クラシックCD鑑賞 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/07/20 23:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
てんしちゃんさん

2位
岡林リョウさん
  • 情報提供☆オネゲル:夏の牧歌 20世紀ウラ・クラシック!岡林リョウさんのプロフィール
  • ○アンネリー・クッパー(SP)エーリッヒ・クライバー指揮バイエルン放送交響楽団、ミュンヘン合唱団(STRADIVALIUS)1955・CD擬似ステレオ効果が耳障りだが録音はよい。精妙で生臭さの無い演奏ぶりは流石当時現代音楽指揮者としても知られていたこの人の、今や知ら...

3位
SACDラボさん
4位 フーパパさん
  • 情報提供夏、あれこれ フーという名の猫とジャズ、そしてインテリアフーパパさんのプロフィール
  • 2017年 7月18日 火曜日 晴れ 東西に長い新潟県では、東部と西部では、天候が大きく異なることがあります。こちら、西部に位置する地は、青空が広がり真夏日の様相です。でも、今東部の、新潟市方面では以上豪雨で避難指示が出されています。甚大な被害に及ばぬことだけを祈っています。そんな中、娘が朝方用があってその新潟市に向かって行きました。今のところ電話もないことから、何事もなく目的地に着いたと思われま
5位 オペラ対訳プロジェクト管理人さん
6位 ともやん企画さん
  • 情報提供クラシック名盤 夏に聴きたい交響曲 クラシック名盤 感動サロンともやん企画さんのプロフィール
  • クラシック名盤で、夏にも聴きたい交響曲をご紹介します。 今年の夏は暑いですね。 こんな時、ベートーヴェンやブラームス、マーラーは聴きたくありません。 ハイドンならまたいいかな、モーツァルトなら曲によってはいいかも。 でも違うんです。 意外な作曲家がいるんです。 ブルックナーです。 しかもブルックナーなら誰の演奏でもいいわけではあ...
7位 ともやん企画さん
8位 ギコリンさん
  • 情報提供引越し完了 ギコリンのblogギコリンさんのプロフィール
  • 7月1日付で転勤となり、関東は横浜勤務に戻ってきました。長崎での単身赴任生活はちょうど4年。私のサラリーマン生活での、非常に大きなエポックとなった仕事も区切りがつきました。長崎ではいろいろな人にお世話になりました。自分一人では何もできませんでした...
9位 音盤太郎さん
  • 情報提供マリア・ジョアン・ピリス DG室内楽録音全集(2) クラシック音楽BOX鑑賞の旅音盤太郎さんのプロフィール
  • ?(前の記事)マリア・ジョアン・ピリス DG室内楽録音全集(1)室内楽の愉悦 フランク、ドビュッシー、ラヴェルThe Complete Chamber Music Rec前頁でベートーヴェンとブラームスの素晴らしいソナタ演奏について書きましたが、後半はその他の演奏について。まずモーツァルトのソナタ演奏ですが、これがまた素晴らしい。モーツァルトのソナタなら、同じフランコ=ベルギー派の大先輩、グリュミオーがハスキルと組んで収録した天下
10位 くにゃ〜さん
  • 情報提供ゼンハイザー(SENNHEISER)イヤホン MX 475 らぷそでぃ・いん・くにゃ〜くにゃ〜さんのプロフィール
  • イヤホンを買い換えました。長年、使っていたSONY MDR-E888LPが断線し逝ってしまいました。某量販店に行くとイヤホンはカナル型が幅を利かせ、インイヤー型は絶滅危惧種になっておりました。率直に言って、私はカナル型が苦手です(嫌いという程ではありません)。もちろん、カナル型の魅力である遮音性の高さ!特に電車で音楽や動画を楽しむ時。その遮音性の高さを享受しておりますが、30〜40分と比較的長い時間、装着してい
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 てんしちゃんさん
  • 情報提供「一日散歩きっぷ」で行く富良野・美瑛の旅2017夏(少々反則アリですが・・・) てんしな?日々てんしちゃんさんのプロフィール
  • 2017年7月15日(土)、3連休の初日に、妻と一緒に、JRで札幌から富良野・美瑛方面へ旅しました。(実際には、オマケで旭川まで行きましたが・・・)天気が晴れていて、私どもに元気があれば・・・という旅行条件でした。その2つの条件は見事クリアしていました。天気の方は、北海道なのに連日の真夏日(所によって猛暑日!)。元気の方は、朝5時起きで、帰りはもしかすると23時過ぎに家に到着・・・それでも大丈夫だと
12位 SACDラボさん
13位 こめ&まるさん
  • 情報提供キンチョーのラジオCMがいい 中年おやじは荒野をめざすこめ&まるさんのプロフィール
  • キンチョーのラジオCMがいいです。去年の夏からスタートして話題になり、今年第2弾が、パワーアップして登場しました。舞台は、関西のある農村地帯。僕は、勝手に京都か兵庫の田舎と思いますが。金鳥は大阪の会社で、和歌山に工場がありますので、大阪か和歌山かな?出演は、中学3年生の大沢君と高山さんお互い好意を持っているが、純情な大沢君がもどかしい。お姉ちゃんもいてちょっとませている高山さんは、そんな大沢君を誘
14位 岡林リョウさん
  • 情報提供☆コルンゴルド:交響曲嬰へ長調 20世紀ウラ・クラシック!岡林リョウさんのプロフィール
  • ○プレヴィン指揮LSO(DG)1996/6・CD唯一の交響曲、大曲だが早熟なこの人にしては最晩年作であり、もともとあった「ウィーン世紀末的なもの」に多要素がくっついてもはやバーバーの作品と言ってもわからないような無個性さを示してしまっている。構造も構成もオ...
15位 音盤太郎さん
  • 情報提供ソロモンの弾くベートーヴェン クラシック音楽BOX鑑賞の旅音盤太郎さんのプロフィール
  • 謎に包まれた名手 ソロモンソロモン・カットナー(1902年8月6日 ? 1988年2月2日)は、イギリスの伝説的なピアニストです。伝説的な、と申しましたが、なぜそう言われるかというと、彼は1956年、脳梗塞により54歳の若さで引退を余儀なくされたからです。もし無病息災であったならば、彼はデジタル録音の時代まで現役を張っていたかもしれません。ちなみに、ソロモンが生まれた翌年の1903年はピアニスト大豊作の年で、ホロヴィッツ
16位 タケさんさん
  • 情報提供ミヨー 屋根の上の牛 タケさんのブログタケさんさんのプロフィール
  •                 楽しく音源復活♪  さーさー、今夜は、にぎやかで楽しい音楽だよー! 御用とお急ぎでない方は、是非、お聴きあれ(^_-)☆ お代は、聴いてのお楽しみだよ〜〜〜。  なんてなw 実は、ミヨーが、真剣に、チャップリンの映画用にしようとしていた、「屋根の上の(牡)牛」。 しかし、採用されなかったので、1920年、バレエとして初演されました。 曲は、詩人でもあった、外交官ポール・ク
17位 ぺぇたぁさん
  • 情報提供好きなピアニスト − アンヌ・ケフェレックのこと。 mondnachtぺぇたぁさんのプロフィール
  • ピアニスト、アンヌ・ケフェレックのこと。CDがたまってきて棚の整理をしていると、ふと思い出がつまったディスクを手にして懐かしくなることがある。今日は僕が好きなピアニスト、アンヌ・ケフェレックについて。┃若き日の録音と、パリジェンヌに恋した田舎の青年。あれはもう10年近く前になってしまうのでしょうか。毎度ながら時が経つのは早く恐ろしい・・・。きっかけは図書館で借りた1枚のCD。当時僕はお金がない学生で
18位 ともやん企画さん
19位 teisekiさん
  • 情報提供日経新聞定期購読ヤメタ 「砥石閑話」(Ameba版)teisekiさんのプロフィール
  • 報道は公平公正中立であるべきだ。その最低限の常識すら守れないようではシンブンではない。先日の閉会中審査でモト愛媛県知事加戸守行氏の発言を日経新聞は完全に無視した。この暴挙に抗議し定期購読をヤメることにした。いまどきの新聞記者はバカか?時代錯誤も甚だしい。いまはインターネットが、YouTubeがアル。新聞テレビなんか国民の信頼を失ったら、見向きもされなくなるゾ!
20位 ランガナータンさん
21位 SACDラボさん
22位 <私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽さん
  • 情報提供◇クラシック音楽◇コンサート情報 <私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽<私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽さんのプロフィール
  • <コンサート情報>〜上野耕平 歌え!サクソフォンの限界へ〜ムソルグスキー(伊賀拓郎編):モスクワ川の夜明けリムスキー=コルサコフ(網守将平編):熊蜂の飛行バッハ:G線上のアリアテュドール:クォーター・トーン・ワルツ(無伴奏)坂東祐大:エアリアル・ダンス(上野耕平委嘱作品/改訂版初演/無伴奏)ビゼー(山中惇史編):カルメン・ファンタジー for サクソフォン会場:第一生命ホール日時:2017年7月26日(水
23位 テンテンブールさん
  • 情報提供7/17 クオリティ・ペーパーズテンテンブールさんのプロフィール
  • 図書館の本を読んで。 『ヘッセ全集(7)』(高橋健二訳 新潮社)「シッダールタ」を読む。シッダールタは仏陀に会うことができたが、自分で悟りを開かねばならないので別れた。 「荒野のおおかみ」を読む。荒野のおおかみを名乗る下宿人が、女の子と出会ったり、老ゲーテと対話する夢を見たりする。
24位 ともやん企画さん
  • 情報提供クラシック名盤 夏に聴きたいハイドンの弦楽四重奏 クラシック名盤 感動サロンともやん企画さんのプロフィール
  • クラシック名盤 夏に聴きたいCDから、 室内楽でおすすめがあります。 ヨゼフ・ハイドン(1732-1809) 弦楽四重奏曲全曲 エンジェルス弦楽四重奏団 エンジェルス弦楽四重奏団(200年に解散)は、アメリカ人メンバーによるアンサンブルで、この弦楽四重奏曲全集は、1994年から99年にかけてハイドン・ソサエティにレコーディングし、PHILIPSレーベルからリリースされたというものです...
25位 <私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽さん
  • 情報提供◇クラシック音楽◇新刊情報 <私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽<私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽さんのプロフィール
  • <新刊情報>書名:未来をはこぶオーケストラ〜福島に奇跡を届けたエル・システマ〜著者:岩井光子発行:汐文社 震災で被災した福島県相馬市。震災後、ここには「エル・システマ」というオーケストラが誕生した。相馬の子どもなら誰でも入れるオーケストラ。音楽を通じて明日を探す子どもたちの姿を描くノンフィクション。◇書名:持ち歩き 楽譜がやさしく読める本著者:多田鏡子発行:日本文芸社 ハンディ版なので、たく
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 フーパパさん
  • 情報提供猫と生きる フーという名の猫とジャズ、そしてインテリアフーパパさんのプロフィール
  • 2017年 7月19日 水曜日 晴れ 家の中に三匹の猫たちと私だけの日となると、つくづく思う。今日がそのような気にさせる日となった。家内は仕事に朝早く出かけて行き、娘はまだ新潟から帰ってこない。そんな猫と私の一日は、私がバイトに出る午後三時半まで続く。このような日は週に何日もある。もしかしたら、家内や娘と一緒に居る時間よりずっと長く猫と生きていることになる。  最初の猫がやってきて13年だ。とりた
27位 岡林リョウさん
28位 Rag_Nyansさん
29位 岡林リョウさん
  • 情報提供ラヴェル:ボレロ 20世紀ウラ・クラシック!岡林リョウさんのプロフィール
  • パレー指揮デトロイト交響楽団(SLS)1975/8/16liveミードウ・ブルック音楽祭小気味いい!パレーの十八番、ラストはこれでカラッと突き進む。ポリトナルな響きの強調(これを違和感なく、しかししっかり聴かせられる人はそういない)気持ちよすぎるリズム、リズム...
30位 フーパパさん
  • 情報提供夏の猫散歩 フーという名の猫とジャズ、そしてインテリアフーパパさんのプロフィール
  • 2017年 7月15日 土曜日 晴れ 梅雨明けも聞かれないのにこの暑さ。夏日、猛暑日の連日の暑さに、さすがの猫たちも外に出てもすぐに木陰の影に入り、歩こうとしない。これでは何のための猫散歩なのか分からないが、猫たちは木陰に入ったままそこから出ようとはしない。でも散歩するのは一匹の猫だけではない。次の猫が玄関前で、自分の番を待っているのはいつものこと。頃合いを見て次の猫と交代し、それを3回繰り返し、
31位 SACDラボさん
  • 情報提供ショルティとシカゴ交響楽団のデッカ録音全集(CD108枚組)が発売 SACD、高音質盤、音楽について語るブログSACDラボさんのプロフィール
  • Tower Records ?Solti & Chicago - The Complete Recordings on Deccaショルティがシカゴ交響楽団によるデッカ録音がCDボックスで発売になります。CD108枚組には1970年のマーラー交響曲第5番から、97年のショスタコーヴィッチ交響曲第15番まで収録。これらはショルティとシカゴ交響楽団のすべての録音だそうです。初CD化としては74年録音の「J.S.バッハ:アリア(管弦楽組曲第3番より)」、あとショルティ&シカゴ交響楽団の唯一R
32位 かんちゃんさん
  • 情報提供神奈川県立図書館所蔵CD:リリー・ラスキーヌの芸術2 かんちゃん 音楽のある日常かんちゃんさんのプロフィール
  • 神奈川県立図書館所蔵CDのコーナー、リリー・ラスキーヌのハープによる協奏曲集を取り上げた「リリー・ラスキーヌの芸術」を取り上げていますが、今回はその第2集です。収録されている作品たちは、どれも日本ではあまりなじみのない作曲家ばかりです。クルムフォルツ、ポイエルデュー、そしてボクサ。しかし、このうちクルムフォルツとボクサはハーピスト、なんですね。成程〜って思います。何でって?ハーピスト・ラスキーヌらし
33位 タケさんさん
  • 情報提供ゲーゼ(ガーデ、ガーゼ)弦楽八重奏曲ヘ長調op.17 タケさんのブログタケさんさんのプロフィール
  •              ガーデ生誕200年で、音源復活  二ルス・ガーデ(1817−90)。 発音が微妙なのか、ゲーデとも、ゲーゼとも表記されます。 19世紀デンマークの作曲家、指揮者で、北欧の国民楽派を、発展させるきっかけになった人です(ニールセン、グリーグは、直接指導したりした)。 自身は、コペンハーゲンの、王室オーケストラのヴァイオリン奏者だったころに、交響曲第1番を作曲したが、認められず、ス
34位 マイナー曲推進委員さん
  • 情報提供CD トッホの交響曲第1番、第4番 クラシック・マイナー曲推進委員会マイナー曲推進委員さんのプロフィール
  • エルンスト・トッホ(1887-1964):①交響曲第1番Op.72②交響曲第4番Op.80アラン・フランシス(指揮、②語り)ベルリン放送交響楽団録音:2001年7月2-4日、2002年4月8-11日、イエス・キリスト教会,ベルリン(CPO 777 191-2の1枚目)1枚だけ持ってたCPOのトッホ交響曲全集ですが、中古でセットが安く売ってたので買いました。スタインバーグの3番も面白かったし。でも、これのセットも1、2年聴かずに寝かしてました。①第1
35位 ボクダノビッチさん
  • 情報提供映画「ファミリー・プロット」(1976) ボクダノビッチの夢ボクダノビッチさんのプロフィール
  • ストーリーに工夫が凝らされたユーモア感溢れる作品採点 ★★★☆☆☆NHK BSを録画したものを鑑賞。ヒッチコック監督の最後の作品で封切りを映画館で観たことがある。当時はヒッチコック再評価の動きがあり、大いに期待して観たが、怖くなく肩透かしをくらった感じがした。ストーリーが良く追えなかったこと、題名が??、主役二人が監督特有の美男美女でなかったこと、フンワカ・ムードで軽いタッチであったこと等による。当時は『
36位 <クラシック音楽LPレコードファン倶楽部(LPC)> さん
37位 ともやん企画さん
38位 タケさんさん
  • 情報提供ズスケのメンデルスゾーン八重奏曲 タケさんのブログタケさんさんのプロフィール
  •                師弟つながりで音源復活  「この曲は、交響曲のように演奏してほしい」、と、メンデルスゾーンは言ったそうです。 弦楽四重奏×2の編成ですが、出てくる響きは、室内楽的ではありません。 古典派のスタイルを手に入れた上で、発展させて、ロマンティックな音楽をつむぐ。 ここには、それがあります^^b そして、古典派を知る耳には、心地よいカタルシスを感じさせます。 演奏の、ベルリン
39位 音盤太郎さん
  • 情報提供マリア・ジョアン・ピリス DG室内楽録音全集(1) クラシック音楽BOX鑑賞の旅音盤太郎さんのプロフィール
  • ピリスと名手たちが醸し出す愉悦の室内楽マリア・ジョアン・ピリスは、1944年ポルトガル生まれの、現代を代表する女性ピアニストの一人です。自由奔放、野性味満点のアルゲリッチに対し、リリックで居住まい正しく弾くピリス。彼女のピアノの音色は昔風に言うなら「珠を転がすような音」であり、テンポと言い、間合いと言い、実に無理なくゆったりしていて、聴き手は心から音楽に身を委ねられます。そんなピリスの長所がいかんなく
40位 シュレーゲル雨蛙さん
  • 情報提供静岡県吉田町の夏休み案 シュレーゲル雨蛙、ちいさなつぶやきシュレーゲル雨蛙さんのプロフィール
  • 夏休み短縮、ママ賛否 静岡・吉田町の小中校教育改革7/15(土) 11:03配信 吉田町教育委員会がこのほど示した公立小中学校の夏休みの大幅短縮を目指す教育改革に、小中学生を育てる静岡県内の女性たちも関心を寄せている。改革の狙いである教員の多忙化解消は全国共通の課題。夏休み短縮の動きが広がれば親の働き方に影響が及ぶ可能性もあり、「子どもにかかる時間が減り、働きやすくなる」「親子で過ごす時間が減る」など、賛否両
更新時刻:17/07/20 23:30現在