クラシック音楽鑑賞 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/01/20 23:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
黄金のアンコールさん
  • 情報提供アドロ・サバの女王/グラシェラ・スサーナ 音楽あれこれ黄金のアンコールさんのプロフィール
  • これは、知人から依頼された十数枚のLPレコードのうちの1枚。聴かせてもらいながらデジタル化し、CD-Rに焼いてミニコンポやカーステレオのCDプレーヤーで聴けるようにしてみた。このLPレコードは1973年に大ヒットしたもので、私もこの曲の幾つかは、テレビかラジオで聴いたことがあるが、改めて聴いてみて、歌の巧さに驚いた。グラシェラ・スサーナ、若干20歳の時の録音である。アルゼンチンから地球の反対側の国へ来て、その国の

2位
michelangeloさん
  • 情報提供奇跡のジークフリート公演!!! michelangelo Art is my lifemichelangeloさんのプロフィール
  • ザクセン州立歌劇場♪クリスティアン・ティーレマン氏指揮&シュターツカペレ・ドレスデン、ジークフリート公演のジークフリート役アンドレアス・シャーガー氏、今年1番もう間違いなしの公演。ティーレマン氏の解釈は2017年より彫りが深く豊潤、そして驚くほど情熱的。 魅力溢れる弦楽器と逞しく厚みのある金管楽器が秀逸。オペラ歌手は全員が最高。嵐のような風の中17時35分頃に開演、22時15分頃に終演。日本に帰ってから、しっかり記

3位
quietplaceさん
  • 情報提供魅惑の第2ピアノ協奏曲☆   プロコフィエフ 聴楽記quietplaceさんのプロフィール
  • 先月以来、なぜかピアノの音色が厳しい感じがして、弦楽器に避難しておりましたピアノがメインになる曲の聴楽はほぼ2か月振りになりますでもって今年初のプロコフィエフ聴楽☆プロコフィエフ Sergey Prokofiev (1891-1953)ピアノ協奏曲第2番ト短調作品16 Piano Concerto No.2 in G minor Op.16 (1923)ベアトリーチェ・ラナ (ピアノ) Beatrice Rana (piano)サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団 Orchestra Dell'Accad
4位 unagiさん
  • 情報提供恥ずかしい話とハーモニクス それでいいのunagiさんのプロフィール
  • マーラーという作曲家の交響曲を初めて聴いたのは中学の頃で第1番ニ長調だった。冒頭の音が出た瞬間、弦楽器の音が霧となって立ち込めているのにやられた。一目ぼれみたいなものでしょう。それがフラジオレットという特殊奏法であることを知ったのは多分もう少し後だったはず。知ってからしばらくはフレジオラットだと思っていた。ギターやハープにもあるらしいし、原理は違うんだろうけどオーケストラのスコアをみているとフルー
5位 naopingさん
6位 マエストロ・与太さん
  • 情報提供ライナーの<ロッシーニ序曲集> 六弦音曲覗機関マエストロ・与太さんのプロフィール
  • きのうの続きでフリッツ・ライナーを聴く。  フリッツ・ライナー&シカゴ交響楽団によるロッシーニ序曲集。1958年録音。手持の盤は十年程前に隣り町のTWRで叩き売られていた輸入盤。収録曲は以下の通り。 ・『セヴィリャの理髪師』(イギリスの女王エリザベス)序曲 ・『泥棒かささぎ』序曲 ・『チェネレントラ』(シンデレラ)序曲 ・『ブルスキーノ氏』序曲 ・『絹のはしご』序曲 ・『ウィリアム・テル』序曲数年前、か
7位 michaelさん
  • 情報提供昔の「パート譜」を見てみたい Micha クラシック&リュートの楽しみmichaelさんのプロフィール
  • モーツァルトの「リンツ」の初演を考えてふと思ったこと、現代なら、作曲家はorch.作品でもPCの楽譜ソフトに入力し、総譜からパート譜もちょいと すれば出来てしまう、古典派やロマン派あたりのorch.作品で、作曲家あるいは助手が書いた総譜はいくつかネット上にも公開されているが、当時実際に使われたorch.のパート譜って見たことがない(室内楽ならあるが)、実際作られたはずだが、それが残っていないのだろうか、総譜
8位 beckmesser248さん
  • 情報提供1/18(木)ダーヴィット・アフカム NHK交響楽団 木陰の散歩道beckmesser248さんのプロフィール
  • 後半2曲はフルオーケストラによるドイツvsフランスのワルツ。Rシュトラウスの「ばらの騎士」組曲とラヴェルのラ・ヴァルス。空気がどのくらい変わるのか、色あいはどうか、重さは・・・もちろん楽曲の違いから明確な輪郭線の有無や音の弾力性、リズムなどに独・仏それぞれの「らしさ」を感じましたが音色や音の重量、明暗に大きな違いを見出すまでには至りませんでした。当然、お国柄はありますがナショナリズムにそれほどこだわ
9位 unagiさん
  • 情報提供ある猫の思い出 それでいいのunagiさんのプロフィール
  • 祖母の家はそう簡単にいくことのできない様な遠隔地にありました。祖母が亡くなってだいぶたつ。最後に行ったのはいつだったか・・だいぶ前だし、もう行くこともないだでしょう。そんな物理的にも心理的にも超絶遠くな場所なのにストリートビューで普通に見えてしまうという・・もう本当にかなり前のこと、この家に寝泊まりしたことがありました。2か月くらい。このうちにはお婆さん猫が住んでいた・・でも今日はその猫じゃなくて
10位 michaelさん
  • 情報提供バーンスタイン:シューマン 交響曲「春」 Micha クラシック&リュートの楽しみmichaelさんのプロフィール
  • 今まで、バーンスタインの演奏を取り上げたのは少ない、ときに指揮台で飛び跳ねたりする、その率直で活きのいい演奏が曲目によって好みとなったり、そうでなかったり、しかしシューマンの4つの交響曲のうち、No.1「春」はツボにはまったように気に入ってしまった。m「春」はW.サヴァリッシュやB.ハイティンクも堅実ながら活き活きとした快演で好みだが。レナード・バーンスタイン指揮、ウィーン・フィルハーモニーO.交響曲No.1変ロ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 うぐいすさん
12位 愛猫メインクーン「らあ」&オーディオさん
  • 情報提供*ドアの向こうにニャンコさん* ねこ メインクーン 愛猫メインクーン「らあ」&オーディオ愛猫メインクーン「らあ」&オーディオさんのプロフィール
  • 僕も入るニャン!  らあちゃんがのぞいているのは、リビングルームとダイニングキッチンの間にあるドアです。 キッチンでお水が飲みたいのかな? 自分で開けられないので開けて欲しくて背伸びをしてアピールしています。 床からガラス枠の下までの高さは約73cmありました。 *カメラ:SONY(ソニー) α900 DSLR-A900  レンズ:TAMRON(タムロン) SP 35mm F/1.8 Di USD (Model F012)  
13位 joshさん
  • 情報提供小栗判官は磨けば光ると思うものの…ということ 此処彼処見聞控〜ここかしこみききのひかえjoshさんのプロフィール
  • 昨年のお正月、国立劇場での平成29年初春歌舞伎公演がいかにも新春らしい、華やかに賑々しくもある芝居であったのですなあ。「通し狂言 しらぬい譚(ものがたり)」という出し物でありました。一年経ってもその印象が強く残ったままだものですから、ついつい出かけた平成30年の初春歌舞伎公演@国立劇場、演目は「通し狂言 世界花小栗判官(せかいのはなおぐりはんがん)」でありましたよ。世に「小栗物」と呼ばれる作品群が
14位 Daisyさん
  • 情報提供アルミン四重奏団のOp.20のNo.4(ハイドン) ハイドン音盤倉庫 - Haydn Recordings ArchiveDaisyさんのプロフィール
  • 久々にCDに戻ります。最近仕入れたアルバムですが、クァルテットの名前も知らない、知る人ぞ知るアルバム。こういうアルバムを聞くのはワクワクしますね(笑)TOWER RECORDS / ローチケHMVアルミン四重奏団(Armin Quartet)による、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.20のNo.4、メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲Op.13の2曲を収めたアルバム。レーベルはバイエルン放送響などのライブのリリースで知られるaudite。収録は1994年10月25日から2
15位 michaelさん
  • 情報提供猫のフーガ etc. Micha クラシック&リュートの楽しみmichaelさんのプロフィール
  • ドメニコ・スカルラッティが「猫のフーガ」という曲を書いているが、彼が飼っていた猫がクラヴサンの鍵盤上をよく歩き、偶然出た音をテーマにしてフーガを書いた、と伝わる曲だ。実際、猫が鍵盤の上を歩けば、2鍵くらい一緒に踏むだろうし、後ろ足で踏む音も出るし、こんなふうには聴こえない、印象に残った音をヒントにしてテーマにした、くらいか?myou tube:scarlatti sonata g minor (cat's fugue) K30 - L499なかなか良いフ
16位 unagiさん
  • 情報提供ちょっとだけドイツ それでいいのunagiさんのプロフィール
  • 今日は初めてブログの更新を休む予定だったのに何か書きたくなって書き始めるこれ。今日は土曜日今は朝。天気に合わせてか気分は下り坂・・どこかおいしいお店にでも行こうか・・私はブラームスとかブルックナーとかマーラーとかいう作曲家の音楽が好きでなんとなくドイツ・オーストリアみたいなのにあこがれのようなものがあります。でも行ったことはないしこの先もいかないと思う。うちから遠くないところにドイツ料理の看板を通
17位 luminoさん
18位 MUUSANさん
  • 情報提供彼ったら、ちゃっかり流行を追っちゃって……♪PIT/Sym4 新・読後充実度 84ppm のお話MUUSANさんのプロフィール
  •   出勤停止! 彼とはオディール・ホッキーさんのことである。 月曜日にインフルエンザ二枚貝型に罹ったことが判明した。 もちろん鳥インフルエンザではなく、人さまが苦しめられる方である。 また、同じ日に−オディールさんよりも先に報告があったのだが−女性社員の1人もインフルエンザに罹患した。 一方、この日は叙勲受賞内定の電話連絡を待つかのように、開元さんはずっとスーツの上着を脱がずに席に座っていた。いつに
19位 いしりん@神戸さん
  • 情報提供おいしい洋食が食べたい(4) Tooth Tooth  マリンピア神戸 いつでも笑顔で神戸から(^_^)  いしりん@神戸さんのプロフィール
  • 淡路島からの帰り、マリンピア神戸に立ち寄りました。女性陣は、お買い物が好きなようです(見るだけでも)お昼時、娘のリクエストで、Tooth Toothさん。ベーカリー・レストランなので、このシリーズの洋食屋さんに当てはまるかどうかは不明。そこで代表的な洋食メニューのハンバーグランチを頼みました。スープ・パン・ドリンクフリーなのが嬉しいのですが、ちょっと高い。1600円くらい。肉厚のハンバーグは美味しいです。パンは
20位 chimao_fukuさん
21位 akise_audio_musicさん
22位 stravinspyさん
  • 情報提供日本は滅びたほうが地球のためでは Martian Official Weblogstravinspyさんのプロフィール
  • 前も言ってますけど、もうどうしようもないぐらいバカで邪魔な存在ですね。なぜこんなに見苦しいのか。というわけでほぼ日本イタイ新聞です。(昨日と違まず既出ではありますが、ウナギ。どのメディアも、ウナギの絶滅の心配はしていないんですね。恐ろしい国で...
23位 chimao_fukuさん
  • 情報提供孫のお誕生会 福岡タワーとの対話chimao_fukuさんのプロフィール
  • 2018年1月19日金曜日、天候晴れ。午後9時10分現在時外気温8℃湿度74%、西北西の風1m/s。孫(女の子)のお誕生会を開いた。我が夫婦にとっての初孫である。この1月17日が誕生日であった。六歳である。二人目の孫(男の子)は昨年末に三歳の誕生日を迎えた。もう六年になるのか、早いものである。私は当時はまだ現役の頃で、定年まで二年という時期であった。今は再就職を目指す、六四歳のおじいちゃん、である。家内が奮発したお寿司で
24位 rudolf2006さん
25位 マエストロ・与太さん
  • 情報提供ウェーバー フルートソナタ集 六弦音曲覗機関マエストロ・与太さんのプロフィール
  • 週末土曜の朝。早起きを強いられる平日から解放され、寿命が3年は延びる感じ。気持ちよさにつられて朝食のパンも対平日比5割増だ(^^; さて、そんな気分につられて朝の音盤タイム。こんな盤を取り出した。ウェーバーのフルートソナタ集作品10。ジャン・ピエール・ランパルのフルート、ジョン・スティール・リッターのピアノ。1982年録音。第1番から第6番までの6曲からなり、元々ヴァイオリンとピアノのための作品として出版さ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 VOITECHさん
  • 情報提供グランドピアノにナイトーン取り付け ピアノ調律師・坪井 剛のBlogVOITECHさんのプロフィール
  • 今年からグランドピアノにもナイトーンを取り付けることが出来るようになりました。7日にアップしたのはヤマハのG5にナイトーンライトSモデルを取り付けたもので、通常の音量を3割程カット出来るタイプです。今回ご紹介するのは、ディアパソンの170-EにナイトーンライトNモデルを取り付けたピアノです。このモデルは通常音量の9割程カット出来るタイプで、マンションでも深夜に弾くことが出来てしまうほど音が小さくなりま
27位 joshさん
  • 情報提供フランデレン紀行 ベギン会修道院@ブルッヘ編 此処彼処見聞控〜ここかしこみききのひかえjoshさんのプロフィール
  • ところで、この白鳥のたくさんいる水路の向こう側、ずうっと塀が巡らされておりますけれど、この塀の向こう側がブルッヘのベギン会修道院なのでありまして。11世紀末、教皇ウルバヌス2世が叫んだ聖地奪回は軍隊行動としての十字軍ばかりでなく、身分を問わず多くのカトリック信者の目をエルサレムに向けることになり、「民衆十字軍」なる聖地巡礼行動をも生んだのですなあ。そんな熱情にかられて男たちが出かけていってしまった
28位 MUUSANさん
  • 情報提供じゃあ、苫小牧にメガネを作りに行くとするか♪サティ/官僚的なソナチナ 新・読後充実度 84ppm のお話MUUSANさんのプロフィール
  •   ここも札幌駅 いまだに正月のことを書いて、こいつまったく正月気分が抜けてないなと思われてしまうかもしれないが、抜けていないのでは決してなくて、私の場合は年がら年中正月気分でいるようなものなのだ。 元日の北海道新聞に載っていた広告−って、広告だらけなんだけど−のなかに、珍しいことにJR貨物の全面広告が載っていた。 確かに貨物ターミナル駅のことを知っている人は多くないだろう。 壮観だ。 そしてまた、
29位 stravinspyさん
30位 mp1922さん
  • 情報提供カンブルラン指揮のベートーヴェン:交響曲第5番 失われたアウラを求めてmp1922さんのプロフィール
  • ●1月19日、金曜日、19時より、サントリーホールにて読響名曲シリーズ演奏会●①ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77 (ヴァイオリン:イザベル・ファウスト)②バッハ(マーラー編曲):管弦楽組曲から③ベートーヴェン:交響曲第5番  ハ短調 「運命」 Op.67①イザベル・ファウストソロのこの曲演奏は、2014年にもハーディング指揮で聴きました。珍しいブゾーニのカデンツァだった程度しか記憶になし。今から思えば、あの
31位 黄金のアンコールさん
32位 mp1922さん
  • 情報提供カンブルラン指揮のブルックナー:交響曲第6番イ長調 失われたアウラを求めてmp1922さんのプロフィール
  • ●1月13日、土曜日、18時より、サントリーホールにて読響定期演奏会●①ブリテン:歌劇『ピーター・グライムズ』から、「4つの海の間奏曲」②ヴィットマン:クラリネット協奏曲イ短調 op.129 ★クラリネット:ヴィットマン  ★日本初演③ブルックナー:交響曲第6番イ長調①名曲。ブリテンのすごさがよくわかる。第2曲は、リズムがメシアンの曲のようにも感じました。②ヴィットマン(1973〜)は、日本はともかく欧州ではかなり
33位 オペラ対訳プロジェクト管理人さん
34位 マエストロ・与太さん
  • 情報提供ライナーの<ハンガリー舞曲><スラヴ舞曲> 六弦音曲覗機関マエストロ・与太さんのプロフィール
  • 今更ながら、しかし、時折無性に聴きたくなる音楽というものがある。今夜はそんな曲の中の一つを思い立ち、こんな盤を取り出した。  フリッツ・ライナー(1888ー1963)がウィーンフィルを振ったブラームス;ハンガリー舞曲とドヴォルザーク;スラヴ舞曲のCD。1960年ウィーン・ゾフィエンザールでの英デッカ録音。当時すでに米国シカゴ響のシェフとして活躍していたライナーだが、時折訪欧の際にはこの盤のような録音も残した。
35位 mp1922さん
  • 情報提供飯森範親指揮のムソルグスキー/ラヴェル編:組曲「展覧会の絵」 失われたアウラを求めてmp1922さんのプロフィール
  • ●1月12日(金曜日)19:00より、サントリーホールにて、東京交響楽団定期演奏会●①プロコフィエフ:交響曲第1番 「古典交響曲」②プロコフィエフ:ピアノ協奏曲協奏曲1番 ★ピアノ:アレクサンダー・ガヴリリュク③ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲『展覧会の絵』★会場が取れなかったからか?珍しく平日夜の演奏会。たまにある。①切れ味良好。年初のコンサートにもふさわしい曲?②アレクサンダー・ガヴリリュクは有名なわ
36位 MUUSANさん
  • 情報提供あっちの運動も盛んだったのだろうか?♪WAM/K.613 新・読後充実度 84ppm のお話MUUSANさんのプロフィール
  •   センセイの青春の書? 中学生のときに通っていた学習塾。 そこのメイン講師(主宰者)が住むアパートの一室に何度か遊びに行ったことがあるのだが、先生の愛読書の1つに「高校生無頼控」(芳谷圭児・小池一夫)というマンガがあった。 学生運動に参加し、その後行方知れずになった兄を探すため、高校生のムラマサ君が九州から上京する。 ところがこの高校生、どこでどう学んだのか口達者で、知り合った女性とすぐに「やって
37位 Thomas RPVさん
  • 情報提供ゲルギエフ指揮 マリインスキー管弦楽団 Pallaksch, Pallaksch.Thomas RPVさんのプロフィール
  • イヴァン・ベスソノフ(ピアノ)、ゲルギエフ指揮 マリインスキー管弦楽団チャイコフスキー  くるみ割り人形抜粋、ピアノ協奏曲第1番、交響曲第4番01/17/2018 クイーンエリザベスホール夕べのコンサートで瞠目したのはオーケストラの自発性。ゲルギエフというと強力なリーダーシップを想像するが、オーケストラ(特に弦)はリラックスした感じで自由に演奏していた。齢のせいかもしれないがゲルギエフは聴衆を驚かすようなどぎ
38位 fm-woodstockさん
39位 joshさん
  • 情報提供フランデレン紀行 愛の湖編 此処彼処見聞控〜ここかしこみききのひかえjoshさんのプロフィール
  • さて、ブリュッセルへの移動にかかる旅の第5日目の午前中、最後のブルッヘ巡りにと出かけたのでありました。前日はマルクト広場から風車やら旧城壁の門やらと北側を廻りましたので、このときは楕円形をした旧市街の南端を目指したのですね。レンガの屋並みが当たり前に続く裏通りを抜けて、ひょいと周りこむと看板には「Minnewaterpark」と書かれてありまして、日本語ガイドブック的には「愛の湖公園」と。「愛の湖」とは何ともこ
40位 コギーさん
  • 情報提供モズ(メス) コギーのページコギーさんのプロフィール
  • 2018年1月14日 今年最初の野鳥撮影。モズ(メス) 百舌、鵙スズメ目モズ科Bull-headed Shrike今シーズン初撮りです。以下全て同じ個体です。カメラはオリンパスE-M1MarkII。レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M1.4x TELECONです。おっとりとした感じのモズでした。約7メートル以内には寄らせてくれませんでしたが、いろいろな角度から撮らせてくれました。https://outdoor.blogmura.com/birdwatching/宜しけ
41位 JUNSKYさん
42位 エビネンコさん
  • 情報提供俺の「鴨なべ」 建築家エビネンコの自由時間エビネンコさんのプロフィール
  • 寒い日は鍋が恋しくなるのは人情というもの。先週末、スーパーへ買い物に行った時、鴨肉を発見。その瞬間、夕食は鴨鍋に決定です。私がつくる鴨鍋に必須の具材は、フライパンで焼き付けたネギと、軽く火を通したゴボウです。これだけで野趣あふれた味になります。まあまあのお味にできました。この日のシメは、ウドンを入れて卵とじにしました。本当はクレソンがあれば、ちょっとおしゃれな「失楽園鍋」にもできたのですが…。これ
43位 あもるさん
44位 やまなかさん
45位 fm-woodstockさん
46位 イオさん
47位 いしりん@神戸さん
  • 情報提供孫のためなら休んじゃいます いつでも笑顔で神戸から(^_^)  いしりん@神戸さんのプロフィール
  • 昔人間なのか、就職して40年、あまり休むことは無いですね。でも、この頃孫のためなら休んでいいのかと、思うように。昨日半休いただいて、今日はおやすみ。淡路島に、長女と7ヶ月の孫(女の子)と行ってきました。関西人なら、9割以上の人が口ずさめるだろう 「♪ホテル・ニュー・・・・・♪」夕ご飯も、美味しい!とくに柔らかい淡路牛がたっぷり。満足でした。温泉は、3回入りました。海に面した露天風呂いいですね。部屋
48位 geezenstacさん
  • 情報提供井伊直虎ゆかりの奥山「方広寺」 geezenstacの森geezenstacさんのプロフィール
  •  14日、最初に訪れたのは浜松引佐インターから来るまで8分程の距離にある奥山にある「方広寺」へ出掛けました。ここは臨済宗方広寺派の禅宗寺です。その大本山ということで、修行の場としての半僧坊が併設されています。 寺名の由来は、この地が、1371年、無文元選禅師(むもんげんせんぜんじ)がかつて訪れたことがある中国の天台山方広寺の風景に似ていることから、この寺を方広寺と名付けられています。 「奥山半僧坊大権現
49位 みー太さん
  • 情報提供今日聴いたCD ブラームス 交響曲第3番 アバド その492 今日も変わりない平穏な一日でありますようにみー太さんのプロフィール
  • 今日は誕生日。誰の?今年もひとり何もない、何も変わりない一日でした。ただただ忙しく、慌ただしい一日。自宅に戻ったのが夜8時少し前。ひとり夕食を済ませ、10時過ぎから自室でこのCDを聴き始める。他にザンデルリングやヴァントのCDも候補だったけど、昨夜の続きでアバドのCDにした。この苦手な曲を普通に楽しめるようになったら、少しは何かが変われるかも。一時期はこんななまぬるい曲は、大嫌いと思っていたこともあったけ
50位 NEKOMARUさん
更新時刻:18/01/20 23:30現在