングラーの指揮活動は、夏にバイロイトで、『マイスタージンガー』を指揮して始まりました。ヨーロッパの音楽シーズンは、秋に始まり、翌年の夏前に終わって休暇に入るようです。だから実際のシーズンは9月から、ベルリンフィルとウィーンフィルを指揮する生活から始まりました。

    ともやん企画

    クラシック名盤 巨匠たちの響き

    読者になる
  • 6位

    いつまでドイツにいようか?

    1995年から7年間ドイツで生活をしていました。時々その時のことを綴っています。ドイツの暮らしにも慣れムッゲと言われる音楽のお仕事のギャラは幾ばくかはいただい…

    永尾 敬子

    お茶会〜Quintett〜五重奏

    読者になる
  • 7位

    クレンペラーの名盤 ベートーヴェン交響曲第1&6番”田園”(1957)

    ここで不思議に感じるのは、なんで1958年の録音がないか?ということです。クレンペラーは、53年より5年ほど好調だったのですが、この人の生涯には大怪我が付きもので、58年10月にチューリヒの自宅で、寝タバコが原因でシーツが燃え、全身の15パーセントに及ぶ大やけどを負って重体に陥ってしまったのです。

    ともやん企画

    クラシック名盤 巨匠たちの響き

    読者になる
  • 8位

    あたまからっぽ

    オペラ指揮者を目指す吉田拓人の奇妙な日常。 波乱万丈、明日はどうなる!?

    Tackt

    コーカサスの先へ

    読者になる

続きを見る

  • 2台ピアノ

    2台ピアノ

    2台ピアノによる作品や、演奏、コンサートについてのトラコミュです。

    テーマ投稿数 14件

    参加メンバー 2人

  • サー・チャールズ・マッケラスの音楽

    サー・チャールズ・マッケラスの音楽

    2010年7月14日惜しくも亡くなられた、サー・チャールズ・マッケラス先生の音楽について語りましょう!

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • シカゴ交響楽団

    シカゴ交響楽団

    シカゴ交響楽団(The Chicago Symphony Orchestra, CSO)に関すること、お気軽にトラックバックしてください♪

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 3人

  • フランツ・リストの音楽

    フランツ・リストの音楽

    フランツ・リストの音楽を語りましょう。 リストの作品だけではなく、あまり光が当たらないハンガリーの作曲家も〜

    テーマ投稿数 31件

    参加メンバー 7人

  • 音楽愛好連盟

    音楽愛好連盟

    音楽に関して記事を書いている方、もしくは記事が音楽関係でなくても音楽を好きな方、とりあえずトラコミュに入りたい方、みんなで仲良く語ろう!

    テーマ投稿数 247件

    参加メンバー 25人

  • クラシックピアノ同好会

    クラシックピアノ同好会

    心に響く音色、そしてそのために作られた曲・・・ クラシックピアノの曲、作曲家、など、クラシックピアノについてなら気軽にトラックバックしてください! 皆さんの心に響くものを共有しましょう!

    テーマ投稿数 61件

    参加メンバー 15人

  • 歌曲&オペラ・アリア

    歌曲&オペラ・アリア

    言葉と旋律の音楽、人声の芸術 歌曲とオペラ・アリア。 古今東西を問わず、歌曲やオペラ・アリアに関することなら何でもお気軽にトラックバックをしてくださいませ。

    テーマ投稿数 108件

    参加メンバー 12人

  • ファゴット・バスーン

    ファゴット・バスーン

    ファゴット、バスーン、バッソンに関することならなんでもどうぞ。もちろんコントラ・ファゴットも(サリュソフォーンも?)。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 3人

  • レクイエム、ミサ曲、オラトリオ

    レクイエム、ミサ曲、オラトリオ

    レクイエム - Requiem、ミサ曲 - Mass、オラトリオ - Oratorio。 死者の安息を願うミサ(Missa pro Defunctis)。 典礼にともなう声楽曲。 オラトリオ、聖譚曲。

    テーマ投稿数 60件

    参加メンバー 5人

  • チェンバロ

    チェンバロ

    チェンバロ(ハープシコード、クラヴサン)の音楽や楽器について語りましょう。

    テーマ投稿数 26件

    参加メンバー 10人

続きを見る

  • ワルター ブルックナー交響曲第7番 駄演にあらず

    『名指揮者ワルターの名盤駄盤』宇野功芳著で、ワルターのブルックナーの中では、一番不出来だと書いています。例によって思いやりのある表情と温かい歌がすみずみにまでみちあふれており、素晴らしい部分も多々あるのだが、なんとしても根本的な音楽性がブルックナーと異質なのである、と一刀のもとに切り捨てている。

    ともやん企画 クラシック名盤 巨匠たちの響き
    読者になる
  • 練習したーい!

      コロナ騒動で外出はできない!練習も中止!コンサートも延期~!もう何日も練習していません〜 そんな方は多いかもしれませんね  金管楽器には使える奥の手!意外…

    永尾 敬子 お茶会〜Quintett〜五重奏
    読者になる
  • ショルティ シカゴ響 ベートーヴェン交響曲全集より

    こんにちは、よしおです。ショルティが70年代に録音したベートーヴェン交響曲全集より第3番"英雄"を聴きました。その前に10年後に録音した80年代の録音も聴きま…

    よしお クラシック よしおの日記
    読者になる
  • クレンペラーの名盤 ベートーヴェン交響曲第2&4番 (1957)

    実は、この録音に対して真正面から論評した文章を僕はまだ読んでいません。例えば、この録音の国内盤のライナーノーツを書いた宇野功芳氏は、ある程度突っ込んで書かれています。しかし、第1、2番、4番、8番に関してはサラッとしか書かれていません。そこで、僕は自分なりに聴いてみようと思いました。

    ともやん企画 クラシック名盤 巨匠たちの響き
    読者になる
  • 朝比奈隆 シューベルト「グレイト」まさに偉大な名演

    こんにちは、よしおです。1995年1月ですから、朝比奈さん84歳の時のライブからのCDです。この曲ほど、朝比奈さんが思いっきり演奏できる曲はないんじゃないか、…

    よしお クラシック よしおの日記
    読者になる

続きを見る

  • 推し三昧 - 写真 満載 -

    BRA★BRA FINAL FANTASYで撮影した指揮者の栗田博文さんの写真をアップしているブログ。

    読者になる
  • 推し三昧

    指揮者の栗田博文さんを熱量MAXで応援している非公認ファンブログ。

    読者になる
  • はばかりながら・・・奏でます

    音楽が好きで、だらだらと独学でピアノ弾いて遊んできました。 人生後半、だらだら独学ピアノを脱出して弾きたい曲を たくさん弾けるようになりたいです。

    読者になる

続きを見る