TOPICS

クラリネット 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    【新メニュー】大切な人にレッスンをプレゼントしませんか?

    またひらめいて、新しいメニューを作りました。ご家族やお友達、お仲間にレッスンをプレゼントしませんか?モノではなく貴重な体験のプレゼント、きっと喜んでいただけると思います。入学、卒業、合格祝いやお誕生日や記念日、クリスマスやお年玉など、色々な機会にご活用く

    藤崎クラリネット教室

    クラリネット♪藤崎クラリネット教室ブログ

    読者になる
  • 2位

    私たちは身体の半分しか使っていない?

    人間の身体は持っている機能を発揮すると、ものすごい力を出してくれます。アレクサンダーテクニークのレッスンで目を見張るような変化がよく起こるのは、アレクサンダーテクニークのアプローチで眠っていた身体の機能が目覚めるからではないかと思います。今日は多くの方が

    藤崎クラリネット教室

    クラリネット♪藤崎クラリネット教室ブログ

    読者になる
  • 3位

    メルマガに関する新しいお知らせ

    今日はメルマガに関する新しいお知らせです。いつも毎月1日に配信しているメルマガですが、15日にも配信することにいたしました!11月から1日と15日の月2回配信となります。15日のメルマガは先月の15日~1か月間にUPしたブログ記事の紹介と、お知らせが中心になります。コン

    藤崎クラリネット教室

    クラリネット♪藤崎クラリネット教室ブログ

    読者になる
  • 4位

    ドビュッシーの生家を見学!パリ郊外のサンジェルマン=アン=レーへ

    フランスの大作曲家、クロード・アシル・ドビュッシーが生まれたのは、パリ郊外のサンジェルマン=アン=レー(saint-germain-en-laye)という街でした。 彼が1862年に生まれてから2歳まで住んでいた家が、今もドビュッシーの博物館として残されています。 そこへ行ってきたので、その様子を書いてみたいと思います! ドビュッシーの生家があるのはここです↓ 1階は観光案内所になっていて、2階に博物館があります。 入口には、ドビュッシーがここに住んでいたということが書かれたプレートが。 最近開館時間が変わったようで、開いてる時間は2019年9月現在で、 水~金曜15:00~19:00、日曜15:00~18:00、 7月14日~8月15日は土曜と日曜のみの営業(祝日を除く) という感じで、開いてる時間は意外と短いので要注意です! ! 以前は無料で見学できたのですが、現在は入場料が一般5ユーロ、学生3ユーロ、第一日曜日は無料となっています。 わたしが行った時はちょうど、Debussy-Japonという、ドビュッシーと日本のイベントをやっていました。 ドビュッシーは、日本にたくさん影響を受けて作曲していたのです! 1階の受付でチケットを買ったら外に出て階段を上って2階へ。 ここが、博物館となっているお部屋です。 ここには、ドビュッシーの幼いころの写真や家族の写真、そして真ん中にあるのは彼の髪の毛。 彼が実際に使っていたメトロノームや音叉、指揮棒なんかも残っています。 そして、奥の部屋に行くとドビュッシーゆかりの品がたくさん飾られています。 奥に飾られている魚の絵は、ドビュッシーのピアノ曲『映像』第2集 3.金色の魚の発想を得た絵です。 この絵を見ただけで、あんな素晴らしい曲を書いてしまうなんて、、

    YukihaCL

    クラリネットとフランス暮らし

    読者になる