searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

クラシック音楽大好き

THEME help
クラシック音楽大好き
テーマ名
クラシック音楽大好き
テーマの詳細
クラシック音楽が大好きな人、集まれ!
テーマ投稿数
226件
参加メンバー
16人
管理人
ネット通販と最新ダイエット命!管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「クラシック音楽大好き」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「クラシック音楽大好き クラシックブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

クラシック音楽大好きの記事

1件〜50件

  • グリュミオーのシューベルト ロンドイ長調D.438
    2021/06/23 22:17
    グリュミオーのシューベルト ロンドイ長調D.438

     グリュミオーは、膨大な録音の中に、かなり、レアで、録音の少ない作品を、取り上げていますが、これも、その1つ。 シューベルトは、19歳の時に、ヴァイオリニスト…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 今日のハルサイ⑤ スイトナー指揮シュターツカペレ・ドレスデン
    2021/06/22 20:04
    今日のハルサイ⑤ スイトナー指揮シュターツカペレ・ドレスデン

     今回は、ほぼネタですw オトマール・スイトナーと言えば、旧東ドイツの、国策レーベル、ベルリン・クラシックス(ドイツ・シャルプラッテン)の、中心的指揮者で、中…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • グリュミオーのパガニーニ ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調
    2021/06/20 19:55
    グリュミオーのパガニーニ ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調

     グリュミオーの、わりと意外なレパートリーに、パガニーニがあります。 美音派で、決してテクニックを売りにしていなかったので、イメージが、合いにくいですが、24…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • サン=サーンス ハバネラop.83
    2021/06/19 21:30
    サン=サーンス ハバネラop.83

      途中で、盛り上がるので、癒しとかリラックスとには、遠いかもですが、なんとなく、取り上げてしまいました(笑。 1887年作で、交響曲第3番の後に作っているの…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 伴奏の練習の仕方・・
    2021/06/19 11:19
    伴奏の練習の仕方・・

    最近の記事>発表会のバイオリンの伴奏をするのでいつものような(と言っても去年か...

    Shiho先生

    音楽の景色と共に

  • フレモー&バーミンガム市交響楽団のサティ、ジムノペディ第1番
    2021/06/16 20:37
    フレモー&バーミンガム市交響楽団のサティ、ジムノペディ第1番

     フレモー&バーミンガム市響は、小品にも、いい演奏が多く、この、サティも、予想の上を行くものです。 ドビュッシーが編曲し、近代フランスらしい響きになったことで…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ミリング四重奏団のモーツァルト ディヴェルティメントkv136
    2021/06/15 21:37
    ミリング四重奏団のモーツァルト ディヴェルティメントkv136

     前に、モーツァルトの弦楽四重奏曲第1番で、紹介したシュターツカペレ・ドレスデンの首席奏者ペーター・ミリングが率いるミリング四重奏団の演奏です。 旧東ドイツの…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 【30日間無料体験に再び加入できた!】Amazon Music Unlimited が 追加料金なしで排他モードのハイレゾが聴ける!
    2021/06/14 08:00
    【30日間無料体験に再び加入できた!】Amazon Music Unlimited が 追加料金なしで排他モードのハイレゾが聴ける!

    Amazon Music Unlimited で、なんと追加料金なしでAmazon Music HDが聴けるようになった! しかも以前Amazon Music HDの無料体験をしていたにもかかわらず、再加入でも30日間無料体験ができるいうのがありがたい! 初めての方なら2021年6月22日までの申し込み期間限定で、4ヶ月間無料で聴き放題という大盤振る舞いだ! Apple Musicのロスレス化にしろ、Spotifyのロスレス化の噂など音楽好きにとっては喜ばしい話だ! ①【Amazon Music Unlimitedが4ヶ月間無料】 ②Amazon Music HDが追加料金なしで聴ける! ③A…

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • アーノルド ホブソンの婿選び序曲(管楽八重奏版) イースト・ウインズ
    2021/06/13 21:20
    アーノルド ホブソンの婿選び序曲(管楽八重奏版) イースト・ウインズ

     今回は、ユーモラスで楽しい曲で、気分転換しましょう。 イギリスのことわざに、「ホブソンの選択」というのがあり、昔、貸馬屋のトマス・ホブソンが、客の好みに関係…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ロワール・フィルのタイスの瞑想曲
    2021/06/12 21:54
    ロワール・フィルのタイスの瞑想曲

     この曲は、よくBGMにも使われるほど有名ですが、けっこう、巨匠のアンコール集とか、若手のデビュー・アルバムなどで、ピアノ伴奏が多いですよね。 元々は、マスネ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • フレモー&バーミンガム市交響楽団の序曲「天国と地獄」
    2021/06/09 20:34
    フレモー&バーミンガム市交響楽団の序曲「天国と地獄」

     フレモーとバーミンガム市交響楽団とのコンビは、純フランスのセンスを持つ指揮者と、どちらかというとドイツ風のイギリスの地方オケの組み合わせです。 バーミンガム…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • フレモー&バーミンガム市交響楽団のウォルトン「王冠」
    2021/06/06 20:46
    フレモー&バーミンガム市交響楽団のウォルトン「王冠」

     指揮者というものは、就任したオケの、お国物を、演奏させられますが、フレモーも例外ではなかったようで、ウォルトンを、アルバム3枚分くらいと、マッケイブ、リトル…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ルイ・フレモー
    2021/06/05 18:56
    ルイ・フレモー

     この人も、生誕100年なんですけど、なかなか音源を聴き込めなかったので、今になりました。 フランスの、ほぼ北端のエール=シュ=ラ=リスで生まれ、近くの、バラ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • グラニャーニ ギター二重奏曲集 スコグモ&フランケ
    2021/06/02 20:18
    グラニャーニ ギター二重奏曲集 スコグモ&フランケ

     久しぶりに、ギター音楽です。 比較的数が少ない古典派の作品です。 1768年にイタリア北西部沿岸のリヴォルノの生まれ、ヴァイオリン製作者を父に持ち、最初はヴ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • THE ART OF VIOLIN のDVDを。。
    2021/06/01 14:59
    THE ART OF VIOLIN のDVDを。。

     ヴァイオリンの伴奏を発表会で沢山するから、というのもあるけれどDVDを見...

    Shiho先生

    音楽の景色と共に

  • セヴラック  タントゥム・エルゴ
    2021/05/30 20:02
    セヴラック  タントゥム・エルゴ

     セヴラックは、後半生に、移り住んだラングドック地方の、教会のために、多くの宗教曲を、作曲しました。 それが、フランス各地の教会でも歌われ、今でも、フランスで…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • セヴラック  日向で水浴びをする女たち(バニュルス=シュル=メルの思い出)
    2021/05/30 00:49
    セヴラック  日向で水浴びをする女たち(バニュルス=シュル=メルの思い出)

     セヴラックは、ピアノ曲を、組曲形式で、書きましたが、数曲、それに、含まれないものがります。 この「日向で水浴をする女たち」も、そんな作品で、セヴラックの終の…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • セヴラック  コート・カタラン
    2021/05/26 19:59
    セヴラック  コート・カタラン

     セヴラックは、劇音楽も含めると、オーケストラ曲を、11曲ほど、書いています。 やはり、パリではなく、わりと辺境のラングドック地方にいたので、実際に、音にして…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • アーノルドの木管五重奏曲を2つ
    2021/05/23 19:02
    アーノルドの木管五重奏曲を2つ

     マルコム・アーノルドは、地味なイギリス近代音楽にあって、まだ、演奏、録音のチャンスに、恵まれているようです。 他の、イギリスの作曲家と同じく、同j代の音楽を…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 重松先生の動画 20
    2021/05/23 08:37
    重松先生の動画 20

    私の師事している、重松先生の動画です。 練習方法も分かりやすかったですし、...

    Shiho先生

    音楽の景色と共に

  • 今日のハルサイ④ ロト&レ・シエクル
    2021/05/22 21:27
    今日のハルサイ④ ロト&レ・シエクル

     初の、古楽器版「春の祭典」です。 まぁ、クラシック音楽好きの人は、ご存知ですが、ストラヴィンスキーは、ロシアの作曲家ですが、有名になったのは、フランスはパリ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 本日の「オルガン付」④ ロト&レ・シエクル
    2021/05/20 23:11
    本日の「オルガン付」④ ロト&レ・シエクル

     19世紀以降の、クラシック音楽作品を、古楽器で演奏することは、増えてきてますが、まだまだ、出てきていないのが、フランス近代作品。 それを、ロト指揮レ・シエク…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • オーディオ機器 スピーカーのセッティングのコツ【スリップ防止で高音質化を図る】
    2021/05/19 07:58
    オーディオ機器 スピーカーのセッティングのコツ【スリップ防止で高音質化を図る】

    スピーカーやオーディオ機器をセッティングするために機器をそのまま置かず、インシュレーターを使うと音質が変わる。 しかし、評判のインシュレーターに交換してもしっくりこなくて、また新たなインシュレーターを探し彷徨っている?ということはないだろうか? 特に金属系のインシュレーターを使うと高音が明確になり情報量が増えたように感じる。 その反面、低音が減って物足りない感じがする場合がある。 もしかしたらそれは、インシュレーターのスリップが原因かも知れない。 このスリップを無くしてやると高音の情報量を犠牲にせずに中域や低音の情報量が増し素晴らしく高音質になる。 実はオーディオ機器のセッティングのコツは如何…

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • グリュミオーのテレマン 12の幻想曲
    2021/05/16 19:51
    グリュミオーのテレマン 12の幻想曲

     グリュミオーは、バロックもよく録音してますが、その、代表的なものが、この、テレマン「12の幻想曲(ファンタジー)」。 今では、現代楽器、古楽器とも、たくさん…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 【簡単に高音質化!】スピーカーの音質向上に効果的な 制振プレート「PARC Audio DCP-P001 」
    2021/05/16 09:06
    【簡単に高音質化!】スピーカーの音質向上に効果的な 制振プレート「PARC Audio DCP-P001 」

    スピーカーユニットの振動を制御して高音質化してくれる制振プレート スピーカーに手を加えて音質を向上させる手法は、昔からオーディオマニアの方なら色んなやり方をご存知かもしれない。 その高音質化の手法の一つとして、スピーカー自身の振動を制御することがあげられる。 スピーカーは箱(エンクロージャー)にウーファーやーツイーターなどのスピーカーユニットが取り付けられている。 今回、そのスピーカーユニットに貼り付けるだけで簡単に高音質化できるアイテム、「PARC Audioの制振プレート」を実際に試してみてかなりの効果があったのでご紹介しようと思う。 貼り付けると言ってもエンクロージャーの中に隠れているス…

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • グリュミオー、ペリッチャのモーツァルト協奏交響曲k.364
    2021/05/15 20:22
    グリュミオー、ペリッチャのモーツァルト協奏交響曲k.364

     今度は、グリュミオーのモーツァルトです。 グリュミオーの、モーツァルトの協奏曲録音で、一番定評のあるのが、コリン・ディヴィス指揮ロンドン交響楽団が、バックを…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • モーツァルト 弦楽五重奏伴奏版ピアノ協奏曲第17番
    2021/05/12 20:49
    モーツァルト 弦楽五重奏伴奏版ピアノ協奏曲第17番

     今度は、17番です。 これも、カデンツァは、モーツァルト自作です。 あまり、実演では、演奏されませんが、11番以降が、ウィーンで作曲され、15番以降、モーツ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • モーツァルト 弦楽五重奏伴奏版ピアノ協奏曲第9番
    2021/05/09 19:46
    モーツァルト 弦楽五重奏伴奏版ピアノ協奏曲第9番

     一応シリーズなんですが、数年おきという慎重なペース録音され、あまり、認知されていないような気がするアルバムです。 演奏家は、みんな現代楽器なんですが、19世…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ピアソラ バンドネオン協奏曲
    2021/05/08 18:47
    ピアソラ バンドネオン協奏曲

     アストル・ピアソラは、自身の楽器バンドネオンのための協奏曲を、1つだけ作曲しています。 きっかけなどは、くわしくは、わからないのですが、’70年代に知り合っ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • メーカー製のスピーカーを高音質化してみた!【audio pro FS-20の改造記録】
    2021/05/08 06:08
    メーカー製のスピーカーを高音質化してみた!【audio pro FS-20の改造記録】

    最近の比較的安く買えるスピーカーはコンピュータによる解析でエンクロージャーやユニットが最適化されているとはいえ、コストダウンのしわ寄せはどこかある。 メーカーがコストダウンするために妥協した箇所を対策してみると手持ちのスピーカーを高音質化することが期待できる。

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • タンゴ・フォー・4のリベルタンゴ+1
    2021/05/05 22:20
    タンゴ・フォー・4のリベルタンゴ+1

     なんと、フィンランドを拠点に活動すタンゴ・グループです。 ヴァイオリンのヤーッコ・クーシストは、ラハティ交響楽団のコンサートマスターですが、他は、ポピュラー…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 『クレモナ』モダンタンゴ・ラボラトリのリベルタンゴ+1
    2021/05/04 21:05
    『クレモナ』モダンタンゴ・ラボラトリのリベルタンゴ+1

     今回は、大阪府北部を中心に活動するプロの演奏家の音源です。 女性4人で、しかも、ピアソラをはじめとするモダン・タンゴ専門の木管四重奏団『クレモナ』が、演奏す…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ピアソラ  ピアノ版「天使のミロンガ」
    2021/05/02 21:35
    ピアソラ  ピアノ版「天使のミロンガ」

     ピアソラの作品は、クラシカルなものではない純粋なタンゴも、クラシックの演奏家によって、さかんに演奏されていて、特に、天使シリーズと呼ばれる「天使のミロンガ」…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ボッテジーニ  アンダンテ・ソステヌート
    2021/05/01 21:02
    ボッテジーニ  アンダンテ・ソステヌート

     ボッテジーニの、比較的珍しい弦楽合奏用の作品です。 このアルバムは、イギリスのASVというレーベルが、1986年に録音したものを、NAXOSがライセンス販売…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • アナログレコードプレーヤー VM型・MM型・MC型・MONO専用 カートリッジ交換で音を楽しむ
    2021/04/29 22:53
    アナログレコードプレーヤー VM型・MM型・MC型・MONO専用 カートリッジ交換で音を楽しむ

    アナログレコード カートリッジを交換して音質を発見する アナログレコード カートリッジを交換して音質を発見する 耳あたりの良いオーディオテクニカ AT-VM95E 艶やかな オルトフォンの真っ赤な2MRED モノラルは専用を!オーディオテクニカ AT-MONO3/LP 超定番 超ロングセラーのMC型カートリッジ DENON DL-103 アナログレコードの楽しみとしてカートリッジを交換するとレコード盤に詰まった音の情報の新たな発見がある。 TEACのTN-3BというアナログレコードプレーヤーにはオーディオテクニカのVM型カートリッジが付属している。 耳あたりの良いオーディオテクニカ AT-VM…

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • ボッテジーニ  グラン・デュオ・コンチェルタンテ
    2021/04/28 20:31
    ボッテジーニ  グラン・デュオ・コンチェルタンテ

      さてさて、今回は、ボッテジーニです。 たくさんの、コントラバス用の作品を残した人ですが、ヴァイオリンと、コントラバスをソロとした協奏作品を、今回は紹介しま…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • DL-103を極上の音質に変える!シェルリード線【KSーRemasta】
    2021/04/28 08:05
    DL-103を極上の音質に変える!シェルリード線【KSーRemasta】

    シェルリード線の交換でわかった!DL-103の本当の音質 シェルリード線の交換でわかった!DL-103の本当の音質 【KS-Remasata】 シェルリード線 LWー4000LTD これは、何かの拍子に出た音なんかではない! シェルリード線の専門工房 KS-Remastaのコラボ商品 <想像できないハイエンドモデル> 【KS-Remasata】 シェルリード線 LWー4000LTD 結論から言うと ヘッドシェルのリード線をKS-LW-4000 LTDというリード線に換えるとDL-103が無難なカートリッジというイメージから極上のカートリッジという認識に変わる。 全域で情報量が格段にアップする。…

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • グリュミオーのヴィヴァルディ「四季」
    2021/04/25 19:59
    グリュミオーのヴィヴァルディ「四季」

     これ、ちょっと目からうろこな音源です。 ヴィヴァルディの「四季」といえば、十数人の弦楽器奏者が合奏する作品ですよね。 で、1st.ヴァイオリンと、他のヴァイ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ダンディ 交響詩「魔の森」 デルヴォー指揮ロワール・フィルハーモニー管弦楽団
    2021/04/24 19:16
    ダンディ 交響詩「魔の森」 デルヴォー指揮ロワール・フィルハーモニー管弦楽団

     フランス近代音楽は、大きく分けて2つの流派が存在しました。 パリ音楽院の教授を中心とした派閥と、フランクとその弟子たちの流派(スコラ・カントルムという私設音…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • リコーダー版序奏とロンド・カプリチオーソ
    2021/04/21 21:51
    リコーダー版序奏とロンド・カプリチオーソ

     これ、リコーダーのイメージを変える音源です。 ミカラ・ペトリは、最近では、見なくなった現代楽器のリコーダー(ピッチが現代のA=440㎐あたり)奏者で、古楽器…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • サン=サーンス 序奏とロンド・カプリチオーソ
    2021/04/18 19:13
    サン=サーンス 序奏とロンド・カプリチオーソ

     もう、標準名曲として、あまりに有名ですね。 サン=サーンス28歳の時の作品で、サラサーテが、演奏するために作曲されました。 なので、スペイン風の部分がありま…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ’50年代ジャズを熱く鳴らす! WEのシェルリード線 【モノラルカートリッジと相性抜群!】
    2021/04/18 00:10
    ’50年代ジャズを熱く鳴らす! WEのシェルリード線 【モノラルカートリッジと相性抜群!】

    モノラルカートリッジと相性が良かった! WEのスズメッキ単線シェルリード線 モノラルカートリッジと相性が良かった! WEのスズメッキ単線シェルリード線 ヘッドシェルとカートリッジを繋いでいるリード線 ヘッドシェルは重さや素材の違いだけでなくリード線にも注目! 憧れの WE ウエスタン・エレクトリックというケーブル モノラルカートリッジのAT-MONO3 に繋いでみる WEスズメッキ単線のリード線で聴く「Workin’ with Miles Davis Quintet」 ヘッドシェルとカートリッジを繋いでいるリード線 アナログレコードプレーヤーのトーンアームに取り付けるカートリッジは、ヘッドシェ…

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • サン=サーンス 幻想曲イ短調 op.95
    2021/04/17 20:16
    サン=サーンス 幻想曲イ短調 op.95

     サン=サーンスのめずらしいハープ独奏曲です。 ハープを使った曲は、他にもあるようですが、ハープ・ソロはこれだけのようです。 サン=サーンス58歳の作品なので…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • カートリッジとシェルリード線の相性【WEブラックエナメル】ビンテージって何?🙄
    2021/04/17 07:03
    カートリッジとシェルリード線の相性【WEブラックエナメル】ビンテージって何?🙄

    オルトフォンのカートリッジとWEブラックエナメル・シェルリード線【知ってしまった🤭艶めかしい音】 オルトフォンのカートリッジとWEブラックエナメル・シェルリード線【知ってしまった🤭艶めかしい音】 3つのカートリッジ全てにオルトフォンの軽量ヘッドシェルSH-4 意外な組み合わせ?! オルトフォンとWEのブラックエナメル 憧れのビンテージ AT-MONO3で試すWEブラックエナメル DL-103で聴くWEブラックエナメル オルトフォンの2MREDで聴くWEブラックエナメル 【KS-Remasta】のシェルリード線 カートリッジとヘッドシェルは、4cmほどのリード線で繋がっている。 細くて短いリード…

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • 本日の「オルガン付」③ コバケン&名古屋フィル
    2021/04/16 02:51
    本日の「オルガン付」③ コバケン&名古屋フィル

     次は、ドイツ系の演奏にしようと思ってたんですが、結局これにw まぁ、日本のオケは、総じて、ドイツ=オーストリア系の音色なんで、これでも間違いではないですね。…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ストラヴィンスキー ピアノ・ラグ・ミュージック
    2021/04/14 22:05
    ストラヴィンスキー ピアノ・ラグ・ミュージック

     ストラヴィンスキーは、「火の鳥」「ペトルーシュカ」「春の祭典」の3大バレエの後、しだいに、音楽そのものに語らせる新古典主義に傾倒していきます。 そんな時に、…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ブーレーズ&クリーヴランド管弦楽団の「ペトルーシュカ」
    2021/04/11 20:20
    ブーレーズ&クリーヴランド管弦楽団の「ペトルーシュカ」

     ブーレーズのストラヴィンスキー3大バレエ、最後は、「ペトルーシュカ」です。 3大バレエの2作目にあたりますが、すでに、複調を使っていて、ハ長調と嬰ヘ長調を、…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ブーレーズ&シカゴ交響楽団の「火の鳥」
    2021/04/10 19:53
    ブーレーズ&シカゴ交響楽団の「火の鳥」

     ここで、ブーレーズの指揮するストラヴィンスキー3大バレエの音源を、3つとも紹介しようと思います。 あらためて、聴きなおすと、すべて、「春の祭典」と同じ手法で…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 今日のハルサイ③ ブーレーズ&クリーヴランド管弦楽団
    2021/04/08 23:16
    今日のハルサイ③ ブーレーズ&クリーヴランド管弦楽団

     決定盤と言われている音源の、登場です。 ブーレーズと言えば、ノーノ、シュトックハウゼンと共に、現代音楽三羽烏と言われた人で、20世紀フランスを代表する作曲家…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • デニス・ブレインのシューマン、アダージョとアレグロ
    2021/04/07 19:33
    デニス・ブレインのシューマン、アダージョとアレグロ

     シューマンの、アダージョとアレグロ変イ長調は、名曲の部類なんですが、コンサートでは、そこそこ取り上げられるけど、音源は、少ないです。 アナログ時代には、ホル…

    タケさん

    タケさんのブログ

カテゴリー一覧
商用