searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

クラシック音楽大好き

THEME help
クラシック音楽大好き
テーマ名
クラシック音楽大好き
テーマの詳細
クラシック音楽が大好きな人、集まれ!
テーマ投稿数
128件
参加メンバー
16人
管理人
ネット通販と最新ダイエット命!管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「クラシック音楽大好き」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「クラシック音楽大好き クラシックブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

クラシック音楽大好きの記事

1件〜50件

  • イーゴリ・ストラヴィンスキー
    2021/01/24 20:01
    イーゴリ・ストラヴィンスキー

     イーゴリ・フョードロヴィチ・ストラヴィンスキー(Igor Fyodorovich Storavinsky 1882-1971)没後50年です。 サンクトペテ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ヴィルヘルム・ステーンハンマル
    2021/01/23 18:48
    ヴィルヘルム・ステーンハンマル

     Wilhelm Stenhammer 1871-1927 生誕150年です。 スウェーデンのストックホルム生まれ、1887年から1892年までストックホルム…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ヤン・ピーテルスゾーン・スウェーリンク
    2021/01/20 23:20
    ヤン・ピーテルスゾーン・スウェーリンク

     Jan Pieterszoon Sweelinck(1562-1621)、没後400年です。  オランダのデーンフェンテル生まれ。 同地で、ヤン・ヴィレムス…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 【アクリル ターンテーブルマット】軽量級レコードプレーヤーの音質が重量級になる?!
    2021/01/19 00:12
    【アクリル ターンテーブルマット】軽量級レコードプレーヤーの音質が重量級になる?!

    軽量級レコードプレーヤーの救世主だったのか!?【Hudson Hi-Fi アクリルターンテーブルマット】 付属のフェルトのターンテーブルシートから【Hudson Hi-Fi アクリルターンテーブルマット】に交換した。 もちろん音質の向上を目指す為である。 実際にアクリル製のターンテーブルシートに交換した結果、想像以上に音質改善の効果があり驚いた。 軽量級のレコードプレーヤーでも使いこなしによってまだまだ音の伸びしろがある事を今回も実感した次第である。 軽量級レコードプレーヤーの救世主だったのか!?【Hudson Hi-Fi アクリルターンテーブルマット】 アクリル製ターンテーブルシート【HUD…

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • カミーユ・サン=サーンス
    2021/01/17 19:54
    カミーユ・サン=サーンス

     Camille Saint-Saëns(1835-1921)、没後100年です。 内務省官僚の家に生まれるが、父は、カミーユの生後3か月で亡くなってしまい、…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ルース・ギップス
    2021/01/16 19:46
    ルース・ギップス

      Ruth Gipps(1921-1999)、生誕100年です。 イギリスのベクスヒル生まれ。 幼少から、神童と呼ばれ、いくつもの、演奏コンテストで優勝して…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 重松先生の動画 19
    2021/01/16 10:05
    重松先生の動画 19

    私の師事している、重松先生の動画です。 他のピアノで弾くと、音など色々変わ...

    Shiho先生

    音楽の景色と共に

  • フランソワ・オーベール
    2021/01/13 20:22
    フランソワ・オーベール

      Daniel François Esprit Auber (1782-1871)、没後150年です。 フランスはカーン生まれ、祖父が、ルイ16世の画家だっ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 入野義朗
    2021/01/10 21:00
    入野義朗

     入野義朗(いりのよしろう 1921-1980)、生誕100年です。 日本で最初に、十二音音楽を作曲した人です。 旧ソビエト時代のウラジオストク生まれ。 東京…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • トマゾ・アルビノーニ
    2021/01/10 02:26
    トマゾ・アルビノーニ

     Tomaso Albinoni (1671-1751)、生誕350年です。 有名なわりに、生涯については、あまりくわしいことは、わかってないようです。 ヴェ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 【ウッドカーペット】築50年 団地の和室が高音質なオーディオルームに大変身!
    2021/01/09 00:13
    【ウッドカーペット】築50年 団地の和室が高音質なオーディオルームに大変身!

    <ルームチューニング> デッドな部屋をライブな部屋に!オーディオルームのプチリフォーム どれだけの人が自分専用のオーディオルームを持っているのだろう? 私のオーディオルームは、6畳間の和室で家族の寝室を兼ねている。 新婚当初は青々としていた畳も20年経つとボロボロになって既に限界を超えていた。 「オーディオで好きな音楽を聴く時間を音質的にも見た目にも快適にしたい!」 今回このような思いを解決するために、オーディオルームの考え方とウッドカーペットで実践したプチリフォームについて綴らせて頂いた。 オーディオルームに限らず生活空間としても活かせるかと思うので、少しでもご参考になれば幸いと思っている。…

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • マルコム・アーノルド
    2021/01/08 20:58
    マルコム・アーノルド

     毎年恒例、アニバーサリー作曲家シリーズ、今年は、この人からです。  マルコム・アーノルド(Malkolm Arnold 1921-2006)、生誕100年で…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • セル/クリーヴランドの「常動曲」
    2020/12/30 18:34
    セル/クリーヴランドの「常動曲」

     さて、また、セル/クリーヴランドのウィンナ・ワルツ集から、今度は、「常動曲」です。 これも、二ューイヤー・コンサートの人気曲で、毎回指揮者が、延々と続く曲を…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • アルバン・ベルク四重奏団の ワルツ「マリア」
    2020/12/29 18:43
    アルバン・ベルク四重奏団の ワルツ「マリア」

     今度は、ヨーゼフ・ランナーのワルツ「マリア」です。 ウィンナ・ワルツは、初期のころは、レストランやバーなどで、少人数で演奏することが多く(シュランメルンと言…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • アルバン・ベルク四重奏団の「ウィーン情緒」
    2020/12/28 20:41
    アルバン・ベルク四重奏団の「ウィーン情緒」

     さて、今度は、アルバン・ベルク四重奏団によるウィンナ・ワルツです。 まずは、シュトラウス一世の、「ウィーン情緒」。 新年恒例のニューイヤー・コンサートでも、…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • J・シュトラウスⅡ世&ヨゼフ・シュトラウス ピツィカート・ポルカ セル指揮クリーヴランド管弦楽団
    2020/12/27 18:51
    J・シュトラウスⅡ世&ヨゼフ・シュトラウス ピツィカート・ポルカ セル指揮クリーヴランド管弦楽団

     これも、生真面目に演奏してます。 ご存知の通り、全曲弦のピツィカートで、演奏されるんですが、チャーミングとかウイットとかいう言葉からは、程遠いですw でも、…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • セル/クリーヴランドの「こうもり」序曲
    2020/12/26 20:38
    セル/クリーヴランドの「こうもり」序曲

     セルの意外なレパートリーの、首位を争うものだと思います。 セルは、クリーヴランド管弦楽団と、ウィンナ・ワルツを、録音してますが、イメージが合わないのか、CD…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ヴィエニヤフスキ  モスクワの思い出  グリュミオー(vn) ハイデュ(p)
    2020/12/23 20:09
    ヴィエニヤフスキ  モスクワの思い出  グリュミオー(vn) ハイデュ(p)

     来年、アニバーサリーになる1人が、アルテュール・グリュミオー。 言わずと知れたフランコ=ベルギー派の巨匠ヴァイオリニストです。 とにかく、美音でならした人で…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ショパン 前奏曲 Prelude Op.28-15 変ニ長調『雨だれのプレリュード』
    2020/12/22 02:48
    ショパン 前奏曲 Prelude Op.28-15 変ニ長調『雨だれのプレリュード』

    ※他の曲の解説へのリンクや,作品全体の解説はこちらへ。※当サイト管理人,”林 秀樹”の演奏です。2020年11月25日録音。◆Op.28-15のみ再生◆24曲全曲再生リストショパン 前奏曲 Op.28-15『雨だれ』 概要 いよいよ前半の

    godowsky

    ショパン データベース Chopin Database

  • サン=サーンス 交響詩「死の舞踏」 プラッソン指揮トゥルーズ・カピトル国立管弦楽団
    2020/12/20 18:35
    サン=サーンス 交響詩「死の舞踏」 プラッソン指揮トゥルーズ・カピトル国立管弦楽団

     サン=サーンスも、来年、アニバーサリーを迎えます。 ただ、サン=サーンスは、作品番号が付いていないものも含めると、400曲近く作曲していて、いまだに、作品の…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ショパンの生涯 幼少期1810年0歳~1825年15歳
    2020/12/19 20:17
    ショパンの生涯 幼少期1810年0歳~1825年15歳

    ショパンの生涯-略歴-幼少期-青年期-パリ時代-サンドとの生活-晩年-死後誕生前1787年16歳のニコラス・ショパン,フランスからポーランドへ渡る。モーツァルト『ドン・ジョバンニ』プラハで上演父ニコラス・ショパンショパンの父親はニコラス・シ

    godowsky

    ショパン データベース Chopin Database

  • ストラヴィンスキー バレエ「火の鳥」 シモノフ指揮ロイヤル・フィル
    2020/12/19 18:52
    ストラヴィンスキー バレエ「火の鳥」 シモノフ指揮ロイヤル・フィル

     ここで、来年のアニバーサリー関連を先取りして紹介します。 大作曲家は、何人かいるんですが、ストラヴィンスキーも、その1人。 でも、よく聴かれる作品は、けっこ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 『英雄ポロネーズ』ポロネーズpolonaise Op.53
    2020/12/18 00:39
    『英雄ポロネーズ』ポロネーズpolonaise Op.53

    基本情報 俗称;英雄ポロネーズ この俗称は広く一般に浸透していますが,ショパン自身がつけた標題ではありません(ショパン自身は作品に標題をつけることを嫌っていました)。 作品番号;Op.53 *Op.53はショパン自身がつけた作品番号で

    godowsky

    ショパン データベース Chopin Database

  • ベト2を、ミュラー=ブリュールとネルソンで
    2020/12/16 20:15
    ベト2を、ミュラー=ブリュールとネルソンで

         さて、ベートーヴェン生誕250年の、ブログ記事も、今回で最後。 いろいろ紹介してきましたが、まだまだ、名曲名演は山のようにあります。 それはまた、7…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • HDMI接続より高音質だった!? 光デジタルケーブルで繋ぐドルビーサラウンド
    2020/12/14 07:13
    HDMI接続より高音質だった!? 光デジタルケーブルで繋ぐドルビーサラウンド

    HDMIケーブルは光デジタルケーブル接続より本当に高音質なのか? HDMIケーブルは光デジタルケーブル接続より本当に高音質なのか? ARC対応で便利になったTVとAVアンプのHDMI接続 あえて光デジタルケーブルを試す ドルビーアトモスが再生できない光デジタルケーブル ARC対応で便利になったTVとAVアンプのHDMI接続 今やテレビとAVアンプとの接続はHDMIケーブル1本で事が足りるようになっている。 それは、ARC対応のHDMI端子が備わっているテレビであれば、そこからAVアンプに向かって音声信号を送る事が出来てしまうからだ。 ARCとは、オーディオ・リターン・チャンネル (Audio …

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • ベートーヴェン 2つのオブリガート眼鏡付きの二重奏曲 変ホ長調 WoO 32
    2020/12/13 19:20
    ベートーヴェン 2つのオブリガート眼鏡付きの二重奏曲 変ホ長調 WoO 32

     またも、ベートーヴェンのレア作品です。 1796年に、友人の、ヴィオラ奏者とチェロ奏者のために書いたもので、オブリガートとは、「助奏」の意味の曲想標語ですが…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • セル&カサドシュのモーツァルト 第17番
    2020/12/12 19:25
    セル&カサドシュのモーツァルト 第17番

     これと、第15番が、このコンビの録音で、一番かえりみられないのが、すごく残念です。 もともと、モーツァルトのピアノ協奏曲は、ほとんどが、ウィーンに出てから書…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • セル&カサドシュのモーツァルト 第27番
    2020/12/09 19:38
    セル&カサドシュのモーツァルト 第27番

     いよいよ、セルの協奏曲録音の横綱登場です。 セルは、ピアンストのロベール・カサドシュとともに、モーツァルトのピアノ協奏曲録音を、1959年から始めましたが、…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ルミエ・サクソフォン・カルテット
    2020/12/06 20:47
    ルミエ・サクソフォン・カルテット

     最近、youtubeで、見つけたサクソフォン四重奏団です。 全員東京芸大卒ですが、びっくりしたのは、全員、国内で学んだだけだということ。 少し前までは、フラ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ベートーヴェンのライバル 最終回 フンメル
    2020/12/05 19:46
    ベートーヴェンのライバル 最終回 フンメル

     ライバルというより、親交を結んだ人です。 1778年と、たった8歳年下なのに、すでに、ロマン派に足を突っ込んでる人です。 まず、モーツァルトの、2年間住み込…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 【接点クリーニングと保護】 ハイコスパな高音質化手法!
    2020/12/05 02:54
    【接点クリーニングと保護】 ハイコスパな高音質化手法!

    オーディオを高音質化したいなら接点のクリーニングをしよう! 高音質を目指すなら、接点クリーニングほどコストパフォーマンスの高いものはない。 今使っているオーディオ機器を買い替えようか? 音が冴えないがスピーカーケーブルを交換した方が良いのだろうか? 自分のオーディオにイマイチ満足していないのなら接点をクリーニングしてみてから考えても遅くはないのでは? オーディオを高音質化したいなら接点のクリーニングをしよう! 接点は如何に電気信号のロスを減らすかが重要 【接点クリーニングで用意するもの】 【各接点のクリーニングの方法】 1.電源ケーブルの両端 2.RCAケーブルやXLRケーブルの両端 3.スピ…

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • ベートーヴェン ウエリントンの勝利およびヴィットリアの戦い
    2020/12/02 19:42
    ベートーヴェン ウエリントンの勝利およびヴィットリアの戦い

     ベートーヴェンの作品の中では、評価の低い作品です。 ま、ベートーヴェンとしては・・・なので、古典派の作品としては、十分水準に達してるんですけどね。 別名、「…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ガーシュイン ラプソディ・イン・ブルー オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団 アントルモン(
    2020/11/29 19:47
    ガーシュイン ラプソディ・イン・ブルー オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団 アントルモン(

    聴いて楽しいアメリカ音楽その③  ご存知、ガーシュインの、ジャズを取り入れたクラシック音楽の代表曲です。 が、実は、初演の後、なぜか、中間部を大幅にカット(3…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • グローフェ : ミシシッピ組曲
    2020/11/28 20:33
    グローフェ : ミシシッピ組曲

    聴いて楽しいアメリカ音楽② アメリカに行きたいかぁ~~~! ニューヨークに行きたいかぁ~~~~! と聞いて、ピンと来た人は、多いかな? 伝説的なクイズ番組「ア…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • モートン・グールド コラール&フーガ・イン・ジャズ
    2020/11/25 22:50
    モートン・グールド コラール&フーガ・イン・ジャズ

    聴いて楽しいアメリカ音楽① モートン・グールドのレア曲です。 ガーシュインなどが、使った「シンフォニック・ジャズ」の手法で、書かれていて、ジャズ的なフレーズや…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • 【高SN比】無垢マイクロリニア交換針 オーディオテクニカ・VM型カートリッジ
    2020/11/25 00:34
    【高SN比】無垢マイクロリニア交換針 オーディオテクニカ・VM型カートリッジ

    無垢マイクロリニア針の静けさ【AT-VM95ML】 MM型やVM型のカートリッジは針交換ができるというメリットが有る。 オーディオテクニカVM−95シリーズは、上位機種に使われている交換針と互換性があるので、カートリッジ本体はそのままで針交換でグレードアップできる楽しみがある。 今回、AT-VM95Eを無垢マイクロリニア針に交換して【AT-VM95ML】に生まれ変わったVM型カートリッジには「静けさ」という音が備わっていた。 無垢マイクロリニア針の静けさ【AT-VM95ML】 交換針が選べるAT-VM95シリーズ 簡単に出来る針交換 一聴して感じるSN比の高さ アトランティックから聴こえるMJ…

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • バイオリン伴奏してきました
    2020/11/23 17:33
    バイオリン伴奏してきました

    発表会のバイオリン伴奏してきました。 (普段からの仲の良い→)バイオリンの...

    Shiho先生

    音楽の景色と共に

  • ラムゼー 金管四重奏曲第5番  PJBE
    2020/11/22 18:39
    ラムゼー 金管四重奏曲第5番  PJBE

     貴重な19世紀後半の、ブラスの室内楽曲です。 ヴィルヘルム・ラムゼーは、デンマークに生まれ、ビオラ奏者として活躍しましたが、後半生は、ロシアはペテルブルクの…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ガブリエリ・イン・ベニス  PJBE
    2020/11/21 18:36
    ガブリエリ・イン・ベニス  PJBE

     PJBEが開拓したレパートリーの1つに、ルネサンス末期ヴェネツィアで活躍した、アンドレアとガブリエリ(叔父と甥)による器楽曲があります。 演奏された、サン=…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • VM型カートリッジ【AT-VM95E】とシェルリード線【KS-Remasata】で 〜ビル・エバンスに癒される〜
    2020/11/21 00:32
    VM型カートリッジ【AT-VM95E】とシェルリード線【KS-Remasata】で 〜ビル・エバンスに癒される〜

    オーディオテクニカ「AT-VM95E」とKS-Remasata「LW-4500LTD」の音質 アナログレコードは、意外と低価格で高音質化が図れるという事をレコードプレーヤーを導入して初めて分かった事だ。 レコードプレーヤーは、セッティングやケーブル交換などの効果がすごく明確に現れる。 それもたった4cmの細いカートリッジのシェルリード線でも音が変わる。 何故そんなに音が変わるのか? それは、「音の入り口の変化が音の出口に到達すると大きく変わる。」という事を今回も実感した次第である。 オーディオテクニカ「AT-VM95E」とKS-Remasata「LW-4500LTD」の音質 置き去りになってい…

    audiojazz

    人生を豊かにする!! ★趣味のオーディオ幸福論★ audiojazz’s blog

  • ジェルヴェーズ&アテニャン ルネサンス舞曲集  PJBE
    2020/11/18 20:24
    ジェルヴェーズ&アテニャン ルネサンス舞曲集  PJBE

     中世からルネサンス時代の音楽は、楽譜に楽器の指定がなく、音域さえ合えば、どんな楽器でもよいというものでした。 それを逆手に取り、管楽合奏や時には、弦楽合奏ま…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • フローラン=シュミット 幻影op.70
    2020/11/15 19:36
    フローラン=シュミット 幻影op.70

     フローラン=シュミット連続投稿、最後は、ピアノ曲です。 2曲からなり、 1.そして牧神は月光を浴びた麦畑のなかに横たわる 2.悲劇的騎行  からなっています…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • フローラン=シュミット スケルツォ・ヴィフ
    2020/11/15 05:40
    フローラン=シュミット スケルツォ・ヴィフ

     フローラン=シュミット43歳の時の作品です。 あるヴァイオリニストが、コンサートで演奏するために作曲されました。 これは、おおかたの人が思い描くフランス近代…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • フローラン=シュミット フルート、クラリネットとピアノのための三重奏曲
    2020/11/11 20:13
    フローラン=シュミット フルート、クラリネットとピアノのための三重奏曲

     さて、今回からしばらくは、フローラン=シュミットの室内楽、気学を、お送りします。 まずは、Fl、Cl、Pのための三重奏曲。 1940年の、70歳の時に作曲さ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ベト1(終楽章)を、小編成オケで聴きくらべ
    2020/11/09 00:13
    ベト1(終楽章)を、小編成オケで聴きくらべ

     ベートーヴェンの、第1番、第2番あたりは、ハイドンやモーツァルトあたりの作り方を下敷きに、ベートヴェン独自の発想を、加えたものなので、優に60名はいる現代の…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • セル/クリーヴランドのベト1
    2020/11/09 00:13
    セル/クリーヴランドのベト1

     今度は、没後50年の、ジョージ・セルのベートーヴェン、交響曲第1番です。 もう、ご存じのように、セルは、古典派中心の人なので、この作品など、間違いなくぴった…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • スイトナー/シュターツカペレ・ベルリンのマラ5
    2020/11/09 00:13
    スイトナー/シュターツカペレ・ベルリンのマラ5

     今年創立450年の、シュターツカペレ・ベルリンと、オトマール・スイトナーによるマーラーの交響曲第5番です。 スイトナーというと、モーツァルトやベートーヴェン…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • セル/クリーヴランドの マラ4
    2020/11/09 00:13
    セル/クリーヴランドの マラ4

     セル/クリーヴランド管のコンビで、残っているマーラー録音は、セッション録音の第4番と10番の「第1、3楽章」、ライヴ録音の第6番のみです。」 セル自身も、マ…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • エリーゼのためにいろいろ
    2020/11/09 00:13
    エリーゼのためにいろいろ

     第9や「運命」と並んで有名なベートーヴェンの作品、「エリーゼのために」。 初心者でも弾ける作品とあって、膨大な数の録音があり、さまざまなスタイルが出てきてま…

    タケさん

    タケさんのブログ

  • ヘイゼル  猫の組曲  フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブル
    2020/11/09 00:13
    ヘイゼル  猫の組曲  フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブル

     これは、ブラス・ファン、ブラス関係者には、知らぬものがないほど、大人気な作品です。 PJBEのメンバーだった、バス・トロンボーン奏者のレイモンド・プレムル作…

    タケさん

    タケさんのブログ

カテゴリー一覧
商用