TOPICS

オペラ 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    まるたん5ヶ月はお友達たくさん︎︎♡

    昨日はまるたん5ヶ月の日😊そして、雨予報は何のそのとっても良いお天気になりました😆☀️絶好の?テラスでランチ日和ですねー...

    ぽむ

    続︎︎♡たんたんたん日記

    読者になる
  • 2位

    お初のカフェへ

    明日は雪になるとか?😰今日まで穏やかに晴れてくれてたのにねー。昨日は午前中の合わせを終えたあと、ぽっかり数時間の空きができたので、を連れ...

    ぽむ

    続︎︎♡たんたんたん日記

    読者になる
  • 3位

    オペレッタとジャンパースカート

    今週の土曜日はオペレッタ「白馬亭にて」の初日です。今日はオーケストラ付きの通し稽古でした。衣装とメイク付きです 私たちの衣装は三つあって、けっこう早替えです三…

    Luismama

    Luismama's german life

    読者になる
  • 4位
    読者になる
  • 5位

    下野竜也/読響

    下野竜也が読響に帰ってきた。いかにもこの人らしいプログラムを携えて。定期会員の一人として「お帰り下野さん」と、今公開中の映画「お帰り寅さん」に倣っていってみたくなる。1曲目はショスタコーヴィチの「エレジー」。原曲はオペラ「ムツェンスク郡のマクベス夫人」の第1幕第3場のカテリーナのアリアを作曲者自身が弦楽四重奏用に編曲したもので、それをシコルスキが弦楽合奏用に編曲したそうだ(柴辻純子氏のプログラム・ノーツより)。読響の弦がほの暗く、しっとりした音を鳴らした。前座のノリをこえた演奏だった。2曲目はジョン・アダムズ(1947‐)の「サクソフォン協奏曲」(2013年)。サクソフォン独奏は上野耕平。全2楽章、演奏時間約29分(プログラム表記)の曲だが、全編にわたって気の狂いそうな変拍子が続く。下野竜也の指揮から目が離せず...下野竜也/読響

    Enoの音楽日記

    Enoの音楽日記

    読者になる
  • 6位
    読者になる
  • 7位

    エッシェンバッハ/N響

    エッシェンバッハがN響を振ったマーラーの交響曲第2番「復活」を聴いたが、それがどんな演奏だったかをいうのは、ひどく難しい気がする。その難しさの中に、エッシェンバッハとはどんな指揮者なのか、その核心があるようにも思うのだが。第1楽章冒頭の低弦のテーマは、だれが振っても劇的に演奏するが(そしてエッシェンバッハもそうだったが)、ヴァイオリンで始まる第2主題になると、第1主題の余韻を引きずらずに、妙に吹っ切れた、軽く、あっさりした演奏になった。劇的な緊張が楽章全体を覆わずに、各部分への興味が優先する演奏だ。部分への興味ということでは、クラリネット2本の経過句がはっきり聴こえる箇所が印象に残った。激情が渦巻く第1楽章の中で埋もれがちな経過句だが(わたしは今までそれに気づかなかった)、そこにも大事な意味があると教えられた。...エッシェンバッハ/N響

    Enoの音楽日記

    Enoの音楽日記

    読者になる
  • 8位

    気になるコンサート‼️いや行きたい‼️

    オペラをもっと身近に!オペラをもっと広めたい!オペラ合唱を歌っているおぺら団フレスカリアのなおみんです突然ですが、このコンサート行きたい‼️(^^)行きたい‼…

    なおみん

    夢をつかむ音楽修行メモ〜オペラ&合唱を歌える喜び〜

    読者になる
  • 9位

    狂犬病注射しました

    まるたん、狂犬病予防接種の日でした😊だいぶ、怖いところだと理解したようで😅診察台では震えてました体重は、5.25キロ3...

    ぽむ

    続︎︎♡たんたんたん日記

    読者になる
  • 10位

    コーラス隊Barzzの親睦会♪家族やパートナーも参加して和やかな会でした☆美味しいイタ...

    この投稿をInstagramで見る コーラス隊Barzzの親睦会♪ 家族やパートナーも参加して和やかな会でした☆ 美味し…

    辰巳啓子

    辰巳啓子ブログ

    読者になる
  • 11位

    ブラビンズ/都響

    マーティン・ブラビンズは都響への客演が今回で5度目だ。わたしも何度か聴いているが、その都度興味深いプログラムを組んでいた。今回は「愛する人、親しい人に捧げた曲」を集めたもの。そのプログラムもさることながら、登場一番、でっぷり太って貫禄がついたのが印象的だった。今はイングリッシュ・ナショナル・オペラの音楽監督をしている。脂の乗り切った時期なのだろう。1曲目はラヴェルの「クープランの墓」。いうまでもないが、第一次世界大戦で戦死した友人たちのために書かれた曲。第1曲と第2曲ではリズムに弾みをつけようとしていることが聴き取れたが、今一つぎこちなさが残った。でも、全体としては心優しさが伝わる演奏だった。2曲目はジェイムズ・マクミラン(1959‐)の「トロンボーン協奏曲」(2016年)。5歳で亡くなった孫娘のために書かれた...ブラビンズ/都響

    Enoの音楽日記

    Enoの音楽日記

    読者になる
  • 12位

    コールフォーリア混声コーラス 2020年初練習♪

    http://www.regalo-music.com <br> <br>Regalo 東京を拠点に活動している声楽家のブログ <br>

    Regalo

    Regalo(レガーロ)音楽通信

    読者になる
  • 13位

    喉のケア

    オペラをもっと身近に!オペラをもっと広めたい!オペラ合唱を歌っているおぺら団フレスカリアのなおみんです今の時期に本番があると、体調管理には必要以上に氣を遣いま…

    なおみん

    夢をつかむ音楽修行メモ〜オペラ&合唱を歌える喜び〜

    読者になる
  • 14位

    神話と身体の再解釈 マシュー・バーニー『リダウト』

    TAG:#評・感想 埋め込み元:恵比寿ガーデンプレイス1月13日、東京都写真美術館にてマシュー・バーニー『リダウト』を鑑賞しました。「何か面白いアニメでもやっていないかな」とネットの海を泳いでいたところ、東京都写真美術館のサイトに

    ねたまい

    下降の旋律

    読者になる
  • 15位

    終演しました!

    改めて、サロンコンサート終演できました。去年の秋、台風で延期になったコンサートですが、次はまさか大雪とかにならんよね、と祈りつつ。終演できて良かった……おかげで今までやった中でも、思い入れの深いリサイタルになりました。1部はピアノの大下沙織さんと2人。何故か2人でニヤニヤ。前半はお喋りしながらの私のソロコンサートでしたが、初めて私の喋りを聴いて下さったお客様が異口同音に「あれはトークでもない。MCでもない。もはや漫談」と言って下さり。褒め言葉をありがとうございます 笑一番最初にいらして下さったお客様は、トーク(あ、歌も?笑)最前列で聞きたくて、わざわざ開場の大分前にいらしたとか。いやん、そんな事言われたら、いつもより多目に笑い取りにいっちゃうじゃないですかートークでお客様から笑いが起きる度、アドレナリンが出てま...終演しました!

    みわきち

    ソプラノ歌手 中川美和のブログ

    読者になる
  • 16位

    大きくなってきたブロッコリー♪

    プランターで育てているブロッコリー。この間ようやく花芽が出てきたなと思っていたら日に日に大きくなってます。    見て見て!!    脇芽もチラホラ。    …

    ミモザママ

    ミモザママのマルチーズ大好き~in 南フロリダ

    読者になる
  • 17位

    特集 書かれざる記事たち

    年始特集として書いたものですが、いろいろハプニングがあってすぐに掲載できませんでした。ひとつは、急な代役として演奏会でオペラのいろいろな重唱を暗譜せねばならな…

    Ken WATANABE

    ベルカント・テクニック 声楽家 渡辺健一のブログ

    読者になる
  • 18位

    ベッリーニ*優雅な月よ

    オペラをもっと身近に!オペラをもっと広めたい!オペラ合唱を歌っているおぺら団フレスカリアのなおみんです昨日、単語の意味調べで思いの外、時間がかかりちょっとお疲…

    なおみん

    夢をつかむ音楽修行メモ〜オペラ&合唱を歌える喜び〜

    読者になる