TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

クラシック音楽鑑賞 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    いいから

    世の中敵だらけだ。誰にも・・みたいな気分で帰宅すれば寝そべった犬がしっぽを振ってくれているのが目に入る。よしとか言えばすっ飛んできてひっくり返って甘えてくれて・・犬の血尿は薬でおさまり、検査の結果もまあ大丈夫でしょうとのこと。よかった。それで自分は絶食指示を伴う採血予定日の朝、早く起きたはいいけど寝ぼけながらコーヒー牛乳を飲んじゃったことにしばらくたってから気付く。なにやってんの。内緒でいっちまお...

    unagi

    それでいいの

    読者になる
  • 2位

    行ってみたかった

    晩飯を食ってる最中に嫁さんが、ブログにどんなこと書いてるの?書いてないよ。・・・・・・・・あなたのことは多分私よりブログを見てる人の方が良く知っているはず。私には何にも喋ってくれてないんだよみたいなことを言った。あなたなんて言わないけど。言っていることはよくわかる。だけど、じゃあと口を開いてみれば何かがペラペラ出てくるとかいうもんでもない。家のそばからその山へ向かって伸びる道があり、幼いころからあ...

    unagi

    それでいいの

    読者になる
  • 3位

    何かもう駄目な感じが・・

    Do you really dream of jumping sheep? <br>(ども 火星人です。株は、やってないお)

    stravinspy

    Martian Official Weblog

    読者になる
  • 4位

    頭のおかしい人と蛍の光

    湧水が流れとなって・・蛍を守るため場を荒らさないで!みたいな看板があるとこ。ああここならいるかもね。だけどこんなところに夜来たら犯罪に巻き込まれそうだな。あでもそういうときは人がいっぱいで祭り状態なのか。なおさら来れないな。そんなこと考えながらカニさん登場。逃げずにこっちをずーっと見つめてたりして。幼い頃、近所の夏祭りの明かりや音に誘われ行きたいと訴えると両親はそろってそんなものに行きたいというお...

    unagi

    それでいいの

    読者になる
  • 5位

    6月に入りました… ~ ベトベン「弦楽四重奏曲第1番」  

    Guten Morgen!!今朝も、目が覚めたような気がしますよきっと目が覚めているような… 息もしているような…そのことに感謝です21度です(7:16)晴れてきそうです6月に入りました今朝は歩いて お医者さんに行く予定ですのでありがたいです智に働

    rudolf2006

    葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでち

    読者になる
  • 6位

    ケルテス、スイス・ロマンド管弦楽団、ショスタコーヴィチ"革命"

    音楽と本について格調低く語る

    芳野達司

    究極の娯楽「古典音楽の毒と薬」

    読者になる
  • 7位

    「四季の杜公園へお散歩。」

    今日は四季の杜公園に行って来ました。気持ち良いくらいの快晴で、夏を思わせるくらいの気候です。遠くに五稜郭タワーも見えました。今日は快晴のせいか親子連れが多かったですが、わたしはいつもの様に真っすぐ人が少ない奥の森の方へ・・・。先月よりかなり緑が濃くなっていました。気持ち良いな~。と思って眺めていると、木に白いお花の様なものが付いているのに気が付きました。この木あちこちにいっぱいありました。後で四季の杜のHPを見てみたら、ウワミズザクラっていう桜の種類みたいです。こんな桜もあるなんで面白いですね~。他にも葉っぱだけだと思っていた植物たちをよく見たら、お花らしきものが付いているものを次々見つけ出しました。ほら先っぽに小さな白い花が・・・!これはマイズルソウみたい。先っぽのつぶつぶなお花が可愛らしいです。これはけっこ...「四季の杜公園へお散歩。」

    なつなつ

    なつなつのお気楽日記

    読者になる
  • 8位

    トスカニーニ 名盤 メンデルスゾーン交響曲”イタリア””宗教改革”

    トスカニーニは、1867年生まれなので、このメンデルスゾーンの「イタリア」を録音した1954年2月当時は、すでに86才の高齢でした。しかもこの年の4月には最後のコンサートを行って、またこの時の録音が、涙無くして聴けないのですが、このイタリアは、そのラストコンサートのわずか2か月前の録音なんですね。

    ともやん企画

    クラシック名盤 巨匠たちの響き

    読者になる
  • 9位

    プッチーニ:歌劇『ボエーム』歌唱:ドイツ語 ハイライト(西独初期盤LPレコード)

    配役ピラール・ローレンガー(ミミ)シャーンドル・コンヤ(ロドルフォ)リタ・...

    黄金のアンコール

    音楽あれこれ

    読者になる
  • 10位

    クラシック音楽の中でいちばん元気なカッコウは?♪ブリテン/春の交響曲

    根暗のカッコウは好きじゃないって話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

    読者になる
  • 11位

    5/31(日)wowowドラマ

    宣言は解除されたものの演奏会の見通しは立っていません。N響は9月以降の発券を延期するようですし新国や二期会から中止の案内が届き「お先真っ暗」というこのごろ。レベル的にマッチしている「おもてなしの英会話 即レス」は収録分を使い果たし明日からしばらく4月の再

    beckmesser248

    木陰の散歩道

    読者になる
  • 12位

    岡山フィルの第九は別プログラムに変更

     やはりというか、仕方がないですが、岡山フィルから早々と今年の第九を中止し、別プログラムへの変更が発表されています。  岡山フィルのfacebook  合唱については、国内でもクラスターが発生していますし、オランダではアムステルダム・コンセルトヘボウでのヨハネ受難曲のコンサートで合唱団130人中102人が発病し、4人が死亡するという巨大クラスターが発生しています。 学生合唱団のような感染リスクが低く、均一性の高い集団の合唱団であれば、対策を講じれば開催は可能かもしれませんが、第九の合唱団は高年齢者も多そうだし、様々な職域の人々が集まった合唱団なので、感染リスクの管理は不可能でしょう。ワクチンや抗ウイルス薬が流通するようになるまで開催は難しいのではないでしょうか。  第九の代替プログラムは、指揮者は当初予定されていた川瀬賢太郎氏で、ベートーヴェンの交響曲第5番と第7番ということで、..

    hironominV

    天井桟敷のつぶやきVer2.3

    読者になる
  • 13位
    読者になる
  • 14位

    あのかつての大物俳優がお住みになっている?♪デュリュフレのオルガン曲

    ふつうなら春休みって3月じゃないかなって話

    MUUSAN

    読後充実度 84ppm のお話

    読者になる
  • 15位

    Sommer-Neuheiten 2020

    昨日メルクリン社から今夏の限定品 Sommer-Neuheiten 2019 が発表になりました。 Zゲージの新製品は、4製品と今年は少し寂しいラインアップです。

    kashy

    kashy's ToyBox

    読者になる
  • 16位

    ショスタコーヴィチ「交響曲第7番《レニングラード》」

    まずはダイジェストで聴いてみよう! 激しく咆哮する金管楽器、弦楽器がかき鳴らす旋律の間を木管楽器が吹きすさぶ嵐のように駆け巡ります。 まずは第4楽章をダイジェストで聴いてみましょ...

    piccolo

    気軽にクラシック!

    読者になる
  • 17位

    ルーチェ~お店やってます。ランチに気分あげ

     ルーチェのランチ 新型コロナウイルス禍でパスタのテイクアウトを始めたそうですが、ランチも少人数で提供しているようです。 10周年を迎えられたそうであり、記念のタオルをいただきました。おめでとうございます。  静かな店内 お客さまを少なくして感染防止に努め

    広太家

    ぶらり金沢駅

    読者になる
  • 18位

    スワニルダのヴァリエーション、ドリーブ バレエ「コッペリア」

    スワニルダのヴァリエーション、ドリーブ バレエ「コッペリア」,お気に入りの音楽、バレエ、オペラの紹介です。

    イオ

    イオのお気に入りクラシック

    読者になる
  • 19位

    「運命」の動機

    絶対音楽とすべきクラシック音楽にも副題を持つ作品は多い、副題がまさに作品の真意を表わしたものもあれば、軽い愛称程度の場合もある、作品数が多ければ番号より副題のほうが「あの曲だ」と憶えやすい、 日本では今もベートーヴェンのSym No.5には「運命」というサブタイトルが定着している、根拠はベートーヴェンの弟子、アントン・シンドラーが残した「ベートーヴェンの会話帳」に「運命はかく扉を叩く」という動機の意味を師...

    michael

    Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

    読者になる
  • 20位

    フタコさん 右脳左脳を語る

    フタコ:わかったわ!今のクラシック音楽を聴いて足りないのは「右脳」の感覚なのよ!ミコト:はぁ、最近あまり言われなくなったけどね、右脳左脳って。音楽は右脳で感じるっていうよね、左脳は、どちらかというと論理的思考とか。フタコ:そう!音符を正確に弾くとか、正し

    リョウタ

    クラシック フタコトミコト

    読者になる
  • 21位

    ヘルマン・プライの「白鳥の歌」(1997/サントリーホール)

    シューベルトが仲間たちと自作を演奏する集いが由来の「シューベルティアーデ」と題してシューベルトの200回目の誕生日である1月31日を中心に、プライ自身の企画によってサントリーホールでシューベルトの歌曲だけの6回のリサイタルシリーズが組まれた。3大歌曲集に加え、詩人に焦点を当てたリサイタルが行われる意欲的なプログラムのうち、第3回のゲーテの詩による歌曲を集めたリサイタルと、「白鳥の歌」を歌った最終回のリサイタルを聴いた。どちらも感銘深い素晴らしいリサイタルだったが、ここではハプニングも起きた後者のリサイタルの感想を挙げておく。pocknのコンサート感想録アーカイブス~ブログ開設以前の心に残った公演~1997年2月5日(水)ヘルマン・プライ(Bar)/ミヒャエル・エンドレス(Pf)~シューベルティアーデⅥ.最晩年の...ヘルマン・プライの「白鳥の歌」(1997/サントリーホール)

    pockn

    facciamo la musica!

    読者になる
  • 22位

    NHK朝ドラ「エール」の今後に期待 - 言葉とは「あべこべ」な本心を隠す「椿姫」(ラ・トラヴィアータ )

       スケルツォ倶楽部 Club Scherzo  ⇒ 全記事タイトル All Titlelist NHK朝ドラ「エール」の今後に期待 - 言葉とは「あべこべ」な本心を隠す「椿姫」(ラ・トラヴィアータ )  こんにちは、 “スケルツォ倶楽部”発起人です。 新型ウィルスの世界的な拡大は 国内のあらゆる生産活動にも波及し、とうとうNHKも今年の大河「麒麟がくる 」を 6月7日(第21回)をもって、また朝ドラ「エール」も 6月27日(第13週)の放送をも...

    “ スケルツォ倶楽部 ” 発起人

    スケルツォ倶楽部 Club Scherzo

    読者になる
  • 23位

    シュナイダーハン、ヨッフム、ベートーヴェン"ヴァイオリン協奏曲"

    音楽と本について格調低く語る

    芳野達司

    究極の娯楽「古典音楽の毒と薬」

    読者になる
  • 24位

    小雨です… ~ シュトラウス「バラの騎士」 

    Guten Morgen!!今朝も、目が覚めたような気がしますよきっと目が覚めているような… 息もしているような…そのことに感謝です19度です(8:38)朝から雨模様です智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ。とかくに人の世は

    rudolf2006

    葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでち

    読者になる
  • 25位

    G.T.ホルスト : 組曲「惑星」(6)/ジェイムズ・レヴァイン(1989)

    「火星」最初の立ち上がりからドラ(英語圏ではゴング)がグワーンと響き渡り、戦慄を覚えるような力技で攻めて来るレヴァインの「惑星」は飛び抜けて明快で爽快さを放ちます。シカゴ響のここぞという時の音圧は抜けの良さを伴う、広いレンジに渡り鳴り響く特徴が感じられるのですが、これは金管、木管、打楽器群に渡る全体が力強く響くと言う力技だけでは鳴らせない技量を持つのだと思います。この演奏では金管群の統制された並外れ...

    よしな

    よしなの音楽帖

    読者になる
  • 26位
    読者になる
  • 27位

    宿 私にとってこの演奏でなければならない理由(5)

    多くの「冬の旅」を聴いて来た中に、それまでに感じた事もない世界、そう、私の心がざわめき、心が泣いて、無を感じ、やがてそれら全てを越えたところに存在する安らぎを見出す演奏があります。まるで旅の終着駅のように何もかも越えてきた最後に見出す、いえ、それはずっと私が辿り着くのを、そう、私だけを律儀に待ってくれていた優しい居場所というものなのかも知れません。・・あっ♡多くの作品の中で特別な意味を持つ作品、そ...

    よしな

    よしなの音楽帖

    読者になる
  • 28位

    説明なしでも大丈夫

    説明なしでも大丈夫,知られざるオペラのメッカ、チューリッヒ歌劇場に、ほとんど毎週通っていた、ちょいと風変わりなオペラ大好きピアノ弾きのつぶやき♪

    KIKLKM

    恋するオペラ

    読者になる
  • 29位

    八千代句会。

     昨日は、八千代句会がありました。まだオンラインでの開催が続きます。  草波にはこばれさうな夏木かな※今月12回目、今年46回目。...

    前北かおる

    俳諧師 前北かおる

    読者になる
  • 30位

    平和(アダージョ)、ドリーブ バレエ「コッペリア」

    平和(アダージョ)、ドリーブ バレエ「コッペリア」,お気に入りの音楽、バレエ、オペラの紹介です。

    イオ

    イオのお気に入りクラシック

    読者になる
  • 31位

    ティントナー ハイドン交響曲第103&104番

    ともやんの膨大なコレクションからこれ!という名盤をご紹介します。

    ともやん

    クラシック名盤

    読者になる
  • 32位

    日記 : 4か月振りの外食

    先週、久しぶりに外食した。何と4か月ぶりである。厳密にはその間、立ち食いソバを食べている(1回だけ)のであるが、店で着席してオーダしての食事は、ほんとに4ヶ月振りであった。今年の始めは、こんな状況になるとは。夢にも思っていなかった。列車は4月よりも乗車する人は増えていたが、みんなマスクをして車内はほんとに静かである。外食した時間帯は、正にランチタイムであったのであるがテ…

    plenic9

    なむばしだ

    読者になる
  • 33位

    G.T.ホルスト : 組曲「惑星」(7)/ジョン・エリオット・ガーディナー(1994)

    シルクのような心地良い弦の響きと、空間に舞う金粉が輝くような金属打楽器の美しさ等、その音の良さが際立つ演奏ですが、ガーディナーは一見薄味に見えて、実に細やかなアーティキュレーションを施しているのが微細な音まで分離・録音されて鮮明に聴きとれるという楽しさも持ちます。1918年にボールト指揮で初演されたこの作品はガーディナーの大おじヘンリーがスポンサーとなっていたそうで、ジョン・エリオット自身もホルストの...

    よしな

    よしなの音楽帖

    読者になる
  • 34位

    GB EMI ASD3555 イツァーク・パールマン ダニエル・バレンボイム パリ管弦楽団 ヴュータン ヴァイオリン協奏曲4番&5番

    熟しきった果実のように、香り高いこの音楽、哀愁と激情を弾きあげて、いまパールマンはすごい。ヴァイオリンの神童に挑む30歳代前半の若きパールマンの快演。

    fm-woodstock

    100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコード

    読者になる
  • 35位

    シューリヒトのワグナーアルバム

    音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。中年サラリーマン道楽人生成れの果て

    マエストロ・与太

    六弦音曲覗機関

    読者になる
  • 36位

    鶏卵の誉れ(なんか違う)

    鶏卵の誉れ(なんか違う),知られざるオペラのメッカ、チューリッヒ歌劇場に、ほとんど毎週通っていた、ちょいと風変わりなオペラ大好きピアノ弾きのつぶやき♪

    KIKLKM

    恋するオペラ

    読者になる
  • 37位

    句帳の清書 2019年9月

     9月1日 夏潮稽古会 志賀高原別れむとすれば蛍火高く舞ふ思ひ出の次から次へ吾亦紅吾亦紅けさの足湯は熱すぎて青淡きとんぼ紅濃きとんぼふがふがと木道踏めば懸巣鳴くかりがねの旅団を未だほどかざる早稲の香や朝の花火を五六発 9月2日 同前朝食に戻る熊鈴月見草稜線の三本松も天高し山荘のジープの錆びて月見草渋池の竜胆低し斑入りなるはらはらと秋雨いたる山の池岩菖蒲一花一花に紅点じ雨止みて日差もすこし吾亦紅木戸口に...

    前北かおる

    俳諧師 前北かおる

    読者になる
  • 38位

    JasonBrown選手が出演・ジョーダンさんのYouTubeライブ

                JasonBrown選手が出演        ジョーダンさんのYouTubeライブリンク上で間近に選手の演技映像を撮影されている、On…

    あび22号

    あび22号の雑学備忘録「勝手に店子連」(かってにたなこれん)

    読者になる
  • 39位

    Jason&ヨリク、オリンピアンによるブートキャンプ

          Jason&ヨリク、オリンピアンによる                        ブートキャンプ閉鎖中のリンクがまだ多いですが、スケーターの皆…

    あび22号

    あび22号の雑学備忘録「勝手に店子連」(かってにたなこれん)

    読者になる
  • 40位

    黒鳥のパ・ド・ドゥ「白鳥の湖」ボルチェンコ、レベジェフ、ミハイロフスキー劇場

    黒鳥のパ・ド・ドゥ「白鳥の湖」ボルチェンコ、レベジェフ、ミハイロフスキー劇場,お気に入りの音楽、バレエ、オペラの紹介です。

    イオ

    イオのお気に入りクラシック

    読者になる
  • 41位

    H.グリモー:Mozart piano con No.23

    モーツァルトの特に晩年の作品など内面性が深いせいか、名曲とはわかっていても、気安く聴けない曲もある、 ピアノ協奏曲No.23は晩年ではないが、予約演奏会のために連作された1つ、両端楽章は明るい、が、嬰ヘ短調の第2楽章が救いようのないほど悲痛である、明るい中間部もしばしの小康状態といった感じ、シチリアーナのリズムを持ち、ピアノソロで開始するが、[2]の低音E♯がやるせなく響く、[12]からのtuttiテーマはclが目立つ...

    michael

    Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

    読者になる
  • 42位

    公共の場だからこそ注力したい♪チャイコフスキー/花のワルツ

    清水のサルビアのメンチはおいしかったっていうのとは別な話

    MUUSAN

    新・読後充実度 84ppm のお話

    読者になる
  • 43位

    次の波が来る前に

    娘が里帰り出産をして、休養を取っていましたが、一か月健診が終わった後、すぐに自宅に帰ることになりました。新型コロナの第一波が一応収束したというところを見計らって、次の波が来る前にというところでしょう。いろいろと不手際もあり、何と言っても、もう若くない母親なので、あまり頼りにならないと本人も踏ん切りがついたのでしょう。私が娘を生んだ時も、一か月健診でOKが出たということで、実家にお礼を言って帰りました。お産も育児方法も、時代とともに変わっていき、若くない母親は頼りにならないのでしょう。それでも、里帰り出産を選んでくれて嬉しかったです。次の波が来る前に

    にゃんこままの部屋

    にゃんこままの部屋

    読者になる
  • 44位

    差別と警察の暴行とデモ(含む日本)

    Do you really dream of jumping sheep? <br>(ども 火星人です。株は、やってないお)

    stravinspy

    Martian Official Weblog

    読者になる
  • 45位

    SACDサラウンド・レビュー(856)

    Brahms Piano Quartet No. 1 & Academic Festival Overture CC72831 Claudio Vandelli/Würth Philharmoniker 録音 2019年6月 Challenge Classics ブラームス: ・ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 Op.25(シェーンベルク編曲管弦楽版) ・大学祝典序曲 Op.80 クラウディオ・ヴァンデッリ( Claudio Vandelli ,1967年~)はイタリア、ミラノ生まれの指揮者。ピアノ、クラリネット、指揮をミラノで学び、その後イギリスのクラリネット奏者アントニー・ペイ(Antony Pay)にクラリネットを、指揮をセルジュ・チェリビダッケ(Sergiu Celibidache)やカルロ・マリア・ジュリーニ(Carlo Maria Giulin)など..

    たーちゃん

    たーちゃん’S Blog

    読者になる
  • 46位

    ドストエフスキー原作の『カラマーゾフの兄弟』を読む(その4.12-1)

    第4部第12編    誤審1 運命の日(414~429ページ)✤この章は、冒頭から語り手ドストエフスキーが前面に出て来るので、面白い上、時事問題に関心の深かったドストエフスキーの面目躍如的な記述も多い。   ✤朝10時、ドミートリー・カラマーゾフに対する公判が始まった。

    mp1922

    失われたアウラを求めて

    読者になる
  • 47位

    モーツァルト交響曲全集 山形交響楽団&飯森範親

    こんにちは、よしおです。 山形交響楽団は、1971年山形県出身の指揮者村川千秋によって準備オーケストラが組織され、翌1972年東北地方では初めてのプロ・オーケ…

    よしお

    クラシック よしおの日記

    読者になる
  • 48位

    暑くなりそうです… ~ ハイドン「交響曲第87番」  

    Guten Morgen!!今朝も、目が覚めたような気がしますよきっと目が覚めているような… 息もしているような…そのことに感謝です24度です(9:33)晴れています来週は6月ですか…智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ。

    rudolf2006

    葉っぱに埃がついたので水をかけて払ってやったでち

    読者になる
  • 49位

    G.Holst:組曲「惑星」 (2枚)

    冥王星が発見されたのは1930年で、グスタフ・ホルストが組曲「惑星」を書いた後の事で入っていない、 作曲家コリン・マシューズにより冥王星(再生の神)が追加されたが、you tube:Pluto, the Renewer2006年の国際天文学連合総会において「惑星」の定義が定められ、冥王星は「準惑星」に格下げになった、理由は冥王星が直径2370kmと非常に小さく(月以下)、同サイズの天体がさらに遠くを廻っており、冥王星だけ惑星扱いにできな...

    michael

    Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

    読者になる
  • 50位

    スーパーへ買い物に行くと

    コロナウィルス流行による緊急事態宣言も各地解除の方向へ。スーパーへ買い物に行くと、お客は、マスクなしの人も出てきました。日中の暑さも手伝ってきたからでしょうか・・・もうすぐ、梅雨に入りますが、その前の晴れ続きの今日。連日の山のような洗濯ものも乾きの速さに助かっています。スーパーへ買い物に行くと

    にゃんこままの部屋

    にゃんこままの部屋

    読者になる