クラシックCD鑑賞 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/09/20 14:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
てんしちゃんさん
  • 情報提供チャイコフスキー:交響曲第5番聴き比べ(SACD編) てんしな?日々てんしちゃんさんのプロフィール
  • チャイコフスキーの番号付交響曲全6曲(未完と「マンフレッド」は数えないとして)中、頻繁に取り上げられ、録音が多いのが、第4・5・6番です。そのうち、どれが一番好きか、と言われれば、私なら、「運命動機」が全体を支配する、豪快な第5番を挙げます。特に好きなのは、第4楽章です。時折第4楽章だけ聴く時もあります。実演では、十数年前(だったと記憶していますが・・・)に、岩城宏之指揮・札幌交響楽団の演奏をKita

2位
フーパパさん
  • 情報提供台風一過の日 フーという名の猫とジャズ、そしてインテリアフーパパさんのプロフィール
  • 2017年 9月18日 月曜日 晴れ 台風18号は、またしても大きな爪痕を九州地方などに残し、ここ日本海沿いを北に向かって進んでいます。当地は昨日の午後から強風に見舞われ、風にあおられた植木鉢などが転がっていくなか、不安な夜を迎え、一晩中眠れぬ夜となるのかとおもいましたが、案に反してそれほどのこともないまま朝を迎えたのです。台風一過の青空といいますが、今はまさにそういう状況です。強風と雨の昨日だっ

3位
ともやん企画さん
4位 岡林リョウさん
  • 情報提供マーラー:交響曲第3番 20世紀ウラ・クラシック!岡林リョウさんのプロフィール
  • ヴェスト(alt)ホーレンシュタイン指揮RAIトリノ放送管弦楽団&合唱団(FKM/rococo?)1970/12/16トリノLIVEおそらくROCOCOのLPで出ていたものと同じだがステレオで音質は段違いに良い。プチプチノイズや片側欠落など入って70年代にしては悪いが、バランスは良く音...
5位 てんしちゃんさん
6位 マイナー曲推進委員さん
  • 情報提供CD ヴェステルベリのニストレム:海の交響曲、協奏交響曲 クラシック・マイナー曲推進委員会マイナー曲推進委員さんのプロフィール
  • ニストレム(1890-1966):①海の交響曲(交響曲第3番)②チェロと管弦楽のための協奏交響曲(1944/51-52)スティグ・ヴェステルベリ(指揮)ストックホルム放送交響楽団①エリザベート・ゼーダーシュトレーム(ソプラノ)③エールリング・ブロンダール・ベングトソン (チェロ)録音:①1971年3月23-25日ストックホルム・コンサートホール、②1958年4月20日ロイヤル・アカデミー・オヴ・ミュージック(SWEDISH SOCIETY SCD1015)
7位 nacchann0904さん
  • 情報提供夏の終わりのメンデルスゾーン 新・世界ブラボー日記nacchann0904さんのプロフィール
  • (全曲盤)しばらくぶりにメンデルスゾーンの 『無言歌』 集を聴きました。クリストフ・エッシェンバッハのピアノによるCD。1975年録音。『春の歌』 がいちばん広く親しまれていますね。ほか、第1曲 『甘い思い出』 がせつなく、妙に心に引っかかった。その理由をよくよく思い返してみれば、受験の一番つらい時期に聴いていたせいだった。今となってはそれも甘くほろ苦い思い出、と言えるのでしょうか。「谷間の世代」とされるエ
8位 オペラ対訳プロジェクト管理人さん
9位 オペラ対訳プロジェクト管理人さん
10位 SACDラボさん
  • 情報提供ファジル・サイ『ショパン:ノクターン全集』SACDハイブリッドが発売 SACD、高音質盤、音楽について語るブログSACDラボさんのプロフィール
  • ファジル・サイの新しいSACDが発売です。今度は『ショパン:ノクターン全集』。SACDハイブリッド1枚です。発売は10月25日予定。avex-CLASSICSより。ジャケットはまだアップされておりませんが、予約は開始されております。Tower Records ?ショパン:ノクターン全集/ファジル・サイAmazon ?ショパン:ノクターン全集/ファジル・サイタイトルからもわかると思いますが、収録曲予定は以下のとおり。ショパン:1 ノクターン第1番 変ロ短
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 ともやん企画さん
  • 情報提供仲道郁代のモーツァルト・ピアノソナタ全集はチャーミング クラシック名盤 感動サロンともやん企画さんのプロフィール
  • 2008年からほぼ作曲年代順にモーツァルトの鍵盤作品を取り上げた演奏会を開催し、それに並行して全18曲のピアノソナタ、3曲の変奏曲、2曲のロンド、そして2曲の幻想曲を録音したアルバムです。 僕は、モーツァルトのピアノソナタ全集は、グレン・グールド、リリー・クラウス、内田光子のものを持っていますが、仲道郁代の全集はおすすめです。 僕は仲道さんの存在はかなり前から知っていて...
12位 ともやん企画さん
  • 情報提供内田光子のモーツァルトのピアノソナタ全集  クラシック名盤 感動サロンともやん企画さんのプロフィール
  • 世界的なピアニスト内田光子が1983年〜87年に録音したW・A・モーツァルトのピアノソナタ全集。 当時内田光子は30代後半で、いまでは信じられませんが、この全集を出すまでは、知名度も低く、不遇の時代で経済的にも苦しい時代だたそうです。 そしてこのフィリップスからこの全集が出て、知名度が上がったそうです。だから本人にとっては記念すべき全集なんですね。 ところ...
13位 岡林リョウさん
14位 フーパパさん
  • 情報提供本と音楽とコーヒー、そして猫 フーという名の猫とジャズ、そしてインテリアフーパパさんのプロフィール
  • 2017年 9月14日 木曜日 曇り 今年もまたこのシーズンがやって来た。それは、台風到来もそうだが、私の身近に起こることのひとつとして、このことは、私のたった一つの贅沢として、このシーズンがやってきたことを喜びたいと思う。「本と音楽とコーヒ」が格別うまい季節であるからだ。きのうある目的をもって図書館に出かけた。その目的とは、この雑誌を借りることだった。CREA9月号。見ての通り女性向け月刊誌だ。この
15位 タケさんさん
  • 情報提供ハイティンク/RCOの「運命の力」序曲 タケさんのブログタケさんさんのプロフィール
  •  このアルバムで、一番収録数が多いのが、エドゥアルド・ファン・ベイヌムで8曲。 次に多いのが、ベルナルト・ハイティンクで5曲です。 ハイティンクといえば、ベートーヴェンやブラームス、チャイコフスキーやマーラーなどの交響曲が、まず出てきますが、オペラは、1978年に、グラインドボーン音楽祭の音楽監督になるまで、ポストについていないので、なかなか貴重です。 このディスクの音源は、ハイティンク30代の録音。 す
16位 岡林リョウさん
17位 SACDラボさん
18位 かんちゃんさん
  • 情報提供今月のお買いもの:ウェーバー クラリネット作品集 かんちゃん 音楽のある日常かんちゃんさんのプロフィール
  • 今月のお買いもの、平成29年8月に購入したものを御紹介しています。今回はウェーバーのクラリネット作品集です。ディスクユニオン吉祥寺クラシック館での購入です。ウェーバーはクラリネットで優れた作品を残しており、このブログでも協奏曲を取り上げたこともありました。そんなウェーバーの、今回はクラリネット作品集という切り口で、室内楽を取り上げたアルバムです。ナクソスから出ている、それもかなり初期のアルバムです。
19位 フーパパさん
  • 情報提供敬老会に フーという名の猫とジャズ、そしてインテリアフーパパさんのプロフィール
  • 2017年 9月16日 土曜日 くもり 「敬老の日」を明後日18日に控えた今日16日。地区の敬老会にこれから出かけようと思いますので、今日の記事は手短に?75歳を迎えた昨年初めて案内を頂いたのですが、その時は、何故か「老」ということに抵抗をを感じ、実年齢は75歳なのに気持ちはそこまで、私は未だ老人じゃないと言い聞かせ、昨年は出席しませんでしたが、一年経った今、それ相応の歳になったと思うようになり、
20位 ついてるさん
21位 スガンヌさん
22位 m-concertoさん
23位 タケさんさん
  • 情報提供ベイヌム/コンセルトヘボウの星条旗よ永遠なれ タケさんのブログタケさんさんのプロフィール
  •  やはり、最後は、この人、エドゥアルト・ファン・ベイヌムでしょう。 第二次世界対戦前から、メンゲルベルクとの2トップ体制で、コンセルトヘボウを率いていたベイヌムは、メンゲルベルクが、ナチスへの協力疑惑で、スイスに追放されてからは、1人で、音楽監督を務めていました。 即物的ながら、暖かみのある演奏スタイルは、ステレオ音源が少ない現在でも、評価が高い。 '59年に、心臓発作でなくなったとき、まだ57歳。 普
24位 タケさんさん
25位 <クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 ともやん企画さん
27位 オペラファンさん
  • 情報提供本田真凛さんの「トゥーランドット」 オペラファンの仕事の合間に パート2オペラファンさんのプロフィール
  • 今シーズンからシニアでオリンピックを目指す本田真凛さんがアメリカのソルトレイクシティで開催されたUSインターナショナルクラシックで優勝して幸先よいスタートを切りました。 真凛さんのフリープログラムはプッチーニの歌劇「トゥーランドット」の音楽。「トゥーランドット」と言えば私は今だにトリノオリンピックでの荒川静香さんのイメージが強いです。トリノ以降、日本の女子フィギュアで「トゥーランドット」を演じた選手
更新時刻:17/09/20 14:30現在