弦楽器 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/05/30 17:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
銀チョコさん
  • 情報提供華(花)の周りに人は集まる 松木幸夫的思考銀チョコさんのプロフィール
  •   演奏は聴くものである前に見る要素が強くて、その姿が演奏会の全体を形作るもので。  それは当たり前だけどジャンルを問わない大事な要素で。  以前見たのは、例えばもう亡くなってしまったレオンハルトで、背の高い細い身体でしなやかにステージ中央のチェンバロの前で立ち止まり我々聴衆に向かってたおやかにお辞儀をする。  それで一躍熱のこもった熱い演奏が始まる。  また、ピアニストポリーニも例の如く少し足早

2位
銀チョコさん
  • 情報提供運動会の練習と物騒な世の中 松木幸夫的思考銀チョコさんのプロフィール
  •   今日はとてもいい天気で、家の隣の小学校では運動会の最後の練習をしている。  今は、玉入れ。  今回は赤組が勝ったみたい。  明日は雨の予報なんだけど、こういうときは予報が外れて欲しいもの。  2回戦が始まった。  白組は全然玉が入らない。  と云うことで2回戦全部赤組が勝って、現在は子供たちが玉をそれようの箱に回収して玉入れ競技は終了。  目の前の藻岩山がいい色でおいでおいでしてる。  そんな誘

3位
Miyukiさん
  • 情報提供指示通りにいかない面白さ いつもどこかに痛みを感じるバイオリン弾きのためにMiyukiさんのプロフィール
  • 学校教員をしていた頃指示が一回で通るようにそれはそれは気を配って準備していました。こんにちは!Miyukiです。きっちり説明して言ったこと以外、起きないように。そうすることで短時間でたくさんのことをスムーズにやれるように。でもその日は指示通りいかなくても面白いかもしれないよ?という体験ができました。「みんなで逆アレクサンダーをやってみよう」というエクササイズをリードさせてもらった時のことです。あるクラス
4位 Sさん
  • 情報提供実際の楽曲は応用だらけ クラシックギターを極める日記Sさんのプロフィール
  • しっかり腰を据えて練習しようと思った楽曲について、和声分析をしようと試みたことがあります。しかし、これが簡単ではないんですよね。例えばカルカッシの練習曲のように、短い曲であっても、コードネームが簡単には分からないことが良くあります。ギターの独奏曲の場合、基本的に3声までなので、声部の省略が頻繁に起こります。つまり、足りない声部を想像して補う必要があります。また、そんな少ない声部の中でも非和声音は頻
更新時刻:17/05/30 17:30現在