TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

クラシックCD鑑賞 新着記事

NEW POST
help
  • ヤナーチェク《グラゴル・ミサ》全曲 YouTube動画公開

    本日7月3日はレオシュ・ヤ…

    オペラ対訳プロジェクト管理人

    オペラ対訳プロジェクト広報室

    読者になる
  • 【CD】ジョン・マクラフリン、マハヴィシュヌ・オーケストラの1972年フランスでのライヴがCD化

    ▶France 1972【CD】 Mahavishnu OrchestraこれはCDですが、ジョン・マクラフリンのマハヴィシュヌ・オーケストラの1972年のフランスでのライヴ音源がCD化。リリースはHi Hatレーベルから。『F

    SACDラボ

    SACD、高音質盤、音楽について語るブログ

    読者になる
  • QUEEN

      このグループも、結成50周年だったんですね。 1970年に、ブライアン・メイ(g)、ロジャー・テイラーがいたスマイルというグループが解散。 そこに、フレデ…

    タケさん

    タケさんのブログ

    読者になる
  • CD21枚組ボックス『ラヴェル作品全集』がワーナー・クラシックスより発売

     ▶ラヴェル作品全集【CD】ワーナー・クラシックスより、ラヴェルのCDボックス『ラヴェル作品全集(Maurice Ravel – The Complete Works)が発売(輸入盤)。編曲作品から自作自演

    SACDラボ

    SACD、高音質盤、音楽について語るブログ

    読者になる
  • ◇クラシック音楽◇新譜CD情報

    <新譜CD情報>~40年ぶりのムター、ヨーヨー・マとバレンボイムのベートーヴェン”三重協奏曲”再録音~ベートーヴェン:ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲交響曲第7番ヴァイオリン:アンネ=ゾフィー・ムターチェロ:ヨーヨー・マ指揮:ダニエル・バレンボイム管弦楽:ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団録音:2019年10月、ベルリン(ライヴ録音)他CD:ユニバーサルミュージック40年ぶりの再録音となるムター、ヨーヨー・マにバレンボイムが加わったベートーヴェンの三重協奏曲(ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲)のライヴ録音。◇クラシック音楽◇新譜CD情報

    <私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽

    <私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽

    読者になる
  • 26番 ジョヴァンニ・アントニーニ バーゼル室内管弦楽団 追記 yotubeより

    クラシック古典派作曲家 ハイドンの交響曲の視聴記録。広島県三次市のNPO法人「三次科学技術教育協会」。科学をキーワードに、楽しさと普及を目的。天体観望、望遠鏡、静電気、LED、モデルロケットなどの実験。硬式テニス。

    tenkichi995

    ハイドン探求 三次科学技術教育協会

    読者になる
  • J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(8)/アンドレス・セゴビア

    セゴビアは、長い録音歴の中で、意外にもバッハのリュート作品はあまり取り上げていなかった事に驚きました。無伴奏ヴァイオリン及びチェロからはより多くの作品を取り上げていて、孤高にそびえる「シャコンヌ」はじめ自身の編曲や、デュアートによる「無伴奏チェロ組曲 第3番」などが目についてしまいます。セゴビア色の濃いバッハは、その音楽の豊潤さに於いて魅了し続け、中でも「シャコンヌ」のどっしりとした説得力は、未だ超...

    よしな

    よしなの音楽帖

    読者になる
  • アンチェルのショスタコーヴィチ、「祝典序曲」

    7月、昨日は接近した寒冷前線の影響で火曜夜から大雨となり大雨洪水警報の一日。今...

    ランガナータン

    アマオケホルン吹きの音盤中毒日記

    読者になる
  • 2020年6月のページビュー(PV)数ベスト10記事一覧

    2020年5月のページビュー(PV)数ベスト10記事は以下のとおりです:(※トップページ及びカテゴリを除く)ベスト3までと、先月書いた記事にはリンクを張っています。 一位.SACDとBlu-ray Audio、どちらが優れているか?...

    てんしちゃん

    てんしな?日々

    読者になる
  • メダカだより2020夏

    (おしりに卵が見える)ベランダのメダカ、今年も元気です。親魚が入れない浅瀬スペースには、産まれてきた稚魚の姿がぽつぽつと。何もしなくても勝手にそこらの藻を食べて、勝手に広い世界へ巣立っています。昨年の大ベビーブームで水槽がいっぱいなので、今年の稚魚は数匹でいいや。いま親世代が20数匹、社会人デビューした稚魚が2匹、まだシラス状態が浅瀬に数匹。#いっぽうで、あらたな問題がひとつーー。これだけ数が多いと...

    nacchann0904

    新・世界ブラボー日記

    読者になる
  • DuttonのSACDがタワレコで予約開始!ブーレーズ の「火の鳥」「木製の王子」、ラインスドルフの「死の都」オーマンディ 、バーンスタインも

    先日お伝えしたDutton VocalionのSACDハイブリッドがタワーレコードで予約開始。ブーレーズのストラヴィンスキー「火の鳥」全曲やバルトーク「木製の王子(かかし王子)」など、クラシックファンには思い出のアルバムが今回もSACDハイ

    SACDラボ

    SACD、高音質盤、音楽について語るブログ

    読者になる
  • バルビローリ マーラー交響曲第6番が凄い!

    こんにちは、よしおです。 マーラーは、好きな作曲家です。ただ、メインの作品である交響曲11曲(未完の10番も含む)では、好き嫌いがあります。 文句なく好きなの…

    よしお

    クラシック よしおの日記

    読者になる
  • フランツ・コンヴィチュニーの芸術

    こんにちは、ともやんです。 フランツ・コンヴィチュニーの芸術というボックスセットがおすすめです。コンヴィチュニーの芸術は、やはりベートーヴェンとシューマンの交…

    ともやん

    ベートーヴェンの名盤 コメコメコラム

    読者になる
  • 83 ロックンロールな気もしてきたバッハ様。

    鈴木優人+バッハ・コレギウム・ジャパンの新譜、バッハ・チェンバロ協奏曲集をAmazon聴き放題で!迫力ある旋律をお楽しみ下さい。

    チーク

    聴き放題で愉しむ 「クラシック音楽!」

    読者になる
  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~クァルテット・エクセルシオのベートーヴェン:弦楽四重奏全曲チクルス<第1回>~ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第11番ヘ短調「セリオーソ」Op.95、第9番ハ長調「ラズモフスキー3番」Op.59-3、第12番変ホ長調Op.127弦楽四重奏:クァルテット・エクセルシオ西野ゆか(第1ヴァイオリン)北見春菜(第2ヴァイオリン)吉田有紀子(ヴィオラ)大友肇(チェロ)会場:浦安音楽ホール日時:2020年10月14日(水)午後7時クァルテット・エクセルシオ(QuartetExcelsior)は、年間通して活動する常設の弦楽四重奏団。愛称は「エク」。1994年に結成。第5回「パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクール(イタリア)」最高位などのコンクール受賞歴をもつ。2008年に第19回「新日鉄音楽賞フレッシ...◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽

    <私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽

    読者になる
  • ◇クラシック音楽LP◇ヨゼフ・カイルベルト指揮ベルリン・フィルのブラームス:交響曲第2番/大学祝典序曲

    ブラームス:交響曲第2番大学祝典序曲指揮:ヨゼフ・カイルベルト管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(交響曲第2番)バンベルク交響楽団(大学祝典序曲)発売:1978年LP:キングレコードGT9174このLPレコードは、名指揮者ヨゼフ・カイルベルト(1908年―1968年)がベルリン・フィルを指揮したブラームス:交響曲第2番とバンベルク交響楽団を指揮したブラームス:大学祝典序曲の2曲が収められている。このLPレコードのライナーノートに音楽学者の渡辺護氏は次のように書いている。「1968年の夏、筆者はイタリアからミュンヘンに旅行をした。7月22日ミュンヘンの宿に着いて、新聞を開いて見ると、そこにカイルベルトの突然の死が大きく報ぜられていたのである。『トリスタンとイゾルデ』や『サロメ』を見ることを楽しみに来たのだ...◇クラシック音楽LP◇ヨゼフ・カイルベルト指揮ベルリン・フィルのブラームス:交響曲第2番/大学祝典序曲

    <クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> 

    <クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> 

    読者になる
  • 今日のモーツァルト その16

    ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト  変ホ長調 K. 364ヤン・ターリヒJr - Jan Talich Jr. (ヴァイオリン)ヤン・ターリヒSr -…

    angsyally1112

    ヘッドホンで聴くクラシック音楽

    読者になる
  • L・v・Beethoven:Piano Concerto No. 5 in E♭ major, Op. 73|Pf:Maurizio Pollini&Dir:Riccardo Chailly/Royal Concertgebouw Orchestra<2002/11/18LIVE Tokyo>

    今日は、当時の テレビで流れたクラシック音楽番組を基に。およそ15年ぶりに、録画を見ながら聞いています。マウリツィオ・ポリーニが、ドイツグラモフォン60周年に合わせて 本人との契約の30周年だったものの企画だった ポリーニ・プロジェクト。 拍手に応えるM・ポリーニマウリツィオ・ポリーニが、1995年5月までは 東京文化会館でのソロリサイタルがお気に入りでした。この1995年の来日は、ピエール・ブーレーズ生誕70周年の...

    ラ フランス

    大丘 乃樹(Oooka Noki)

    読者になる
  • J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(7)/クリストファー・パークニング(1968/78/93)

    バッハの厳格な構成や、器楽曲に見かける抽象性を、ただひたすら美しく演奏する事に全てを注いだようなパークニングのバッハは、全ての人に向かって微笑むような独特なものだと思っています。セゴビアがバッハの中に厳しさも求めたのとは反対に、あくまで美しさを最大限に表現するというようなアプローチは、驚く事に聴くための楽しさ(耳が喜ぶ)というものを思い出させてくれる、他では得難い貴重な演奏となっています。時には学術...

    よしな

    よしなの音楽帖

    読者になる
  • CD アンチェルとコシュラーのストラヴンスキー:「春の祭典」「ペトルーシュカ」

    ブックオフでチェコ・フィルのハルサイ&ペトルーシュカのCDがアンチェルとコシュラーの2種類が安く売ってたので比べてみようと買ってみました。アンチェル盤は名演と言われてますが初めて聴きました。~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ストラヴィンスキー:

    マイナー曲推進委員

    クラシック・マイナー曲推進委員会

    読者になる
  • ルーディン指揮ムジカ・ヴィーヴァの「田園」

     あるCD販売サイトで、好意的なコメントが多かったので、手に入れてみたアルバムです。 収録曲は、ベートーヴェンの交響曲第1番と第6番で、指揮者、オーケストラと…

    タケさん

    タケさんのブログ

    読者になる
  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~MUZAスペシャルナイトコンサート渡辺貞夫オーケストラ~サクソフォン:渡辺貞夫SaxSection吉田治(leadas)小池修(2ndts)近藤和彦(3rdas)竹野昌邦(4thts)山本拓夫(5thbs)TromboneSection村田陽一(leadtb)辻冬樹(2ndtb)奥村晃(3rdtb)山城純子(4thb-tb)TrumpetSection西村浩二(leadtp)奥村晶(2ndtp)佐久間勲(3rdtp)松島啓之(4thtp)RhythmSection小野塚晃(piano)粟谷巧(bass)竹村一哲(drums)会場:ミューザ川崎シンフォニーホール日時:2020年9月29日(火)午後7時ジャズ界を代表する巨匠・渡辺貞夫が選りすぐりの凄腕プレイヤーたちを集めたビッグ・バンドでミュー...◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽

    <私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽

    読者になる
  • 46番 ジョヴァンニ・アントニーニ イル・ジャルディーノ・アルモニコ 追記 yotubeより

    クラシック古典派作曲家 ハイドンの交響曲の視聴記録。広島県三次市のNPO法人「三次科学技術教育協会」。科学をキーワードに、楽しさと普及を目的。天体観望、望遠鏡、静電気、LED、モデルロケットなどの実験。硬式テニス。

    tenkichi995

    ハイドン探求 三次科学技術教育協会

    読者になる
  • シューベルト『死と乙女』/ノーヴス四重奏団

    シューベルト弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調『死と乙女』ノーヴス四重奏団(2017年録音 パリ)1、エネスコ四重奏団(16分以上)2、ディオゲネス四重奏団(15…

    angsyally1112

    ヘッドホンで聴くクラシック音楽

    読者になる
  • F・Poulenc:Sextet for flute, oboe, clarinet, bassoon, French horn and piano , FP 100|Orchestre philharmonique de Radio France's member

    今日(2020/07/01)から、移行したブログで書いていくことになります。フランシス・プーランク:六重奏曲( Francis Poulenc:Sextet, FP 100)Orchestre Philharmonique de Radio France’s MemberNicolas Baldeyrou (clarinette:クラリネット(B♭管)) Hélène Devilleneuve (hautbois:オーボエ)Magali Mosnier ( flûte:フルート) Hugues Viallon (cor:ホルン)Catherine Cournot (piano:ピアノ)  Julien Ha...

    ラ フランス

    大丘 乃樹(Oooka Noki)

    読者になる
  • J.S.バッハ : リュート作品集 BWV.995-1000/BWV1006a(6)/ジュリアン・ブリーム(1965)

    ブリームのかなりクセのある個性が50年代後半から70年代にかけての魅力であったと感じています。その強烈さが

    よしな

    よしなの音楽帖

    読者になる