TOPICS

クラシックコンサート・演奏会感想 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    下野竜也/読響

    下野竜也が読響に帰ってきた。いかにもこの人らしいプログラムを携えて。定期会員の一人として「お帰り下野さん」と、今公開中の映画「お帰り寅さん」に倣っていってみたくなる。1曲目はショスタコーヴィチの「エレジー」。原曲はオペラ「ムツェンスク郡のマクベス夫人」の第1幕第3場のカテリーナのアリアを作曲者自身が弦楽四重奏用に編曲したもので、それをシコルスキが弦楽合奏用に編曲したそうだ(柴辻純子氏のプログラム・ノーツより)。読響の弦がほの暗く、しっとりした音を鳴らした。前座のノリをこえた演奏だった。2曲目はジョン・アダムズ(1947‐)の「サクソフォン協奏曲」(2013年)。サクソフォン独奏は上野耕平。全2楽章、演奏時間約29分(プログラム表記)の曲だが、全編にわたって気の狂いそうな変拍子が続く。下野竜也の指揮から目が離せず...下野竜也/読響

    Enoの音楽日記

    Enoの音楽日記

    読者になる
  • 2位

    下野竜也/読響(sax.上野耕平):ショスタコーヴィチ、アダムズ、フェルドマン、グバイドゥーリナ

    1月15日(水) サントリーホール【第594回 定期演奏会】 下野竜也(指揮)上野耕平(サクソフォン)*読売日本交響楽団 ショスタコーヴィチ/エレジージョン・…

    ウッスー

    ウッスーのなんでもクラシック頓珍館。

    読者になる
  • 3位

    レッスン1月 2回目

    ヤバいヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3即興曲…M先生に破門されそうなRinですM先生のレッスンに行ってきました(✿˘艸˘✿) バーナム4 グループ1-9前回の宿題…

    Rin

    RinののんびりPiano

    読者になる
  • 4位

    マーティン・ブラビンズ ✕ ヨルゲン・ライエン ✕ 東京都交響楽団 でマクミラン「トロンボーン協奏曲」、エルガー「エニグマ変奏曲」、ラヴェル「クープランの墓」を聴く

    17日(金)。わが家に来てから今日で1935日目を迎え、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が海外逃亡した事件に絡み、元会長の弁護団のうち弘中惇一郎弁護士と高野隆弁護士が弁護人を辞任したことが16日分かったというニュースを見て感想を述べるモコタロです弁護団に黙って海外逃亡したら切れ者の弁護士も面目丸つぶれだバカバカしい昨日、夕食に「鶏の唐揚げ」を作りました今年初めてですが、とても美味しかったです昨日、サントリーホールで東京都交響楽団の第895回定期演奏会Bシリーズを聴きましたプログラムは①ラヴェル「クープランの墓」、②マクミラン「トロンボーン協奏曲」(日本初演)、③エルガー「エニグマ変奏曲」です演奏は②のトロンボーン独奏=ヨルゲン・ライエン(ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団首席)、指揮=マーティン・ブラビン...マーティン・ブラビンズ✕ヨルゲン・ライエン✕東京都交響楽団でマクミラン「トロンボーン協奏曲」、エルガー「エニグマ変奏曲」、ラヴェル「クープランの墓」を聴く

    人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそ

    人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそ

    読者になる
  • 5位

    下野 読響のショスタコーヴィチ、アダムズ、フェルドマン、グバイドゥーリナを聴く

    今夜はサントリーで下野 読響を聴きました。 前半は、ショスタコ《エレジー》とアダムズ Sax協(w/上野)、後半はフェルドマン《On Time and the…

    ゴンチ

    株と本と音楽と

    読者になる
  • 6位

    イーモリ公、&今週末

    昨年末、仙台フィルの第九公演を直前にキャンセルされた飯守先生年が明けて、元気にご活動とのこと2/22、ミサ・ソレムニスはみんなでオペラシティへGO!その前に、…

    ウッスー

    ウッスーのなんでもクラシック頓珍館。

    読者になる
  • 7位

    大阪フィルハーモニー交響楽団 第534回定期演奏会

    先週末は京都に出向いたが、この週末は大阪でコンサート三昧と洒落込むことにする。とりあえず金曜日の仕事を終えると大阪に直行する。 // 大阪駅前で健康夕食 大阪に到着すると立ち寄ったのは大阪駅前第1ビル1階の「玄三庵」。健康食品の店とのことである。この時間のメニューは「39品目の健康定食」のみとのことなのでそれを注文。実はこの店、昨年のクリスマスイブに訪れたのだが、その時は休みで立ち寄れなかっので今回がリターンマッチである。今の私は脂っこいものは胃がもたれるし、食欲自身も今ひとつパッとしないなど体の調子がガタガタなので、せめてもの健康食という考え。 駅前第1ビルの玄三庵 出てきた定食を見ると、確…

    徒然草枕

    読者になる
  • 8位

    独奏に華を持たせ過ぎたエッシェンバッハのブラームスのピアノ協奏曲第二番

    今夜のNHKFMはN響定期公演ライブであった。エッシェンバッハ指揮でブラームスのピアノ協奏曲第二番(シモン・バルト)の演奏であった。いささか独奏に華を持たせ過ぎてしまったが、それでも独特のものがあった。 第一楽章。 エッシェンバッハはシモン・バルトと指揮とピアノ・ソロとを交...

    パスカルの葦笛

    パスカルの葦笛のブログ

    読者になる
  • 9位

    エッシェンバッハ/N響

    エッシェンバッハがN響を振ったマーラーの交響曲第2番「復活」を聴いたが、それがどんな演奏だったかをいうのは、ひどく難しい気がする。その難しさの中に、エッシェンバッハとはどんな指揮者なのか、その核心があるようにも思うのだが。第1楽章冒頭の低弦のテーマは、だれが振っても劇的に演奏するが(そしてエッシェンバッハもそうだったが)、ヴァイオリンで始まる第2主題になると、第1主題の余韻を引きずらずに、妙に吹っ切れた、軽く、あっさりした演奏になった。劇的な緊張が楽章全体を覆わずに、各部分への興味が優先する演奏だ。部分への興味ということでは、クラリネット2本の経過句がはっきり聴こえる箇所が印象に残った。激情が渦巻く第1楽章の中で埋もれがちな経過句だが(わたしは今までそれに気づかなかった)、そこにも大事な意味があると教えられた。...エッシェンバッハ/N響

    Enoの音楽日記

    Enoの音楽日記

    読者になる
  • 10位

    ブラビンズ都響のラヴェル、マクミラン、エルガーを聴く

    今夜はサントリーで、ブラビンズ都響のほぼ英国プロを聴きました。 前半はラヴェル《クープラン》とマクミランTb協(w/ライエン)、後半はエルガー《エニグマ》。 …

    ゴンチ

    株と本と音楽と

    読者になる
  • 11位

    グバイドゥーリナ《ペスト流行時の酒宴》

    明日の下野 読響。 曲目は、ショスタコ《エレジー》、アダムズSax協(w/上野)、フェルドマン《On Time and the Instrumental Fa…

    ゴンチ

    株と本と音楽と

    読者になる
  • 12位

    萩原麻未、辻彩奈、安達真理、横坂源、加藤雄太でシューベルト「ピアノ五重奏曲”ます”」、「弦楽三重奏曲第1番」、ドビュッシー「月の光」他を聴く ~ 文京シビックホール「夜クラシック Vol.24」

    18日(土)。わが家に来てから今日で1936日目を迎え、11月の米大統領選で民主党候補指名を争うウォーレン上院議員が14日のテレビ討論会後に「私をうそつき呼ばわりするのか」とサンダース上院議員に詰め寄り、サンダース氏は「そちらこそ私をうそつきと言った」と反論したというニュースを読んで感想を述べるモコタロです民主党は仲間内で喧嘩してる場合か!「一番のウソつきはトランプ」で一致だろ昨日、夕食に「卵とトマトの炒め物」を作りました砂糖、塩、胡椒だけの味付けで簡単で美味しいです昨夜、文京シビックホールで「夜クラシックVol.24」を聴きましたプログラムは①ドビュッシー「月の光」、②エルンスト「シューベルト『魔王』の主題による大奇想曲」、③J.S.バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番」より「プレリュード」、④シューベルト「弦楽三...萩原麻未、辻彩奈、安達真理、横坂源、加藤雄太でシューベルト「ピアノ五重奏曲”ます”」、「弦楽三重奏曲第1番」、ドビュッシー「月の光」他を聴く~文京シビックホール「夜クラシックVol.24」

    人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそ

    人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそ

    読者になる
  • 13位

    コバケン/日フィル:スメタナ わが祖国

    1月17日(金) サントリーホール【第717回 東京定期演奏会〈秋季〉】 小林研一郎(指揮)日本フィルハーモニー交響楽団 スメタナ/連作交響詩 『わが祖国』第…

    ウッスー

    ウッスーのなんでもクラシック頓珍館。

    読者になる
  • 14位

    ミュンヘン(München Munich)ガイド / 博物館・美術館・史跡、美味しいもの、そしてコンサート

    ミュンヘン(München Munich)の博物館・美術館・史跡、美味しいもの、そしてコンサートを以下の項目別にご紹介。● ミュンヘンへ / 空港から市内へ●

    ごーふぁー

    ごーふぁーの旅ブログ

    読者になる
  • 15位

    芸劇ブランチコンサート・名曲リサイタル サロン「岡本侑也のチェロ」を聴く~バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番」、カザルス「鳥の歌」、コダーイ「無伴奏チェロ・ソナタ」

    16日(木)。わが家に来てから今日で1935日目を迎え、大相撲春場所4日目の15日、横綱白鵬が日本相撲協会に休場を届け出たというニュースを見て感想を述べるモコタロです白鵬の休場は例年のことだからもう慣れた黒星続きなら黒鵬に名前を変えたら?昨日、夕食に「野菜と挽肉のドライカレー」を作りましたドライカレーは私の定番料理です。何回食べても飽きません昨日、東京芸術劇場コンサートホールで芸劇ブランチコンサート「名曲リサイタル・サロン第5回岡本侑也」を聴きましたプログラムは①J.S.バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV.1007」、②カザルス「鳥の歌」、③コダーイ「無伴奏チェロ・ソナタ作品8」です岡本侑也はミュンヘン音楽大学を首席で卒業、同大学院ソロ科も首席で修了。2017年エリザベート王妃国際音楽コンクールのチェロ...芸劇ブランチコンサート・名曲リサイタルサロン「岡本侑也のチェロ」を聴く~バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番」、カザルス「鳥の歌」、コダーイ「無伴奏チェロ・ソナタ」

    人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそ

    人生の目的は音楽だ!toraのブログへようこそ

    読者になる
  • 16位

    ブラビンズ/都響

    マーティン・ブラビンズは都響への客演が今回で5度目だ。わたしも何度か聴いているが、その都度興味深いプログラムを組んでいた。今回は「愛する人、親しい人に捧げた曲」を集めたもの。そのプログラムもさることながら、登場一番、でっぷり太って貫禄がついたのが印象的だった。今はイングリッシュ・ナショナル・オペラの音楽監督をしている。脂の乗り切った時期なのだろう。1曲目はラヴェルの「クープランの墓」。いうまでもないが、第一次世界大戦で戦死した友人たちのために書かれた曲。第1曲と第2曲ではリズムに弾みをつけようとしていることが聴き取れたが、今一つぎこちなさが残った。でも、全体としては心優しさが伝わる演奏だった。2曲目はジェイムズ・マクミラン(1959‐)の「トロンボーン協奏曲」(2016年)。5歳で亡くなった孫娘のために書かれた...ブラビンズ/都響

    Enoの音楽日記

    Enoの音楽日記

    読者になる