TOPICS

クラシック音楽鑑賞 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    ちっちゃな範囲で生きてるけどトルコ

    行った店が臨時休業だった。ほかを探すとタイ料理・・・面白そうだけどパクチーとか謎の味で食えないリスクが・・あ、トルコ料理。街の真ん中過ぎて駐車場なんかない訳だけど裏手のコインパーキングが良心的価格でよかった。もう少しとったって入るだろうとか余計なことを考えながら。入ってみると先客が席に着いたところ・・どこでもいいですよと声をかけてくれる店員さんはまた俳優みたいな外人さんで流れ的にトルコの人だろう。...

    unagi

    それでいいの

    読者になる
  • 2位

    1,2セント硬貨よ、サヨウナラ!

    今日は昼過ぎから横殴りの雨が降ったブリュッセル。午前中はちょっと最後のお土産求めに出掛けたのですが、傘を持たずに出てしまったので、濡れることなく帰って来れてラ…

    ひきりん

    ヨーロッパ発 日欧ミドルGAYカップルのツレ連れ日記

    読者になる
  • 3位

    宝くじ感覚 !? IKEAのアドヴェントカレンダー♪

     11月の終わりからクリスマスシーズン真っ只中のヨーロッパ。クリスマスマーケットやイルミネーションが始まり、雰囲気が高まって来ました。 が、我が家は今年のクリ…

    ひきりん

    ヨーロッパ発 日欧ミドルGAYカップルのツレ連れ日記

    読者になる
  • 4位

    大事なのは受け手の心なんていってみる。

    別な店に行ったのだけどこの日はちょっと縁がないみたいだった。他を探すと付近にフランス料理の店。高くて行けないと思ったけれどランチがあるらしく、そんなに高価なものじゃないような気がしたので。テーブルの上にラムネのでっかいようなのが置いてある。なんだこれ食えんのかな?その後店員さんが来て水を灌ぐとむくむく伸びてこれはお絞りでしたーみたいな演出があったらしいけどトイレ行ってて見れなかった。間の悪い客で悪...

    unagi

    それでいいの

    読者になる
  • 5位

    アラン・ギルバート指揮のハイドン:交響曲第90番 ハ長調 Hob.I:90

    ●2019年12月9日(月) 19:00 より、 東京文化会館にて、都響定期演奏会●①リスト(アダムズ編曲):悲しみのゴンドラ ②バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番 Sz.36 ★ヴァイオリン:矢部達哉③アデス:クープランからの3つの習作(2006)(日本初演) ④ハイドン:交響曲

    mp1922

    失われたアウラを求めて

    読者になる
  • 6位

    12/9(月)ギルバート 東京都響

    ハイドンの交響曲第90番のフィナーレの仕掛け 皆さんご存じのようで1回目の拍手はまばら。2回目もそれほどザワザワせず、コンマスの四方さんが「楽譜にありますよ」という仕草にギルバートが「ごめんなさい」と言って3回目 盛り上がるかと思いましたが客席の反応は意外に

    beckmesser248

    木陰の散歩道

    読者になる
  • 7位

    シューベルト「野ばら」フィッシャー=ディースカウ YouTube動画公開

    シューベルト「野ばら」フィッシャー=ディースカウ YouTube動画公開,オペラ対訳プロジェクトのメジャーな更新情報をこのブログでお知らせしています。オペラ対訳プロジェクトは、ウィキを活用してオペラのリブレット歌詞をみんなでコツコツと訳出し、日本語対訳にしてオペラファンに提供するプロジェクトです。お気に入りのアリア一節を訳すだけでも結構です。個人訳の転載も歓迎。翻訳ボランティアのご参加をお待ちしています。

    オペラ対訳プロジェクト管理人

    オペラ対訳プロジェクト広報室

    読者になる
  • 8位

    12月7日のセントレア~キャセイパシフィック航空の新塗装の77Wのワンワールド塗装機編

     皆様、おはようございます。 今日は12月7日のセントレアから、キャセイパシフィック航空の新塗装の77Wのワンワールド塗装機編をお送りします。  16時近くに…

    ukokkei

    ukokkeiの徒然草2

    読者になる
  • 9位

    家族のところへ浮気した私♪シューマン/謝肉祭Op.9

    奥さま店長はすっかりごぶさたの私を恨んでいなかったって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

    読者になる
  • 10位

    「滝花 保和 個展 ”YOU”」

    12月1日から13日までシエスタで開催されている、滝花保和さんの個展”YOU”を見て来ました。イルミナシオン映画祭のポスターなど、滝花さんの絵は色んな所で目にすることのあったのですが、失礼ながら描かれている方のことをあんまり知りませんでした。けれど今回は、たまたま行ったお店で、ご本人が個展のはがきを置きに着た処に出くわしまして・・・。その前に行ったお店で同じはがきを手にしていたりしたので、これは見に行けという事なのかな~と勝手に思ってしまったのでした(笑)。ポスターなどで見た絵も素敵なのですが、本物の絵は色の混ざり合い方がとても綺麗です。ご本人と少しお話も出来たのですが、独学で描かれているとの事で感性が豊かなんですね~。絵じゃない作品の写真とかも色々見せてもらいましたが、それもすごく素敵で、そういうのを創り出せ...「滝花保和個展”YOU”」

    なつなつ

    なつなつのお気楽日記

    読者になる
  • 11位

    晴れています… ~ ベトベン「ディアベリ変奏曲」続 

    Guten Morgen!!今朝も、目が覚めたような気がしますよきっと目が覚めているような… 息もしているような…そのことに感謝です11度です晴れてきています 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ。とかくに人の世は住み

    rudolf2006

    葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでち

    読者になる
  • 12位

    フィンランドと日本の違い

    Do you really dream of jumping sheep? <br>(ども 火星人です。株は、やってないお)

    stravinspy

    Martian Official Weblog

    読者になる
  • 13位

    ゲルギエフ、五嶋龍、マリインスキー歌劇場管弦楽団

    音楽と本について格調低く語る

    芳野達司

    究極の娯楽「古典音楽の毒と薬」

    読者になる
  • 14位

    カラヤン&ベルリンフィル チャイコフスキー交響曲第5番

    ともやんの膨大なコレクションからこれ!という名盤をご紹介します。

    ともやん

    クラシック名盤

    読者になる
  • 15位

    音量差、温度差

    映画館の音響というと、衝撃音はもとより、銃をセットする音、ドアを閉める音、アタッシュケースを開ける音等々、いちいち派手である、それが迫力、メリハリになっている^^;  TVを買ったとき家電店に薦められてスピーカー内蔵の

    michael

    Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

    読者になる
  • 16位

    メンデルスゾーン、ブルッフ ヴァイオリン協奏曲/ミルシテイン、スタインバーグ、ピッツバーグ交響楽団

    このような中古レコードを手に入れた。録音は1953年ごろなので65年以上前...

    黄金のアンコール

    音楽あれこれ

    読者になる
  • 17位

    YouTubeでいろいろな新世界。

    夏場に川崎にてドヴォルザークの新世界をナマで聴いたら(今更)たいそういい曲だなと...

    naoping

    音源雑記帖

    読者になる
  • 18位

    アンヌ・ケフェレックのピアノ協奏曲XVIII:4(ハイドン)

    最近ディスクユニオンで見つけたLPです。香りたつようなケフェレックのピアノが味わえる名演奏。アンヌ・ケフェレック(Anne Queffélec)のピアノ、アルミン・ジョルダン(Armin Jordan)指揮のローザンヌ室内管弦楽団(Orchestre de Chamble de Lausanne)の演奏で、ハイドンのピアノ協奏曲2曲(Hob.XVIII:11、XVIII:4)を収めたLP。収録は1981年11月、スイス、ローザンヌのカジノ・ド・モンブノン(Casino de Montbenon)...

    Daisy

    ハイドン音盤倉庫 - Haydn Recordings Archive

    読者になる
  • 19位

    クレンペラー バレンボイム ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番

    クレンペラーというとテンポが遅いと思っている人が多いですが、若い頃のクレンペラーは速いテンポで即物的な演奏した人です。ただ、50年代後半の大やけど事件以来、テンポが遅くなり、多分身体的な問題もあるのでしょうが、それまでの刻明に即物的な表現が、テンポが遅くなることで、細部までの刻明さが深くなり感銘も大きくなりました。

    ともやん企画

    クラシック名盤 巨匠たちの響き

    読者になる
  • 20位

    ザ・ポール・ウィナーズ

    音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。中年サラリーマン道楽人生成れの果て

    マエストロ・与太

    六弦音曲覗機関

    読者になる
  • 21位

    遅くなっています… ~ メンデルスゾーン「前奏曲とフーガ」作品35-1  

    Guten Morgen!!今朝も、目が覚めたような気がしますよきっと目が覚めているような… 息もしているような…そのことに感謝です8度です晴れてきています 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ。とかくに人の世は住みに

    rudolf2006

    葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでち

    読者になる
  • 22位

    ウィグルスワース指揮のマーラー:交響曲 第1番 ニ長調「巨人」

    ●12月8日(日曜日)14時より、サントリーホールにて、東京交響楽団定期演奏会●①モーツァルト:ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K.491 ★ピアノ:マーティン・ジェームズ・バートレット②マーラー:交響曲 第1番 ニ長調「巨人」①初めて聴くピアニスト。まだ22歳前後。クリアは

    mp1922

    失われたアウラを求めて

    読者になる
  • 23位

    迷路の中で

    先日行ったのとは全然違う場所にある別荘地に分け入りあるカフェを目指すのだけれど、山肌に大規模に展開した別荘地は複雑な迷路のようになっており公道ではないからかカーナビはなんとなくの近くまでしか案内できませんとか言ってる。地形の影響でかスマホの現在地表示も位置が確定せずここかな?あれここかなとスマホ自体がふらふら迷っていた。昔だったらこんなところに店を出しても絶対に成り立たないんだろうけどスマホな今は...

    unagi

    それでいいの

    読者になる
  • 24位

    キプロスのパンは安くて美味しい。

    2019年12月07日(土) キプロスの港湾都市パフォスのスーパーマーケットでお買い物をしました...

    二へドン

    ドンドン日記

    読者になる
  • 25位

    2200系2233・2234F(いずれも特別車のみ)名鉄搬入

     今夜は仕事帰りに、大江駅で途中下車しました。  側線を見るとEL120形電気機関車が止まっていて、その後ろには昨日豊川の日本車輛の工場を出場して今日名鉄に搬…

    ukokkei

    ukokkeiの徒然草2

    読者になる
  • 26位

    本井英主宰近詠鑑賞。「夏潮」2019年12月号

    虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

    前北かおる

    俳諧師 前北かおる

    読者になる
  • 27位

    大阪歴史紀行 堺アルフォンス・ミュシャ館編

    堺市役所展望ロビーの高みから百舌鳥古墳群を眺めやったのち、それでは古墳群を訪ね歩いて…ということにも魅力は感じつつも、今回の訪ねどころはそればかりではないもの…

    josh

    此処彼処見聞控〜ここかしこみききのひかえ

    読者になる
  • 28位

    フルトヴェングラー:「第九」VPO 1951 (LP)

    今はさっぱりだが、昔は結構、恒例行事とか歳月の節目を意識していた。 3月までは自治会役員で嫌が上にも行事に付き合ったが、今年2月、カレンダーの書き込みはこんな有り様だった、今月とえらい違い;暮れは大まか掃除を済ませ、年末年始のTV番組(紅白を除く)、N響のベートーヴェン「第九」の放送も見ていた、第三楽章になると、一年の垢が清められる気分だった、O.スウィトナーが指揮した頃などじっくり集中して聴いた、(動...

    michael

    Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

    読者になる
  • 29位

    12月8日のセントレア(速報版)

     皆様、おはようございます。 昨日は、午後セントレアへ足を運びました。  アクセスプラザからT1の出発階に入ると、ベートーヴェンのお出迎えを受けました。  ス…

    ukokkei

    ukokkeiの徒然草2

    読者になる
  • 30位

    お土産探しの一日の終わりに紫色の空♪

    昨日の金曜の午後から今日土曜一日は、日本への帰国のためのお土産探しの日として費やしました。 “探し”と言っても、ある程度目星は付けてはいるので、空振りはほとん…

    ひきりん

    ヨーロッパ発 日欧ミドルGAYカップルのツレ連れ日記

    読者になる
  • 31位

    ベートーヴェン 交響曲第3番 ワルター、コロムビア交響楽団(7SACD+2CD ベートーヴェン:交響曲全集から)

     2019年11月に発売されたステレオ録音のワルター/コロムビア交響楽団のベー...

    黄金のアンコール

    音楽あれこれ

    読者になる
  • 32位

    反社会政権

    Do you really dream of jumping sheep? <br>(ども 火星人です。株は、やってないお)

    stravinspy

    Martian Official Weblog

    読者になる
  • 33位

    Schlose Elmau/ブラッドメルドー

    ジャズピアニスト、ブラッドメルドーとの出会いはアルバム「places」当時ジャズ雑誌スイングジャーナルで絶賛されていたので購入しました。光と影が交錯するようなメルドー節にやられてしまいました。次々とメルドーのアルバム購入しました。アルバム「Pla

    みっちゃん

    音楽大好き♪

    読者になる
  • 34位

    PL MUZA XL0168 オレグ・クリサ チャールズ・トレーガー ロバート・サタノウスキ ワルシャワ・フィル 1962ヴィニャフスキー国際コンクール本選

    ソ連・東欧の独壇場で米国人が活躍することなどなかった1960年代に、トレガーの優勝は、チャイコフスキーコンクールを制したクライバーンに匹敵するだろう。

    fm-woodstock

    100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコード

    読者になる
  • 35位

    ヤンソンス ブラームス交響曲全集より

    こんにちは。ともやんです。マリス・ヤンソンスが、11月30日に他界されました。享年76歳。長寿の多い指揮者のなかでは、76歳はまだまだと思いますが、惜しい人を…

    よしお

    クラシック よしおの日記

    読者になる
  • 36位

    自然体でロマンティック、最もオーソドックスなスウィトナーのブラームス

    スウィトナーはブラームスをロマン主義的作曲家の範疇でとらえているようで、近年ブラームスの交響曲はこうしたロマンティックなスタイルで演奏されて大きな成功を得られる傾向が強いが、スウィトナーの解釈は極めて自然で人工的なところがない。第1番フィナーレの

    karajan

    クラシック音楽ぶった斬り

    読者になる
  • 37位

    RO ELECTRECORD ST-ECE01700 ローラ・ボベスコ イラリオン・イオネスコ=ガラティ ブカレスト放送管弦楽団 サン=サーンス ヴァイオリン協奏曲3番、序奏とロンド・カプリチオーソ

    ローラ・ボベスコは日本でもマニアから絶賛され来日もあったにもかかわらず、残された録音は限られたものでした。本盤は貴重かつ一級のオーディオファイル盤。

    fm-woodstock

    100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコード

    読者になる
  • 38位

    ニューリバーロードレース。

    虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

    前北かおる

    俳諧師 前北かおる

    読者になる
  • 39位

    バッハ「ブランデンブルク協奏曲第2番」【名盤解説】スカッと明るい朗らかさを楽しもう!

    長雨のあとの、太陽のまぶしい光を、喜び勇(いさ)んで浴びてみよう! ブランデンブルク協奏曲第2番 カール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団 (youtubeをポチって音楽を聴きながら読んでみてくださいね。”iPhoneの場合は全面表示されてしまったら2本指で内側にむけてピンチインしてください。”) 「憂うつだな〜、また1日の始まりかあ、『仕事、嫌だな〜。』」そんなことを思いながらの環状運転の電車内。乗換駅に着いても降りもせず、グルグル、グルグルとまわる電車に身をゆだね…。そんな意味のない時間をウダウダと無駄に使っている。そして、時がたつと共にサラリーマンやOLは減っていく。席も空いたので…

    アルパカ新一

    幸福なアルパカblog

    読者になる
  • 40位

    消えた名簿♪シューマン/ミサ・サクラ

    探すより打っちゃった方が速いって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

    読者になる
  • 41位

    雀の要塞第2号

    Do you really dream of jumping sheep? <br>(ども 火星人です。株は、やってないお)

    stravinspy

    Martian Official Weblog

    読者になる
  • 42位

    アレクサンダー・リープライヒ指揮の R.シュトラウス:交響詩《英雄の生涯》 op.40

    ●12月7日(土曜日)14:00より、サントリーホールにて、日本フィル定期演奏会● ①モーツァルト:歌劇《ドン・ジョバンニ》序曲 ②ルトスワフスキ:オーケストラのための書③R.シュトラウス:交響詩『英雄の生涯』op.40★今年3月、初共演ながら、再度共演。珍しい。1年以内に

    mp1922

    失われたアウラを求めて

    読者になる
  • 43位

    12/7(土)第2じゃない!第1

    来週の予定をチェックしていて、都響のコンサートは確か矢部コンマスがバルトークの協奏曲を弾くんだったがハテ何番だったか・・・傑作2番だろうな。ところが調べてみると1番。ナヌ!どんな曲だったか、MIDORIのCDがあった筈。聞いてみると矢張り2番のほうがピンとくるか

    beckmesser248

    木陰の散歩道

    読者になる
  • 44位

    ミサ曲 ハ短調(孤児院ミサ) K.139 (47a)(12月7日)

    ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト日別で聞きたい曲 年代記・整理

    杉板くん

    杉板くんの日めくりモーツァルト

    読者になる
  • 45位

    クレンペラー おすすめ ブルックナー交響曲第4番”ロマンティック”

    一見、不器用そうな方ですが、レパートリーはバッハから現代音楽まで幅広くあり、録音もそれなりに多岐に。ブルックナーも重要なレパートリーで、クレンペラーのブルックナーが凄い!という声はあまり聴きません。フィルハーモニア管弦楽団、ニュー・フィルハーモニア管弦楽団とのステレオ録音では、第4番から第9番までの6曲が残されています。

    ともやん企画

    クラシック名盤 巨匠たちの響き

    読者になる
  • 46位

    フルトヴェングラー:「運命&amp;未完成」1954 Paris

    まず余談となるが、最初期のレコード録音に関する事を過去記事:シュトローヴァイオリン で書いたことがある、音の経路に電気の補助が一切なく、真にアクースティックな録音法だった、 フルトヴェングラーの時代には勿論、マイクロフォンはじめ現在の基盤となる電気を使った録音だが、戦中と戦後しばらくは音響技術開発のゆとりはなかっただろうか、先日の1947年録音の「運命」もゴリゴリした歪みはやむを得なかった、1950年代に...

    michael

    Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

    読者になる